とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

もう一度、

何度でも会いたいホオジロガモ、電車に乗って会いに行きました。

バスを乗り継いで国立まで、そこからJRで羽村まで、JRは青梅線直通で簡単、相模線と同じようにドアは手動、ローカルっぽいけど全然便利。

道なき草藪を歩いて葦の生い茂る川辺に出ると目の前にいた、近づきすぎた、飛ばれなかったが警戒はしているよう、何となくよそよそしい。ゴメンナサイ。

今回は失敗、もう一度、帰ってしまう前に出直します。

ホオジロガモ  20羽近い群れの中に♂1羽、若い♂1羽、
hoojirogamo6052-170216-13.jpg


hoojirogamo6060-170216-17.jpg


hoojirogamo6067-170216-21.jpg

♂が1羽だけでも求愛の踊りは必要なんですね、
hoojirogamo6078-170216-25.jpg


hoojirogamo6080-170216-27.jpg

一斉に、
hoojirogamo6186-170216-53.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/02/20(月) 09:34:59|
  2. ホオジロガモ

こんなに可愛らしかったとは、

見たい鳥を探してあちこち回り、出会えぬままにたどり着いた林道で、やっと出会えたのはカヤクグリでした。

いつも気が付く前に逃げられて後ろ姿ばかりでじっくり見ることができませんでしたが、苔むした石壁にへばりついて動き回り、こちらには無関心、おかげでゆっくり楽しむことが出来ました。

あまり邪魔をしてはと先へ進みましたが、帰り道でも同じところでちょこちょこしていました。

カヤクグリ  地味で小さな鳥ですが、小さな体を膨らませ、透きとおった茶色の目をクリクリさせ、こんなに可愛かったのかと、改めて大好きになりました。
kayakuguri5931-170215-11c.jpg


kayakuguri5611-170215-01.jpg


kayakuguri5653-170215-05.jpg


kayakuguri5927-170215-10c.jpg


kayakuguri5840-170215-15c.jpg
  1. 2017/02/18(土) 20:03:17|
  2. カヤクグリ

私だけの楽しみ、

何気なく覗いた住宅裏の空き地にトラツグミ、慌てる風もなく隣接する公園の林に消えていきました。

ときどき、そおっと覗いてみますが、よほど気に入った場所なのか、いつもいてくれます。

トラツグミ
toratugumi4355-170207-07.jpg


toratugumi4353-170207-05.jpg


toratugumi4422-170207-13.jpg
  1. 2017/02/16(木) 23:31:16|
  2. トラツグミ

シマアジ君、

十一月以来、毎月見に行っている小川のシマアジ、二月になって増々美しさに磨きがかかってきたようです。

目の上の眉班はくっきりと白く、長く伸び、ぼんやりしていた首周りの模様もしっかりとしてきました。

脇に垂れる羽(雨覆い)も流れるように美しく生え揃っています。

もう充分に美しい青年です。

シマアジ  ♂
simaaji5051-170212-06.jpg


simaaji5042-170212-04.jpg


simaaji5098-170212-08.jpg


simaaji5093-170212-07.jpg
  1. 2017/02/13(月) 22:00:22|
  2. シマアジ

おとこの子達にも、

春が近づいてくる頃になって、ようやくおとこの子達にも会えました。

ルリビタキ  咲き始めた梅に来るメジロを待っていたら思いがけなく、
ruribitaki4552-170208-07.jpg


ruribitaki4562-170208-08.jpg


メジロ  本命だったのにルリビタキを見ている間にいなくなってしまいました、
mejiro4482-170208-01c.jpg


mejiro4489-170208-03c.jpg


ジョウビタキ  なかなか会えなかったジョウビ君にも公園の梅林で会えました、花にはあまり興味がなさそうで、こちらの期待通りにはいきません、
joubitaki4944-170210-03c.jpg


joubitaki4962-170210-07.jpg
  1. 2017/02/11(土) 19:06:31|
  2. ルリビタキ

帰り道、

バスの時間を気にしながらの帰り道、前の日にアオゲラがいた林を通ると、悪くなった耳に久しぶりに聞こえた、コツコツという啄木鳥の音。

立ち止まって探すが音の方向がわからない、ダメかな、と諦めかけた時に、視界の中を飛んでくれて見つけることが出来ました。

アオゲラに見つからないように立木の陰に蹲り、バスの時間も忘れてしまいました。

アオゲラ
aogera4773-170208-06.jpg


aogera4800-170208-08.jpg


aogera4866-170208-14.jpg

飛ぶ前にできるだけ体重を軽くします、
aogera4842-170208-12c.jpg

前の日に見た子と同じようです、
aogera4194-170206-08c.jpg
  1. 2017/02/09(木) 19:28:49|
  2. アオゲラ

たくさん集まっていました、

公園の広場の隅にアトリが大集合、案内板に隠れて楽しませてもらいました。

全く気が付かないで歩いていると突然、枯れ葉の中からバサバサとアトリが飛び立ちました、しまった、と思ったら近くの大きな木の枝に留まっています、通り過ぎるふりをして回り込み、案内板の陰に隠れて待っていると少しづつ少しづつ低いところに降りてきて1羽が下りると一斉に後に続きます、その数およそ200羽ほど、全体はカメラに入りません、こんなの初めて。

