FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

思うこと、

秋の陽気に浮かれていたら思いがけずの大型台風、被害の大きさに改めて驚いています。

被害にあわれた方々には心よりお見舞いを申し上げます。

こんな時に毎回思うのは自然に対し充分謙虚であることの大切さです、技術や力では勝てないこともあるのです。

エゾビタキ
ezobitaki8183-191010-01.jpg


ezobitaki8203-191010-03d.jpg


エナガ
enaga8082-191010-02.jpg


enaga7967-191010-06.jpg


ノビタキ
nobitaki7959-191010-01.jpg


モズ
mozu8049-191010-01.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/10/15(火) 15:32:13|
  2. エゾビタキ

行きも帰りも、

だんだん無精になってくるようで、新しい探鳥場所を回るより、去年の今頃どこ行った?と、なって来る。

そろそろ狭山湖も賑わうのかなと出掛けたのだけれど、国分寺で西武線を乗り間違えて、まっいいか、と、そのまま川越、伊佐沼へ。

先日は沼の水位が高くて鳥たちは杭の上、この日は水位は低くあちこちに干潟が広がってはいるものの風が強く、鳥たちは蓮田と葭原の間にできた澪に集って風を避けています。

ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カルガモ、コガモ、コチドリ、イソシギ、オジロトウネン、ムナグロ、セイタカシギ、アオアシシギ、ツルシギと双眼鏡を覗きながら頭の中で鳥の名前がぐるぐる回っています。

暑くもなく、寒くもなく、秋らしい一日、ついつい歩きすぎてしまいます、電車で寝過ごし花小金井からバスで帰りました。

ツルシギ  足が赤く嘴が長いのが、
turisigi7771-191009-12d.jpg


アオアシシギとコガモも、
turusigi7714-191009-05d.jpg


ダイサギ
daisagi7566-191009-04d.jpg


オジロトウネン
ojirotounen7603-191009-01d.jpg


ムナグロシギ
munaguro7575-191009-01d.jpg


イソシギ
isosigi7594-191009-02d.jpg


セイタカシギ この日はこの1羽だけ、
seitakasigi7859-191009-06d.jpg


seitakasigi7886-191009-10d.jpg


コスモス 畑一面満開、風に揺られて、秋だーー。
kosumosu7649-191009-03.jpg


kosumosu7631-191009-09.jpg


  1. 2019/10/11(金) 11:29:59|
  2. ツルシギ

4つの最後の歌、

耳が悪くなって聞くことがなかったのだけど、、、

ジェシーノーマンの訃報に接し、ぜひ聞かなければならない。

「4つの最後の歌」 というアルバム。

最後を迎えるとき、このアルバムを聴きながらこの世を去ることにしている、あるいは、通夜というのか火葬されるまで待たなければいけない時間に、棺桶の横で流してくれるのでもよい。

葬儀も別れの会も無用と言いながらの勝手な願いなんだけど。

アオゲラ
aogera7464-191003-02d.jpg


aogera7467-191003-03d.jpg


aogera7474-191003-05d.jpg

そして今、佐藤しのぶさんが亡くなったとテレビが報じていた。
  1. 2019/10/03(木) 18:03:55|
  2. アオゲラ

模様替え、

こちらに来てから一年半、気分を変えようと模様替え、といっても家具のレイアウトを変えただけなんですが。

居間と食事スペースを分けていた本棚はキッチンに寄せて台所の仕切りとハッチ替わり、ベッドにしていた大きなテーブルを本来の用途に戻し部屋の真ん中にドーンと置く、食事を含め生活のすべてはここに集中させました。

独り暮らしのほとんどは食事に関すること、空間を分ける必要はなかったということです。

今まで本棚に置いていた仏壇(と言っても小さな御厨子)をそのままハッチに置くわけにもいかず場所が決まりません、とりあえずテーブルでご一緒させてもらっています。

床に寝るようになって気が付いた、、夜、起き上がるのに何かにつかまらないと起き上がれないのだ、自分が年寄りだということを忘れてた。

今更元に戻すわけにもいかず、ベッドを注文することに、また物が増えてしまう。

こうなるとあとは昼寝のできるゆったりとした椅子も欲しくなる、フィンユールは問題外、モーエンセンとはいかないが、ジェネリック、リプロダクト、、クリスチャンセンも悪くない、金もないのに欲ばかり、なかなか枯れてくれません。

今、節々が痛み、腰は痛くて変な歩き方、せっかく覚えた物の収納場所もぐちゃぐちゃ、ま、これもボケ防止?

