とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

いろいろ楽しませてくれる、

桜、蓮の花、紅葉と季節ごとにいろいろなところで楽しませてくれるカワセミ、湿生園ではヒガンバナをバックに楽しませてくれました。

カワセミ
kawasemi3699-170920-11d.jpg


kawasemi3680-170920-04d.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/09/26(火) 08:41:52|
  2. カワセミ

いつの間にか、

数日の土方の手伝いで悲鳴を上げていたらいつの間にか季節は秋の気配、早いですねえ。

エゾビタキ  旅鳥の秋の渡りが始まっています、
ezobitaki3580-170920-02d.jpg


ツツドリ
tutudori3469-170911-03.jpg


モズ  これで里山も賑やかに、
mozu3571-170920-03d.jpg
  1. 2017/09/22(金) 09:01:18|
  2. エゾビタキ

背景がなければ、

稲穂のなびく田圃をスイスイと飛び回るツバメにダメもとでシャッターを切る、、、カメラのおかげ。

ツバメ
tubame2711-170830-03d.jpg


tubame2710-170830-02d.jpg
  1. 2017/09/14(木) 18:15:07|
  2. ツバメ

田圃を歩くと、

稲穂も大きく育ち、色付き始めた田んぼを渡る風は、とても良い匂いです。

農家の庭先にあった無人販売所で生落花生を思わず購入、食べ方がわからない。

落花生畑でちょうど収穫中の女性に教えてもらいました、圧力鍋で5分塩ゆですれば美味しいよ、初めての味です、殻を割ってそのまま、大粒の茹小豆を食べているような食感、枝豆よりモチっとしていてる、ついつい食べ過ぎてしまいます。

エリマキシギ
erimakisigi3325-170909-06.jpg


erimakisigi3297-170909-03.jpg


erimakisigi3432-170909-18.jpg


erimakisigi3351-170909-09.jpg
  1. 2017/09/11(月) 16:34:02|
  2. エリマキシギ

舌を噛みそうな名前、

今季はよく見かけます、コアオアシシギ。

アオアシシギと大きさで見分けています、隣に誰かいるとわかりやすいのですが。

コアオアシシギ
koaoasisigi2623-170828-03.jpg


koaoasisigi2656-170828-09.jpg


koaoasisigi2695-170828-12.jpg


セイタカシギが並んでくれて大きさがわかります、前回掲載のアオアシシギと間接的に比較できます。
seitakasigi2951-170830-03.jpg
  1. 2017/09/08(金) 16:30:41|
  2. コアオアシシギ

多摩川河口、

出かけるつもりで朝起きると天気が悪そうでもやめられない、天気予報は終日曇り、そのまま出かけます。

多摩川河口、六郷土手、グランドの向こう薄の繁る水際の踏み均された細道を探して歩く。

大きく潮が曳いて中州の葭原まで干潟が出来ている、細くなった流れにセイタカシギが集まっている、遠くにはコチドリ、ソリハシシギも。

いつの間にか雨が降ってきたが我慢できないほどではないのでそのまま歩く、傘は忘れた。

干潟の流れにしゃがみこんでゴソゴソやっているおじさん、シジミでも採っているのか?その先にアオアシシギがいた。

急に雨が強くなる、サワグルミの下で雨宿り、ついでに画像の確認、曇り空の干潟は最悪、写真は諦め双眼鏡で楽しむことに。

忘れてた、奴がいることを、もう少し近くでと草むらに踏み込んだところ、捨てられたアイスボックスの脇でニョロっと奴が動く。

これで今日はお終い、慌ててカメラを壊さなかっただけでも幸い、、、当分草叢恐怖症が続く。

アオアシシギ
aoasisigi3230-170904-22.jpg


aoasisigi3117-170904-14d.jpg


aoasisigi3159-170904-27.jpg


aoasisigi3128-170904-18d.jpg


aoasisigi3186-170904-25.jpg
  1. 2017/09/05(火) 13:49:48|
  2. アオアシシギ

移動しています、

セイタカシギは同じグループが分かれたり、移動したりしているようで、田んぼを回るたびに出会える場所が変わります、優雅な姿を楽しませてくれる彼らに出会えると、あちこち歩き回った努力も報われます。