アトリ  遠くに行かずに木の枝で様子を窺っています、
atori3546-170206-10.jpg

地面に降りると枯れ葉に紛れてよくわからなくなります、
atori3563-170206-12.jpg

散歩の人が近づくと一斉に飛び立ちます、運動神経が鈍いので追いつかない、
atori3569-170206-13.jpg


atori3582-170206-14.jpg

1羽が下りると一斉に降りてきます、ボトボト落ちてくる、という感じですぐにアトリで埋まります、
atori3612-170206-16.jpg

わっ、また人が来た、
atori3649-170206-18.jpg


atori3730-170206-22.jpg


atori3831-170206-26.jpg
来季も来てくれるかどうかわからないのでせっせと見ています。
  1. 2017/02/07(火) 20:48:38|
  2. アトリ

見るたびに美しくなって、

川沿いの遊歩道で11月の初めに出会い、コガモ? にしては大柄な模様、1月になって脇腹の部分が白くなってきてはっきりシマアジと判ります、まだまだ美しくなりそうです。

シマアジ
simaaji1141-170122-02.jpg


simaaji1250-170122-13.jpg


simaaji1226-170122-11.jpg

12月初め
simaaji3595-161205-04.jpg

11月初め
simaaji8005-161106-06.jpg
  1. 2017/02/05(日) 10:28:47|
  2. シマアジ

おんなの子ばっかり、

今季、出会えるのはなぜか、おんなの子ばっかりです、じょびこチャン、フワフワクリクリ可愛いです。

ジョウビタキ ♀
joubitaki0986-170119-18.jpg


joubitaki0945-170119-06.jpg


joubitaki3271-170203-03.jpg


joubitaki3314-170203-05.jpg


そしてルリビタキも、
ルリビタキ ♀
ruribitaki3105-170202-02.jpg


ruribitaki3136-170202-08c.jpg


ruribitaki3143-170202-09c.jpg
  1. 2017/02/03(金) 22:00:26|
  2. 未分類

忘れてた、

久し振りの市内の公園、梅の花はもう少し、池にいるはずのキンクロハジロやホシハジロも見当たらない、カワセミは追いかけまわされて忙しそう、冬羽のカイツブリが2羽、水面を光らせて浮んでいます。

カイツブリ  カンムリやアカエリ、ハジロばかりを追いかけて身近な君を忘れてた。
kaituburi2493-170129-03.jpg


kaituburi2499-170129-04.jpg


と、言いながら、春に向けてどんどん変化していく彼らも見過ごせない、

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi1739-170126-06b.jpg

アカエリカイツブリ
akaerikaituburi1844-170126-11b.jpg
  1. 2017/02/01(水) 09:19:49|
  2. カイツブリ

落ち葉に紛れて、

よーく見ると、木の上ばかりでなく、足元にも、落ち葉に紛れて様々な鳥たちを見ることができます。

コジュケイ  目の前でバサバサと飛び立たれびっくりすることがあります、
kojukei0262-170114-02c.jpg

アカハラ  落ち葉を一枚一枚はねよけながら虫を探しています、
akahara1621-170124-05c.jpg

シロハラ  北側の暗い斜面で目を凝らすと、
sirohara1542-170124-01.jpg

シメ  派手だけど目立たない、
sime1561-170124-02.jpg

アトリ  小さな実を落とす木の下で、、飛び立たれても運が良いとすぐまた降りてきます、
atori0395-170116-03.jpg
  1. 2017/01/30(月) 09:56:26|
  2. コジュケイ

迷います、

不精な私でも撮った写真は一応、名前を付けて整理しています。

狭山湖の石堰にいた鳥、タヒバリだと思うけど、前日に河原でビンズイを見ていたので迷ってしまいました。

博物学的に整理をしているわけではないのですが、迷うことが結構面白いのです。

タヒバリ  私の場合、感覚的に分けていることが多い、
tahibari2411-170127-01b.jpg

ビンズイ  夏、高山で木のてっぺんにいればこの子、
binzui1982-170126-03.jpg

イカルチドリ  同じように冬、河原にいればイカルチドリかな、というようにです。
ikarutidori2052-170126-04.jpg


ikarutidori2028-170126-02.jpg
  1. 2017/01/29(日) 10:49:26|
  2. タヒバリ

やっぱりきれいでした、

またまたお誘いを受けて狭山湖へ、途中で寄った公園でミヤマホオジロを見せていただきました。

去年は出会えなかったので二年ぶり、一人歩きでは巡り合えるかどうか、楽しい出会いでした。

ミヤマホオジロ
miyamahoojiro2184-170127-11.jpg


miyamahoojiro2126-170127-06.jpg


miyamahoojiro2396-170127-30.jpg

ミヤマホオジロを見た後に行った狭山湖では、気が抜けたのか大好きなカンムリカイツブリさえもぼんやり見ているだけでした。
  1. 2017/01/27(金) 22:42:14|
  2. ミヤマホオジロ