コゲラ  カタツムリには気が付かなかったようです、
kogera7349-190929-02.jpg


kogera6157-190917-02.jpg


キビタキ ♀
kibitaki7301-190929-06.jpg


キビタキ ♂
kibitaki7357-190929-11.jpg
  1. 2019/10/01(火) 10:30:47|
  2. コゲラ

少しずつ慣れて、

写真の名前付けが間違っていたようで何度アップしようとしても受け付けてもらえませんでした、これに気付くまで随分時間が掛かってしまいました、歳のせいとは思いたくないのですが、、、、もう少しお付き合いください。

こちらに移って一年半、公園の水場にも慣れて鳥たちとの出会いも増えてきました、しかし、人との出会いは全くなし、これもかえって気楽です。

カメラを持っているときに出会えたので無理して撮ってみましたがやはり無理、せっかく出てきてくれたのにゴメンナサイ、いつまでたっても成長しません。

キビタキ
kibitaki7008-190922-12d.jpg


kibitaki7042-190922-14d.jpg


kibitaki6971-190922-09d.jpg


エゾビタキ
ezobitaki6692-190922-01d.jpg
  1. 2019/09/25(水) 16:53:02|
  2. キビタキ

去年より早く、

相変わらず出会いの少ない鳥探しの中、前回ツツドリの姿を見かけていた公園にもう一度出かけてみました。

探し回ることもなくすぐにわかりました、前回見かけたところにカメラが並んでいます、去年よりも一月ほど早い出会いです、この分だと他の場所でも出会えるかも、歩き回る楽しみが少し増えました。

