FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

彼らは期待を裏切りません、

ウミアイサ、ミコアイサと出会いがあって、カワアイサにも出会いたくなりました。

いつもは年を越してから出かけるカワアイサのポイント、酒匂川へ、もう来ているだろうと勝手に決めて出かけました。

小田急線、本厚木を過ぎると各駅停車になって急にローカルな感じです、、、事務所を開設したばかりで仕事もほとんどなく、親に心配をかけないようにと、とにかく家を出るのですが行くところもなく、多摩川、相模川、酒匂川、早川と、なぜか川ばかり見に行ってました、大山、丹沢、箱根と、山に行かなかったのは単に無精だったからなのか?

開成を降りるとすぐに川、開成の堰下、対岸にカワアイサは来ていました、5羽います、休んでいた魚道?の縁からノタノタと流れに飛び込みます、水の中では見違えるような素早い動き、水しぶきを上げて追い込み漁、これ全て双眼鏡の中の光景です。

今季も幸先が良さそうなので下流へ向かい次の群れを探す、台風の影響なのか景色も流れも変わっているよう、紫水橋を超えても河原は砂利ばかり、流れも岸近くで狭く、水鳥たちの気配もない、報徳橋手前のポイントも、堰は流れに隠れ、水深も深そうです、ブラインドになる葦の繁みも無くなっています、この辺りで出会えるツグミもホオジロも、土手の菜園のジョウビタキも気配なし。

報徳橋をくぐって一休み、ここはいつも葦に隠れて鳥たちの近づくのを待つところなんだけど、みんな流れて下流までずっと河原は開けています、中州にはなぜかカラスが大集合しています。

ここでジョウビタキに気が付いた、堰下のブロックを行ったり来たり、鳴き声が聞こえなかったせい。

下流に下るか、対岸へ回るか、対岸のカワアイサのポイントを見ておきたくて報徳橋を渡って対岸の大井町側へ向かう、橋の途中で上流を確認すると何かいそう、土手道をNECの建物のところまで来ると確認できたのはやはりカワアイサでした。

ここでもブラインドになるものがなくてあまり近付けない、土手の斜面にしゃがみ込み、2時間ちょっと、殆んど休みなく動き回るカワアイサ8羽を堪能しました。

正月過ぎはもう少し近くで出会いたい。

カワアイサ
kawaaisa4020-191203-95d.jpg


kawaaisa4224-191203-123d.jpg


kawaaisa3275-191203-14d.jpg


kawaaisa3529-191203-42d.jpg


kawaaisa3457-191203-32d.jpg


kawaaisa3461-191203-33d.jpg


kawaaisa4071-191203-102d.jpg


kawaaisa3950-191203-79d.jpg


kawaaisa4077-191203-103d.jpg


kawaaisa3679-191203-51d.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/12/04(水) 20:31:47|
  2. カワアイサ

要らないかな、

今度の機種、いろいろ出来るみたいだけどよくわからない。

店員さんが、お宅にWi-Fiありますか?

パソコンは多分それで繋いでるはず、、それなら家の中なら無料でインターネットが使えますよ、Lineもできます、Lineで通話も無料です。

電話が使えればと、ほとんどほかの機能に興味もなかったのに、無料、と聞いて、とりあえずあちこちいじってみる。

Wi-Fiはどうやら繋がって、インターネットも大丈夫、だけど文字が小さくてほとんど読めません、パソコンが近くにあるのにわざわざ携帯で見る必要はないのでこれは不要。

Lineのアイコンを押して登録を始める、ほとんど言葉がわからない、順番に進めていると、突然、名前や写真が並んで出てくる、知ってる名前や知らない名前、芸能人の名前がやたらと多い、慌てふためき設定を前に戻そうとするが戻らない、名前の右下の小さなポッチを押せば消去できるのではと順番に押しているとみんな友達になってしまった。

そのうち昔の知り合いからメールのようなものがポロンと入りだす、どうしてよいかわからない、とにかくそのまま触らないことに。

姉の名前でポロンとなり、これなら大丈夫と繋いでみると姉とつながった、そして会話が出来て、ああこれがLineかと納得。

知人のメール?に謝りの返事を出して笑われて。

しかし他の数十人どうしよう、芸能人や占い師らしい人のメッセージはこんなにくるんだ、かかわりたくない、、思い切ってLineを削除する。

よく考えたら、普段、終活を考えながら生活している人間に必要なツールなんだろうか、殆んど電話もしないのに。

機種を変えて2週間、発信記録1、着信記録2、ショートメール1、着信の1件は固定電話から試しにかけてみたものでした。

ミコアイサ  沈殿池で偶然に、
mikoaisa3041-191129-01d.jpg


mikoaisa3044-191129-02d.jpg

  1. 2019/11/29(金) 22:58:04|
  2. ミコアイサ

これも捨てられない、か、

携帯電話の電池がすぐになくなるので電池を交換しに行ったら、機種が古くてサポートしていないということで、それなら機種を新しくしようとしたら、二年後には電波が使えなくなるとのこと。