セイタカシギ
seitakasigi2578-170828-12.jpg


seitakasigi2029-170823-07.jpg


seitakasigi2020-170823-06.jpg


seitakasigi2541-170828-03.jpg


seitakasigi2560-170828-07.jpg


seitakasigi2940-170830-02.jpg
  1. 2017/09/02(土) 14:39:29|
  2. セイタカシギ

いつも迷って、

シギたちの名前がいつまでたっても覚えられない、シーズンの初めは特に。

前回遠くて写真は諦めたタカブシギを探していたら少し離れた田んぼに来ていた、一緒にいたのがクサシギ、見え隠れしているうちにどっちがどっちだかわからなくなる。

クサシギ、タカブシギ  少し大きくて黒っぽいほうがクサシギ、
kusasigi2203-170823-04.jpg


クサシギ  写真を整理してみるとみんなクサシギ、タカブシギも撮っていたのに。
kusasigi2264-170823-10.jpg


kusasigi2281-170823-12.jpg

タカブシギはまたお預け。
  1. 2017/08/31(木) 11:23:14|
  2. クサシギ

休耕田、

暑い暑いといいながら、集まりだしたシギチドリを探して湘南の田圃を歩きます、去年休耕していた田圃が今年は耕作されていたり、水が抜かれて草ぼうぼうだったり、次こそはと10数か所をめぐっていきます、目指す田圃の周りに人が集まっていれば、ああ何か来てる、となり、逆にこちらが見ているといつの間にか周りに人が集まっています。