ツツドリ
tutudori6038-190917-20.jpg


tutudori5980-190917-12.jpg


tutudori5802-190917-04.jpg


tutudori5893-190917-07.jpg


tutudori5995-190917-13.jpg


tutudori5998-190917-14.jpg


tutudori6004-190917-16.jpg


tutudori6013-190917-18.jpg


tutudori6226-190917-28.jpg
  1. 2019/09/18(水) 09:57:36|
  2. ツツドリ

鳥がいないと、

なかなか鳥に出会えず、コスモスの畑で気分転換、ノビタキでもいれば言うことはないがそれも無理のよう、早かったのか遅すぎたのか、花は少ない。

農家の前のひまわり畑、花は終わって収穫間近、おこぼれを狙ってのカワラヒワ、邪魔者のせいで落ち着かない。

キアゲハ  蝶々を撮るのも久しぶり、
kiageha5623-190905-06.jpg


kiageha5628-190905-07.jpg


kiageha5632-190905-08.jpg


カワラヒワ
kawarahiwa5642-190905-01.jpg
  1. 2019/09/12(木) 22:37:28|
  2. カワラヒワ

セイタカシギには会えたけど、

湘南の田圃で出会えなかったせいタシギを探しに川越の田圃を歩きました、慣れない場所で休耕田すら探せません。

普通に歩いていると思っていた農道がいつのまにか草茫々、もうそれだけで大嫌いなあいつが気になって全く周りが見えません。

ようやくたどり着いた農業用水のため池には満々の水、セイタカシギは杭の上でのんびり休んだまま、小さなシギたちは見当たりませんでした。

セイタカシギ
seitakasigi5548-190905-01.jpg


seitakasigi5581-190905-04.jpg


seitakasigi5589-190905-05.jpg
  1. 2019/09/08(日) 22:04:00|
  2. セイタカシギ

平塚の田圃、

9月に入り秋の渡りも始まっているシギ、チドリ、平塚の田園の休耕田を探して歩き回るのですが思うように出会えません。

体力的にも相当衰えてきているようで、歩く範囲も狭まってもう一つの我慢が出来ません、鳥よりもコンビニや自動販売機が気になります。

時々出会う同好の士も、昨日まではいた、朝はあっちにいたらしい、今年は数が少ない、と芳しくない話ばかり。

結局最後は山の水場でメジロの水浴び。

タシギ  不用意にのぞいて逃げられる、
tasigi5457-190902-01.jpg


ムナグロシギ
munagurosigi5474-190902-03.jpg


メジロ
mejiro5496-190902-02.jpg


mejiro5500-190902-03.jpg
  1. 2019/09/04(水) 13:12:39|
  2. タシギ

久しぶりのカワセミ、

公園の蓮池で出会った、久しぶりのカワセミ、期待に反して蓮の花には少しも絡んでくれません、でも、このまま公園に居ついてくれれば紅葉の季節にまた楽しめます、、

カワセミ
kawasemi5346-190819-06.jpg


kawasemi5414-190819-15d.jpg


kawasemi5442-190819-18d.jpg
  1. 2019/08/25(日) 17:28:55|
  2. カワセミ

暑さに勝てず、

干潮に合わせて出かけた三番瀬、大きく干潟が広がり鳥たちは遠くの波打ち際に集っている、時々コアジサシの群れがワーッと飛び回る。

長靴に履き替えいつものように東側から区画わけの網に沿って歩き出す、キアシシギは区画の中、遠くの網や支柱の上に集っているのはコアジサシ達、ウミネコ、セグロカモメたちは識別が難しいので敬遠しがち、未整理のフォルダーに溜まっていくばかり。

ホウロクシギ、オオソリハシシギは見当たらず、大きめのシギはチュウシャクシギ。

ようやく波打ち際へ、どこからこんなにと思うほどのコアジサシの群れ、ほかのアジサシ類もいるのかも知れないがわからない。

その先にミヤコドリ、黒、白、オレンジのコントラストが美しい。

チドリが飛んできた、メダイチドリ、近付くのを待つが思うようにはいかない、折り畳みの椅子を使おうとするのだが砂に食い込み安定せず、尻餅をつくのが心配で諦める。

コアジサシの向こう、西側の堤防近くに小さなシギたちが集まっているが近付けそうにない、これまで1時間ちょっと、日差しの強さと蒸し暑さでもう汗だく、休憩に戻る途中でメダイチドリが、ミユビシギも混じっている、休憩したいと思っているのでちょっと散漫、トウネンもいる、休憩してからゆっくり楽しもうとその場を離れ松林の日影を目指す、結構遠い。

暑いお茶とスポーツドリンクで一息、長靴を脱ぎ、びしょびしょのシャツを干し、おにぎりを食べて、日陰にゴロリ。

ここで限界、、、、松林の日影から見る干潟はギラギラ光りものすごく遠くに感じる、ミユビシギ、トウネン、堤防近くのシギの群れ、もう一度長靴を履く気にはとうとうなれませんでした。

ミヤコドリ
miyakodori4967-190805-04.jpg


miyakodori5215-190805-09.jpg


コアジサシ
koajisasi5029-190805-08.jpg


koajisasi5180-190805-11.jpg


メダイチドリ
medaitidori5266-190805-19.jpg


medaitidori5281-190805-21.jpg


medaitidori5285-190805-22.jpg


ミユビシギ
miyubisigi5277-190805-04.jpg


miyubisigi5290-190805-05.jpg


トウネン
tounen5232-190805-01.jpg


tounen5240-190805-03.jpg


チュウシャクシギ
tyuusyakusigi4935-190805-04.jpg
  1. 2019/08/20(火) 10:12:52|
  2. ミヤコドリ

大回り、

涼しくゆっくりと本を読むのに、夏休みの図書館は若い子たちに譲るとして、けち臭く考えたのが電車。

隣駅までの料金で、反対方向へ大回りして隣駅まで時間をかけて涼しい車中でゆっくりと本を読もうというつもり。

JR三鷹から吉祥寺までの切符140円を購入、たぶんそのまま乗れば5分ほど。

大回りのコースはいろいろ考えられるが、まだ乗ったことがない武蔵野線か八高線、結局今回は八高線を使うことにして中央線の八王子まで、電車は涼しいがあれこれコースを考えて本を読む余裕はない。

子供のころに多摩川の河原から見ていた八高線、川越行き、直接高崎方面はないらしい、工業団地を抜けると多摩川、もっと広かった気がするがあっという間に拝島駅、横田基地を見ているとすぐに茶畑、どんどん東京から離れてゆく、140円で大丈夫?

このまま川越行きに乗っていると川越から埼京線に回ることになるのでもう少し遠回りしたい。

高麗川駅で高崎行きに乗り換える、電車はディーゼル、対面ボックスシート、旅気分は上々、本を読むどころではない。

高麗川辺りはもっと山坂の多い森の中を走るのかと思っていたが秩父の山並みを見ながら関東平野の際を走っていた。

これから高崎まで行くと両毛線で小山を回るコース、高崎線で熊谷、大宮を通るコースだと高崎の手前倉賀野で乗り換えないといけない。

両毛線を使うコースはちょっと遠すぎるので諦めて高崎線に乗り換える、高崎線は普通の電車、だんだん腰が痛くなってくる、窓の外は猛暑の感じだが、冷房にあたりすぎてか寒くなってきた。