めんどくさそうに対応する店員の態度に少しムッとしながら、この際携帯電話をやめてしまおうと決めて店を出る。

でも寝ながらよく考えると、やめてしまうのも周りへの連絡とかめんどくさそう、思い直して出直すことに。

事情を話して説明を受けると、スマートフォンか4G何とかという機種に変更するしかないようでしたが、今日の店員、分かり易く親切、今までの使用状況を調べ、通話も無料通話の範囲内だし、メールもインターネットも使用していないので、機種を変えても一番安いコースで大丈夫とのこと、4G何とかなら使い方もほとんど変わらないので、と勧められる。

電話機は買わなければならないそうでしたが、割引、今までのポイント、クーポンなどで補填すると、900円、です、月々の使用料は保険を込めて、1500円、ちょっと、今までの使用料より500円ほど安くなった。

こんなんならもっと早く新しくしておけば良かった。(安くなる変更の案内は絶対来ないよね)

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi2699-191121-13.jpg


kanmurikaituburi2749-191121-25.jpg


kanmurikaituburi2766-191121-29.jpg


ハジロカイツブリ
hajirokaituburi2589-191121-12.jpg


hajirokaituburi2607-191121-13.jpg


hajirokaituburi2681-191121-20.jpg
  1. 2019/11/27(水) 21:51:19|
  2. カンムリカイツブリ

季節は来ています、

去年のブログで、今ごろは何処へ行っていた、と見て、行く場所を決めています、鳥たちも律義にちゃんと来てくれています。

浦安の岸壁、そういえば去年、ここでカメラが壊れたんだった。

船橋に向かって広がる海に浮かぶ鳥たちの姿が極端に少ないようです、いつもならたくさん集まるスズガモはまだこれからなのでしょうか?

それでも会いたかったウミアイサやハジロカイツブリは来ていました。

この日はスズガモの群れの中からほかの鳥を探すことは諦め、ウミアイサ達が岸へ近づいて来るのを待って、河口に近い岸壁をウロウロしながら、海鳥の始まりの季節、を楽しみました。

ウミアイサ
umiaisa2268-191121-14.jpg


umiaisa2330-191121-23.jpg


はっきりとした♂は見つけられませんでしたが多分この子は男の子、
umiaisa2436-191121-35.jpg


umiaisa2213-191121-02.jpg


umiaisa2845-191121-51.jpg
  1. 2019/11/24(日) 18:54:36|
  2. ウミアイサ

来たばかり、

植物園の落葉樹の森で樹上をツグミの群れが飛び交っていました、もう少しすると公園や運動場の芝生の上でよく見かけるようになります、そうなると、、なんだツグミか、、となる。

季節の初めに出会うと、やはり、ホッとします。

ツグミ
tugumi2044-191120-03.jpg


tugumi2067-191120-07.jpg


tugumi2061-191120-05.jpg
  1. 2019/11/22(金) 13:06:31|
  2. ツグミ

畦のあかまんまと、

シギやチドリを探し回る平塚の田圃、11月に入ってケリやタゲリが来てくれる頃です。

歩き回る覚悟でバスを降りてすぐ、残土置き場の横に並ぶカメラ、探し回ることもなくタゲリとの出会いです。

古代裂のように渋く光る優雅な姿、秋空によく映えます。

タゲリ
tageri1362-191114-83.jpg


tageri0819-191114-27.jpg


tageri0787-191114-23.jpg


tageri1383-191114-97d.jpg


tageri1384-191114-98d.jpg


tageri1427-191114-114d.jpg


tageri1434-191114-120d.jpg


tageri1560-191114-139d.jpg


tageri1579-191114-143d.jpg
  1. 2019/11/17(日) 10:07:30|
  2. タゲリ

忘れる、

買うものを書いたメモを忘れてスーパーで、、確か4つあったはず、卵、紅茶、ココア、もう1つが思い出せない、頭の中にメモ用紙は浮かぶ、最初に書いたのは紅茶、その次が思い出せない、ひらがなでメモしたはず、3つ目はココア、最後に書いたのは卵。

紅茶とココアの間だからコーヒー、砂糖?これは買ったばかり、棚の間を回りな思い出そうとするが出てこない、、思い出すのを諦める。

そういえば、メモには書かなかったけれどソースが切れるころでは?