山道を歩いて、

里山の山道を鳥を探して歩きます、耳が聞こえにくくなった分、出会いが少なくなっているようです。

突然彼らが目の前から飛び立って、あ、いたんだ、と悔しがることが増えました。

それでも時々幸運が、、、おかげで今季も会えました。

ルリビタキ
ruribitaki0340-170116-03.jpg


ruribitaki1083-170121-01.jpg


ruribitaki9143-170111-07d.jpg
  1. 2017/01/25(水) 17:29:31|
  2. ルリビタキ

淡路町付近、

東御苑を出て竹橋を通り神保町へ、店先に並べられた古書にあまり興味がわかない自分、昔は一日歩き回っても飽きなかったのに。

小川町まで来て蕎麦を食おうと、まつや、を目指すが準備中、藪、を目前に立ち食いで済ます、我ながらショボい。

竹橋  毎日新聞社屋
takehasi0876-170117-01.jpg

神保町古書街
jinbotyo0878-170117-01.jpg

小川町
ogawamati0884-170117-02.jpg

まつや
matuya0888-170117-01.jpg

やぶ  菊竹先生にお会いしたのはここでした、
yabusoba0897-170117-01.jpg

六文蕎麦
rokumonsoba0900-170117-01.jpg

いせ源  あんこう鍋、
isegen.jpg

ぼたん  とり鍋、
botan0890-170117-01.jpg

たけむら  甘味処、
takemura0895-170117-01.jpg
  1. 2017/01/24(火) 19:38:59|
  2. 未分類

皇居東御苑、

何時から解放されていたのか知らなかったが誰でも入れそうなので、せっかくなので入ってみることにしました。

皇居、というよりは、江戸城、としての遺構が残されたところでした。天守や櫓がなくても石垣の見事さが往時をしのばせます。

同心番所
koukyo0855-170117-04.jpg

百人番所
koukyo0847-170117-01.jpg

大番所
koukyo0851-170117-03.jpg

白鳥濠
koukyo0857-170117-05.jpg

白鳥濠
koukyo0860-170117-07.jpg

天守台
koukyo0862-170117-08.jpg

北桔橋門
koukyo0872-170117-13.jpg

平川濠  白い建物が近代美術館
koukyo0870-170117-11.jpg

ちなみに、二の丸庭園の雑木林にはエナガ、シジュウカラ、ツグミ、ヒヨドリなどが来ていました。
  1. 2017/01/23(月) 11:10:44|
  2. 未分類

お濠で、(3)

なんといってもこの日、お濠での一番のお目当てはヨシガモです。

坂下門から二重橋、桜田門、桜田濠、凱旋濠と行くところ行くところでヨシガモに会え、いままで、沈殿池や浄水場で遠くから指をくわえて見ているだけでということだったので大収穫、外国の観光客にも、ヨシガモ、と日本語で教えてあげました。

ヨシガモ  それぞれペアが決まったのか、雌雄がのんびりと水草を食べている姿が目立ちました。
yosigamo0572-170117-08c.jpg


yosigamo0655-170117-12.jpg


yosigamo0806-170117-33b.jpg


yosigamo0553-170117-05.jpg


yosigamo0820-170117-21c.jpg
  1. 2017/01/21(土) 17:43:05|
  2. ヨシガモ

お濠で、(2)

坂下門付近ではたくさんのハシビロガモ、大繁殖?している水草をものともせずに食事中。

そういえば近くの調整池に来なくなって何年になるか、

ハシビロガモ
hasibirogamo0507-170117-01.jpg


hasibirogamo0512-170117-02.jpg


hasibirogamo0832-170117-06.jpg


hasibirogamo0518-170117-08c.jpg
  1. 2017/01/20(金) 10:32:17|
  2. ハシビロガモ

お濠で、

久し振りに都心へ出ました、皇居の周りを水鳥を探して半周、ついでに初めての東御苑も一回り、ちょっとしたおのぼりさん気分でした。

コブハクチョウ  お濠で見ると余計に優雅、とてもきれいでした。
kobuhakutyou0480-170117-01c.jpg


kobuhakutyou0487-170117-10c.jpg
  1. 2017/01/18(水) 20:05:28|
  2. コブハクチョウ

混群の中に、

林の中にいると、まずやってくるのがシジュウカラ、ヤマガラも混じり賑やかに頭上を飛び交う、少し上にエナガの群れがやってくる、細い枝先にぶら下がり自由奔放に動き回る、樫の木や榊の中にはメジロも混じる、すぐにカメラは諦める。

小鳥たちの賑わいがおさまるころに登場するのがコゲラ、此方を気にする様子もなく樹幹をコツコツ、再びカメラを構え右往左往。

コゲラが去って気が付くともう誰もいなくなっている。

コゲラ
kogera0105-170114-04c.jpg


kogera0121-170114-06c.jpg


kogera0132-170114-17c.jpg


kogera0140-170114-11c.jpg


kogera0177-170114-12c.jpg


kogera6939-161231-02c.jpg

  1. 2017/01/16(月) 19:23:02|
  2. コゲラ
次のページ