ヒバリシギ
hibarisigi2301-170828-03.jpg


hibarisigi2372-170828-07.jpg


hibarisigi2476-170828-11.jpg
  1. 2017/08/29(火) 13:57:22|
  2. ヒバリシギ

この親子も、

アルビノ家族の三番子、今回は黒い子が2羽でした、お兄さん(?)になったアルビノ君は兄弟の面倒を見るよりはまだまだ自分のことでせいいっぱいのようです。

バン
ban1863-170821-02.jpg


ban1889-170821-03.jpg


ban1910-170821-05.jpg


ban1947-170821-10.jpg
  1. 2017/08/26(土) 16:39:29|
  2. バン

親子、

カイツブリの親子、そろそろ独立を促す親に対し、まだまだ甘える子供、しょうがないねえ、って感じで、

カイツブリ
kaituburi1774-170821-01.jpg


kaituburi1794-170821-05.jpg


kaituburi1961-170821-15.jpg


kaituburi1799-170821-06.jpg


kaituburi1814-170821-07.jpg


kaituburi1818-170821-09.jpg


kaituburi1828-170821-13.jpg
  1. 2017/08/24(木) 12:29:08|
  2. カイツブリ

毎年同じ、

交差点に近い野菜の畑、毎年ここにケリが来ます、まだ何も植えられていない畑の奥でほとんど動かずにじっとしています、日陰もなく見てるこっちが長くはもちません。

ケリ  羽を広げると良く目立ちます、
keri1673-170819-02.jpg


keri1676-170819-03.jpg


keri1682-170819-06.jpg


keri1685-170819-09.jpg
  1. 2017/08/22(火) 20:13:25|
  2. ケリ

休耕田を廻って、

そろそろ来始めたシギ、チドリを探して湘南平塚の田圃を歩き回ります、シギたちが休んでくれそうな休耕田は少なくなっているようでなかなか鳥たちに出会えません。

青々と広がる田園にサギたちが目立ちます、そんな中にアマサギを見つけると嬉しくなります。

アマサギ
amasagi1388-170812-02.jpg


amasagi1378-170812-01.jpg


amasagi1701-170819-01.jpg
  1. 2017/08/20(日) 16:01:20|
  2. アマサギ

アルビノ君、

調整池のアルビノバン、最近は蒲の茂みから出ていることが多くなりました。

産毛も抜けてしっかりとした羽に生え変わりつつあります。

バン
ban1342-170809-06.jpg


ban1452-170814-04d.jpg


ban1471-170814-07d.jpg

ルールを知らずにお隣さんに近づいてお兄ちゃんに怒られた、
ban1433-170814-02d.jpg


隣のお兄ちゃん(お姉さん?)
ban1459-170814-06d.jpg
  1. 2017/08/15(火) 13:47:44|
  2. バン

若い、

成長になる前のゴイサギはホシゴイと呼ぶ、この子はよく似ているけどササゴイの若鳥、ササゴイは幼名を貰わなかったようです。

ササゴイ
sasagoi1211-170807-05c.jpg


sasagoi1191-170807-02.jpg
  1. 2017/08/12(土) 16:40:02|
  2. ササゴイ

そろそろです、

8月に入ってシギたちが戻ってきています。

大きく潮の曳いた浜辺を探し回りました、ペットボトルがすぐ空になります。

オオソリハシシギ
oosirihasisigi1131-170807-02.jpg


oosirihasisigi1171-170807-03.jpg


oosirihasisigi1174-170807-04.jpg


アオアシシギとコアオアシシギ  一緒にいてくれたので大きさの違いがよくわかります、
aoasisigi1215-170807-01.jpg


koaoasisigi1220-170807-01.jpg


koaoasisigi1228-170807-03.jpg
  1. 2017/08/09(水) 16:52:28|
  2. オオソリハシシギ

夏のアカエリカイツブリ、

カンムリカイツブリやミミカイツブリ、ハジロカイツブリよりも早く北へ渡ってしまうので夏羽に変わったアカエリカイツブリに会うのは初めてです。

水元公園で暑い東京の夏を過ごしています。

アカエリカイツブリ  整髪したばかりのようにさっぱりとした姿、きれいでした。
akaerikaituburi0991-170803-19.jpg


akaerikaituburi0903-170803-08.jpg

頭上のセミやトンボが気になります、
akaerikaituburi0910-170803-09.jpg


akaerikaituburi1008-170803-21.jpg

冬の姿、
akaerikaituburi1793-170126-07c.jpg
  1. 2017/08/05(土) 10:00:38|
  2. アカエリカイツブリ

ここでも、

時々散歩する鶴見川の上流、ここでも独立を目指す若いカワセミが頑張っています。

カワセミ
kawasemi0634-170727-19.jpg


kawasemi0491-170727-09.jpg


kawasemi0564-170727-15.jpg


kawasemi0692-170727-25.jpg


kawasemi0700-170727-27.jpg
  1. 2017/08/01(火) 10:03:57|
  2. カワセミ

ここまで育てば大丈夫、

二番子として生まれたアルビノのバン、上手く育っているようです。

前回は兄弟も多くアルビノの子は育つことが出来ませんでした、今回は1羽、親も大事に育ててくれたようです。

バン雛
ban0744-170729-03.jpg


ban0778-170729-05.jpg


ban0819-170729-11.jpg


ban0811-170729-10.jpg


ban0799-170729-09.jpg


3週間ほど早く生まれた隣の子達、
ban0784-170729-06.jpg
  1. 2017/07/29(土) 18:31:50|
  2. バン

誤算、

なかなか鳥に出会えない中、見たいと思っている夏羽のエリマキシギを動物園に行ったら見られるのではと考えて、多摩動物公園に出かけました。

子供の時以来の動物園、こんなに広かった?

ピンポイントでとエリマキシギのいる場所を聞いてみると、なんと、この春に死んでしまったそうです。

気を取り直して、水鳥橋、インコ、フクロウ、ワシ、タカ、フライングゲージ、ウォークインバードゲージと回ります。

初めて出会う鳥ばかりですがなんか見慣れた感じです、名前が覚えられません。

望遠レンズは大きすぎました、

ようやくワライカワセミのいる見晴らし広場まで上ってあとは下るだけ、オランウータンのスカイウォークを見ながら一休み、ユキヒョウ、レッサーパンダと通ってシャトルバスを目指します。

シャトルバスは途中下車が出来ません、トキ類、ワシミミズク、タンチョウを見るためもう一度、坂道を戻ります。

昆虫園、アフリカ園はまた何時か。

サカツラガン  いつか田圃で出会えるかも、
さかつらがん0062(多摩動物公園)-170720-01


ハクガン
はくがん0063(多摩動物公園)-170720-01

インドガン
いんどがん0110(多摩動物公園)-170720-01

ショウジョウトキ
しょうじょうとき0265(多摩動物公園)-170720-01


インカアジサシ  アジサシの仲間にこんな面白いのがいたなんて、ゲージの中でこの子たちは皆元気でした、
いんかあじさし0215(多摩動物公園)-170720-01


インドサイ  インド生まれでも暑いのは暑い、
いんどさい0114(多摩動物公園)-170720-01


ターキン  少しでも涼しいように、
たーきん0191(多摩動物公園)-170720-01


レッサーパンダ  機嫌悪そう、こう暑くっちゃね、
れっさーぱんだ0179(多摩動物公園)-170720-04c


オランウータン  子供は元気、
おらんうーたん0165(多摩動物公園)-170720-01

  1. 2017/07/26(水) 11:10:26|
  2. 未分類
次のページ