机の上の忘れたメモには2番目に、とうばんじゃやん、と書いてあった。

ソースはすでに買ってありました。

洗い替えの便座カバー、また違うタイプを買ってしまった。

ヒドリガモ  堰の上は少しづつ水鳥たちが増えています、
hidorigamo0336-191109-07.jpg


キンクロハジロ
kinkurohajiro0072-191109-01.jpg
  1. 2019/11/15(金) 08:43:08|
  2. ヒドリガモ

多摩川の堰、

先日の大水で影響があったのではと近づくのを遠慮していたのですが、近くに用事が出来たのでついでに覗いてみました。

河原は、堰の周りの手すりが流されていたり、土手の犬走は蛇篭がむき出しになっていたり、こんな高さまで水が来たのかと思わせるように枯れ葦のごみが残っていたり、近くの人たちは大変だったろうと改めて思います。

カンムリカイツブリは今年も来てくれていました、堰から上流、堰の近くに9羽、鉄橋の付近に3羽、対岸近くに2羽と数えることが出来ました。

堰近くの群れはほとんど寝ています、寝ながら気配を感じて遠ざかります、遠くの子たち何度も潜水を繰り返しています。

次の日、対岸に回ってみました、思っていたほどこちら側へは来てくれません、対岸を見ると羽ばたいたり飛び回ったりと賑やかです、対岸へ戻るには鉄橋の向こうの橋まで回らなければいけません、この日は諦めです。

三日目、光線の具合を考え朝早く、重たいレンズを持ち出して東京側で挑戦です、やはりこちら側では寝てばかりです、しかも太陽は時々雲に隠れてしまいます、油断して薄着だったので陰ると風が身に沁みます。

久しぶりに持ち出した大きなレンズ、体力的にもうきついです。

今季も春まで楽しく通う場所が出来ました。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi9769-191107-01.jpg


kanmurikaituburi9964-191108-12.jpg


kanmurikaituburi0148-191109-16.jpg


kanmurikaituburi0268-191109-27.jpg


kanmurikaituburi0454-191109-48.jpg


kanmurikaituburi0445-191109-44.jpg


kanmurikaituburi0582-191109-58.jpg


kanmurikaituburi0595-191109-60.jpg
  1. 2019/11/10(日) 18:31:01|
  2. カンムリカイツブリ

干潮の海浜公園、

潮が曳いた浜辺の浅瀬をちょっと水漏れのする長靴を履いて歩きます、田植え用の長靴なのでぴったりと張り付いているのでそんなに濡れてはこないのですが、多分もう少し寒くなったら冷たいだろうな、と考えながら。

見たかったオニアジサシには出会えませんでした、いつもそうです、私が情報を得るころにはみんな出かけた後です。

それでもここに来ると何かに出会えて楽しいです。

ミヤコドリ
miyakodori9230-191030-04.jpg


miyakodori9249-191030-08.jpg


miyakodori9353-191030-02d.jpg


miyakodori9598-191030-06d.jpg


ハマシギ
hamasigi9194-191030-01d.jpg


hamasigi9180-191030-01.jpg


hamasigi9287-191030-05.jpg


ミユビシギ
miyubisigi9164-191030-01.jpg


オオソリハシシギ
oosorihasisigi9377-191030-02d.jpg


毎年やって来るビロードキンクロ、スズガモの中に紛れているので探してください、
biroudokinkuro9421-191030-03d.jpg
  1. 2019/11/07(木) 23:14:59|
  2. ミヤコドリ