鴻巣、北本、桶川、上尾と聞きなれた地名にようやく旅気分も薄らいで大宮で下車、エキナカをぶらついて体をほぐす。

最後は埼京線で新宿まで、新宿から中央線で吉祥寺、約6時間の大回り。

自動改札で止められてハッとしたが駅員のいる改札ですんなり通過。

結局ゆっくり本を読むことはできませんでした、今度はもう少し調べてから挑戦したい、弁当もお土産も買わず写真も撮らずではあまりにも寂しい。

コムクドリ
komukudori3609-190724-06d.jpg


ゴイサギ
goisagi3654-190724-07.jpg
  1. 2019/08/16(金) 12:13:23|
  2. コムクドリ

炎天下、

暑さもいとわずよく働きます、

オオヨシキリ
ooyosikiri3129-190718-13d.jpg


ooyosikiri3130-190718-14d.jpg


ooyosikiri3313-190718-20d.jpg


ooyosikiri3359-190718-08.jpg
  1. 2019/08/10(土) 11:27:39|
  2. オオヨシキリ

子育て真っ最中、

コアジサシの子育ても今が佳境、雛たちも草叢からウインドサーフィンで賑わう浜辺へ出てきています、貝殻や砂利に紛れてすぐに姿を見失ってしまいますが親が戻ってくると羽を広げてアピールするのですぐにわかってしまいます、サーファーが浜へ戻るたびにハラハラしますがうまく共存は出来ているようです。

コアジサシ雛
koajisasi4277-190731-07.jpg


koajisasi4280-190731-08.jpg


koajisasi4293-190731-09.jpg


koajisasi4568-190731-45.jpg


koajisasi4469-190731-40.jpg


koajisasi4909-190731-69.jpg


koajisasi4690-190731-49.jpg


koajisasi4708-190731-52.jpg


koajisasi4380-190731-25.jpg


koajisasi4712-190731-54.jpg


koajisasi4360-190731-21.jpg


koajisasi4854-190731-65.jpg
  1. 2019/08/06(火) 13:27:03|
  2. コアジサシ

神社の森、

梅雨が明けてようやくの夏空、急激な温度変化に順応できません。

アオバズクが子育てをするいつもの神社、今年は見に行くのが少し遅れたようで、雛たちは巣を離れてしまっているようでした、親たちも紅葉の木の巣を見守る枝には見当たりません、それでもまだどこかにいるはずとあちこち探しようやく参道脇のヒノキの枝に留まっている雛を見つけることが出来ました、1羽、あ、重なっていた、2羽、3羽これ親?上の枝に1羽。

見つけられただけでも幸運なんだけど、 枝は混み入り、空はギラギラ、むくむくの雛は真っ黒け。

アオバズク
aobazuku3822-190729-15b.jpg


aobazuku3779-190729-12b.jpg


もう1羽の親が戻って家族勢ぞろい、
aobazuku4041-190729-26d.jpg


しばらくするとみんなおやすみです、
aobazuku4176-190729-36d.jpg
  1. 2019/08/02(金) 16:56:57|
  2. アオバズク

ふさわしい街並み、

震災、戦災の復興計画は確かにあった、、でもここではどうだったのか?

不法占拠などによって発生した新宿、新橋などの駅前やみ市、バラックなどは今ではほとんどその面影を見ることはない。

しかしここにはそれとは違った名残がある、公的な援助も待たずがむしゃらに復興せざるを得なかった商人、職人たちの底力が働いたのだろう、住むためよりも生きるために。

半世紀以上経て、箱?としての建物は寿命を迎えている、今度こそゆっくりと考えてほしい、仕事も生活もエンジョイできる自分たちの空間、街並みを求めて。

一皮むけて出てくるものは、
asakusabasi1569-190717-06.jpg


周囲を全く意識しない開口部、不思議です、
asakusabasi1592-190717-22.jpg


取り残されて、この後をどうするつもりだったのか?
asakusabasi1573-190717-10.jpg


周囲を完全に拒絶するような壁、植え込みだけはお情けのように、
asakusabasi1608-190717-31.jpg
  1. 2019/08/01(木) 11:58:26|
  2. 未分類

行き当たりばったりで気になった、(3)