柿の実に、

公園の柿の木に、実をたべに来る鳥達、カラス、ヒヨドリ、メジロ、そしてアオゲラ。

たぶん渋柿、まだ葉もたくさん残っていて実は堅そう、カラスやヒヨドリが傷をつけ柔らかくなったところをメジロが啄む、アオゲラは高いところの実を狙っているようです。

メジロ
mejiro8882-191028-04.jpg


mejiro8938-191028-08.jpg


アオゲラ
aogera9064-191028-11d.jpg
  1. 2019/11/02(土) 20:17:36|
  2. アオゲラ

丘陵の公園で、

気持ち良い汗をかきながら森を歩きます、、何となくサワサワと小鳥の気配を感じて立ち止まると、エナガの群れが近づいてきます。

枝先にぶら下がり、木の幹で逆立ち、右から左、左から右、上へ行ったり下へ飛んだり、こちらを無視して動き回ります。

あっちを見たりこっちを見たり、キョロキョロしている間にサワサワサワと、いつの間にかいなくなってしまいます。

この時間がとにかく楽しいんです、、もし、散歩の途中で出会ったらキョロキョロしてみてください。

少し遅れて、コツコツ、来るのはコゲラです。

エナガ
enaga8708-191028-02.jpg


enaga8716-191028-03.jpg


enaga8732-191028-05.jpg


コゲラ
kogera8522-191021-05d.jpg


kogera8659-191028-01.jpg
  1. 2019/10/29(火) 20:47:48|
  2. エナガ

なかなか馴染めません、

以前は、里山にジョウビタキが来ると秋も本格的になり、嫌いなあいつも姿を消して、ようやく安心して歩き回れるのでした。

こちらに来てから1年半、まだ、あんな楽しい環境に巡り合えていません、、ほんとにほんとに里山が懐かしい。

海浜の公園で偶然出会えたジョウビタキ、もうそんな季節だったんだ。

ジョウビタキ ♂
joubitaki8606-191023-09d.jpg


joubitaki8597-191023-04d.jpg


joubitaki8574-191023-01d.jpg
  1. 2019/10/26(土) 16:16:44|
  2. ジョウビタキ

よく見ると、

追記
10月21日の記事に誤りがありました、蝶の名前を、モンシロチョウ、としましたが正しくは、スジグロシロチョウ、でした、お詫びして訂正させていただきます、10月22日夜、 安直庵

小さなシジミチョウたちもそれぞれに美しさを競っています。

ベニシジミ
benisijimi8347-191021-01.jpg


benisijimi8451-191021-04.jpg


ウラナミシジミ
uranamisijimi8213-191021-01.jpg


uranamisijimi8293-191021-08.jpg


uranamisijimi8423-191021-11.jpg


ヤマトシジミ
yamatosijimi8439-191021-02.jpg


他にも、、ヒメウラナミジャノメ
himeuranamijanome8270-191021-01.jpg


ヒメアカタテハ
himeakatateha8378-191021-01.jpg
  1. 2019/10/22(火) 12:11:15|
  2. 未分類

ふうわりふうわり、

ようやく水の曳いた川縁の草叢でモンシロチョウスジグロシロチョウがふうわりふわり飛び回っています、モンシロチョウってこんなに綺麗だったんだ

追記 写真の蝶はモンシロチョウではなくスジグロシロチョウでした、よく調べずに思い込みだけでモンシロチョウとしてしまいました、ゴメンナサイ。

モンシロチョウスジグロシロチョウ
monsirotyou8364-191021-01.jpg


monsirotyou8446-191021-06.jpg


monsirotyou8468-191021-07.jpg
  1. 2019/10/21(月) 22:48:43|
  2. 未分類

思うこと、

秋の陽気に浮かれていたら思いがけずの大型台風、被害の大きさに改めて驚いています。

被害にあわれた方々には心よりお見舞いを申し上げます。

こんな時に毎回思うのは自然に対し充分謙虚であることの大切さです、技術や力では勝てないこともあるのです。

エゾビタキ
ezobitaki8183-191010-01.jpg


ezobitaki8203-191010-03d.jpg


エナガ
enaga8082-191010-02.jpg


enaga7967-191010-06.jpg


ノビタキ
nobitaki7959-191010-01.jpg


モズ
mozu8049-191010-01.jpg
  1. 2019/10/15(火) 15:32:13|
  2. エゾビタキ

行きも帰りも、

だんだん無精になってくるようで、新しい探鳥場所を回るより、去年の今頃どこ行った?と、なって来る。

そろそろ狭山湖も賑わうのかなと出掛けたのだけれど、国分寺で西武線を乗り間違えて、まっいいか、と、そのまま川越、伊佐沼へ。

先日は沼の水位が高くて鳥たちは杭の上、この日は水位は低くあちこちに干潟が広がってはいるものの風が強く、鳥たちは蓮田と葭原の間にできた澪に集って風を避けています。

ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、コチドリ、イソシギ、オジロトウネン、ムナグロ、セイタカシギ、アオアシシギ、ツルシギと双眼鏡を覗きながら頭の中で鳥の名前がぐるぐる回っています。

暑くもなく、寒くもなく、秋らしい一日、ついつい歩きすぎてしまいます、電車で寝過ごし花小金井からバスで帰りました。

ツルシギ  足が赤く嘴が長いのが、
turisigi7771-191009-12d.jpg


アオアシシギとコガモも、
turusigi7714-191009-05d.jpg


ダイサギ
daisagi7566-191009-04d.jpg


オジロトウネン
ojirotounen7603-191009-01d.jpg


ムナグロシギ
munaguro7575-191009-01d.jpg


イソシギ
isosigi7594-191009-02d.jpg


セイタカシギ この日はこの1羽だけ、
seitakasigi7859-191009-06d.jpg


seitakasigi7886-191009-10d.jpg


コスモス 畑一面満開、風に揺られて、秋だーー。
kosumosu7649-191009-03.jpg


kosumosu7631-191009-09.jpg


  1. 2019/10/11(金) 11:29:59|
  2. ツルシギ

4つの最後の歌、

耳が悪くなって聞くことがなかったのだけど、、、

ジェシーノーマンの訃報に接し、ぜひ聞かなければならない。

「4つの最後の歌」 というアルバム。

最後を迎えるとき、このアルバムを聴きながらこの世を去ることにしている、あるいは、通夜というのか火葬されるまで待たなければいけない時間に、棺桶の横で流してくれるのでもよい。

葬儀も別れの会も無用と言いながらの勝手な願いなんだけど。

アオゲラ
aogera7464-191003-02d.jpg


aogera7467-191003-03d.jpg


aogera7474-191003-05d.jpg

そして今、佐藤しのぶさんが亡くなったとテレビが報じていた。
  1. 2019/10/03(木) 18:03:55|
  2. アオゲラ

模様替え、

こちらに来てから一年半、気分を変えようと模様替え、といっても家具のレイアウトを変えただけなんですが。

居間と食事スペースを分けていた本棚はキッチンに寄せて台所の仕切りとハッチ替わり、ベッドにしていた大きなテーブルを本来の用途に戻し部屋の真ん中にドーンと置く、食事を含め生活のすべてはここに集中させました。

独り暮らしのほとんどは食事に関すること、空間を分ける必要はなかったということです。

今まで本棚に置いていた仏壇(と言っても小さな御厨子)をそのままハッチに置くわけにもいかず場所が決まりません、とりあえずテーブルでご一緒させてもらっています。

床に寝るようになって気が付いた、、夜、起き上がるのに何かにつかまらないと起き上がれないのだ、自分が年寄りだということを忘れてた。

今更元に戻すわけにもいかず、ベッドを注文することに、また物が増えてしまう。

こうなるとあとは昼寝のできるゆったりとした椅子も欲しくなる、フィンユールは問題外、モーエンセンとはいかないが、ジェネリック、リプロダクト、、クリスチャンセンも悪くない、金もないのに欲ばかり、なかなか枯れてくれません。

今、節々が痛み、腰は痛くて変な歩き方、せっかく覚えた物の収納場所もぐちゃぐちゃ、ま、これもボケ防止?

コゲラ  カタツムリには気が付かなかったようです、
kogera7349-190929-02.jpg


kogera6157-190917-02.jpg


キビタキ ♀
kibitaki7301-190929-06.jpg


キビタキ ♂
kibitaki7357-190929-11.jpg
  1. 2019/10/01(火) 10:30:47|
  2. コゲラ

少しずつ慣れて、

写真の名前付けが間違っていたようで何度アップしようとしても受け付けてもらえませんでした、これに気付くまで随分時間が掛かってしまいました、歳のせいとは思いたくないのですが、、、、もう少しお付き合いください。

こちらに移って一年半、公園の水場にも慣れて鳥たちとの出会いも増えてきました、しかし、人との出会いは全くなし、これもかえって気楽です。

カメラを持っているときに出会えたので無理して撮ってみましたがやはり無理、せっかく出てきてくれたのにゴメンナサイ、いつまでたっても成長しません。

キビタキ
kibitaki7008-190922-12d.jpg


kibitaki7042-190922-14d.jpg


kibitaki6971-190922-09d.jpg


エゾビタキ
ezobitaki6692-190922-01d.jpg
  1. 2019/09/25(水) 16:53:02|
  2. キビタキ

去年より早く、

相変わらず出会いの少ない鳥探しの中、前回ツツドリの姿を見かけていた公園にもう一度出かけてみました。

探し回ることもなくすぐにわかりました、前回見かけたところにカメラが並んでいます、去年よりも一月ほど早い出会いです、この分だと他の場所でも出会えるかも、歩き回る楽しみが少し増えました。

ツツドリ
tutudori6038-190917-20.jpg


tutudori5980-190917-12.jpg


tutudori5802-190917-04.jpg


tutudori5893-190917-07.jpg


tutudori5995-190917-13.jpg


tutudori5998-190917-14.jpg


tutudori6004-190917-16.jpg


tutudori6013-190917-18.jpg


tutudori6226-190917-28.jpg
  1. 2019/09/18(水) 09:57:36|
  2. ツツドリ
次のページ