総武線のガードを潜り神田川沿いへ、隅田川へ出るあたりが柳橋、この辺りの道路はほとんど昔のまま、色街らしく生活感はあまり感じない。

asakusabasi1651-190717-47.jpg


asakusabasi1622-190717-38.jpg


asakusabasi1617-190717-36.jpg


asakusabasi1615-190717-35.jpg


asakusabasi1645-190717-44.jpg


隅田川を渡る総武線鉄橋、
asakusabasi1637-190717-42.jpg


蔵前橋方向、
asakusabasi1629-190717-41.jpg


両国橋、
asakusabasi1628-190717-40.jpg


隅田川へ合流する神田川には屋形船が並ぶ、
asakusabasi1609-190717-32.jpg


asakusabasi1660-190717-53.jpg


柳橋を渡って東日本橋へ、
asakusabasi1659-190717-52.jpg


薬研堀不動尊
asakusabasi1668-190717-54.jpg

この辺りまで来ると戦後の混とんを残す風景はあまり感じられない、

今度は久松町、浜町あたりが気になって来る、、またいつか。


  1. 2019/07/29(月) 10:29:04|
  2. 未分類

行き当たりばったりで気になった、(2)

ほとんどの住まいは細い路地に壁一枚で接している、路地は単なる通路ではなく各々の生活がはみ出して重なる部分でもある。

これを許容するしたたかさがここでの生活を可能にしていると勝手に想像する。将来的に路地の在り方がどう変わって行くのかそれとも路地自体がなくなってしまうのか、見てみたいです。

建て替えられた大きな建物に面する路地では専門学校の生徒らしい外国人たちが非常階段の下で弁当を食べたり喫煙をしたりしていました。

1階は仕事場あるいは店、2階が住居、細い路地の中にも活気があったんでしょうね、
asakusabasi1574-190717-11.jpg

ブロックの塀がとても違和感を感じます、
asakusabasi1577-190717-12.jpg

植木鉢に植えられた緑が精いっぱいの努力、クーラーの出現で窓は閉じられ縁台は消えた、
asakusabasi1588-190717-20.jpg

濃密に暮らしているようでも建て替えになると個々バラバラになってしまう、この辺に大きな問題があるんだけど、
asakusabasi1571-190717-08.jpg


asakusabasi1594-190717-23.jpg

自転車は当然のように路地に並ぶ、自動車は?
asakusabasi1605-190717-30.jpg

贅沢な空間、ちゃきちゃきの江戸っ娘が出てきそう、
asakusabasi1601-190717-27.jpg
  1. 2019/07/25(木) 17:16:43|
  2. 未分類

行き当たりばったりで気になった、(1)

5月の連休に何となく廻った森下から両国、蔵前、鳥越付近の街、それ以来何となくこの辺りが気になっています。

この日は浅草橋駅から鳥越神社方向へ少し戻り、浅草橋、柳橋、東日本橋、と馬喰横山駅までです。

隅田川周辺は関東大震災、そして東京大空襲と、二十年ほどの間をおいて二度の壊滅的な被害を被っています。

それから七十年、めげることなくしたたかに生きた人たちの力強さを感じないわけにはいきません。

ただ、ここに、家、住まいに対する東京人の意識が集約されているように思います。

昔、仕事で滞在した砺波平野の散居村の二百年、三百年の寿命で考える住まい、単純に比較はできませんが対極にあるような気はします。

浅草橋周辺
asakusabasi1561-190717-02.jpg

銀杏岡八幡神社
asakusabasi1564-190717-03.jpg

路地や区割り、そして商売も江戸からのままなんでしょう、
asakusabasi1570-190717-07.jpg


asakusabasi1568-190717-05.jpg


asakusabasi1582-190717-16.jpg
  1. 2019/07/23(火) 17:42:44|
  2. 未分類

お邪魔虫、

ササゴイを探して歩く川縁で、チョッピーチーツツ、と繰り返すホオジロの囀り、久しぶりに鳥の声を聴き分けることが出来ました。

こんなに近くまで気が付かなかったかと思うほど近づいていたようで、たぶん、じゃまだあっちへ行け、と怒っていたのかも。

ホオジロ
hoojiro2994-190713-12d.jpg


hoojiro3015-190713-20d.jpg


hoojiro3057-190713-10.jpg

やっと見つけたササゴイは対岸の浅瀬で狩漁中、あんまり上手ではないようです、こっちはもっと下手くそでその失敗すら撮れません、

ササゴイ  
sasagoi2941-190713-04.jpg


sasagoi2973-190713-11.jpg
  1. 2019/07/19(金) 11:44:42|
  2. ホオジロ
次のページ