FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

今日は最悪、

早春の小川を歩きます、風はまだ冷たく、菜の花は咲き始めたばかり、ムクドリが賑やかです。

シマアジは元気に泳ぎ回っています、いろいろパフォーマンスも見せてくれました。

私がまたやってしまいました。

カメラの設定ダイヤルがあちこちずれていて、ほとんどの写真がピンボケで没。

これだけでも十分最悪なのに、整理途中で夕飯、作業を再開すると作業用のフォルダーが壊れてしまっていました、残ったのは整理済みの十数枚。

勝手に動き回る?パソコンの扱いが全くわからなくなってきています、、もう、めんどくさくてお手上げです。

シマアジ
simaaji2544-210303-06.jpg


simaaji2570-210303-09.jpg


simaaji2714-210303-12.jpg


simaaji3084-210303-19.jpg


simaaji3132-210303-02d.jpg


simaaji3144-210303-23.jpg
スポンサーサイト



  1. 2021/03/03(水) 22:29:58|
  2. シマアジ

まだ早い?

三月に入ってもう始まっているかなと出掛けた谷戸のチョウゲンボウ、出るのを待っている人はみんな手持無沙汰、どうやらこの日は他所へ出かけてしまっているようでした。

谷戸でチョウゲンボウの動きが活発になるにのはもう少し先なのかも?

早咲きの桜にはメジロ、シジュウカラがやってきます、久しぶりにジョウビタキを近くで見ることもできました。

ジョウビタキ ♂
joubitaki2262-210228-01d.jpg


joubitaki2277-210228-02d.jpg


joubitaki2338-210228-05d.jpg


メジロ
mejiro2324-210228-06.jpg


mejiro2313-210228-03.jpg


シジュウカラ
sijuukara2319-210228-02.jpg


エナガ
enaga2456-210228-01.jpg
  1. 2021/03/02(火) 22:13:51|
  2. ジョウビタキ

せっかくポーズをくれたのに、

こちらの反射神経を試すように飛び回るニシオジロビタキに煽られて、シャッターを切りまくり、気が付いたらカメラの設定が先日のまま、、最近こんなことが多くなった。

ニシオジロビタキ
nisiojirobitaki1250-210222-12d.jpg


nisiojirobitaki1344-210222-19d.jpg


nisiojirobitaki1179-210222-08d.jpg


nisiojirobitaki0950-210222-03d.jpg
  1. 2021/02/27(土) 09:21:38|
  2. ニシオジロビタキ

堰の鳥たち、

カンムリカイツブリが滞在している堰の上には、他にもカワウ、コサギ、セグロカモメ、カルガモ、キンクロハジロ等々、沢山の水鳥たちが集まっています。

しかし、写真の整理をしているとほとんどがカンムリカイツブリで、他の鳥たちの写真が少ないようです。

みんな可愛いのは同じなんですが、依怙贔屓です、、、ね。

オカヨシガモ  数は多いのですがほとんど岸に近づきません、雌雄の仲良しなことはオシドリ以上かも。
okayosigamo0398-210219-07.jpg


okayosigamo0388-210219-01.jpg


okayosigamo0392-210219-04.jpg


コガモ  ♂の姿が美しくなってきました、
kogamo0404-210219-01.jpg


ハシビロガモ  独特の顔つきにユーモラスな仕草、
hasibirogamo0369-210219-08.jpg


hasibirogamo0348-210219-02.jpg
  1. 2021/02/25(木) 17:45:05|
  2. オカヨシガモ

無駄な早起き、

寒くて逃げ帰った多摩川へ、朝早くなら太陽も少しは味方をしてくれるかと早起きをしたのに、、、

予想通りカンムリカイツブリは陰にならずに見ることが出来ます、ヒドリガモやコガモ、ハシビロガモ達ものんびりしています。

今日はのんびりできそうだと思っていたのに、、突然ホシハジロが騒ぎ出し、カンムリカイツブリは一斉に水に潜ってしまいます、あっという間に目の前から鳥たちが消えました。

上流からやってきたバスフィッシャーのゴムボート、鳥たちを蹴散らしながら堰の周りを動き回ります、大体堰付近は禁漁区域のはず。

どいてほしいのに気になります、いなくなるまで1時間以上、釣れもしないのに。

石でもぶつけてやろうと思っても整備された護岸には手ごろな石も転がっていません、もっとも投げても10mも飛ばないだろうけど。

いつのまにかカンムリカイツブリは対岸近くに集っていました、他の鳥たちも。

そうか今日は日曜日だった、こっちがお邪魔虫か。

対岸へ行きたい気持ちを抑えながら早々に帰宅です。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi0782-210221-01.jpg


kanmurikaituburi0803-210221-05.jpg


kanmurikaituburi0820-210221-02.jpg


kanmurikaituburi0835-210221-06.jpg


hidorigamo0904-210221-03.jpg


hosihajiro0865-210221-03.jpg


hosihajiro0871-210221-05.jpg


kanmurikaituburi0894-210221-09.jpg
  1. 2021/02/23(火) 23:50:09|
  2. カンムリカイツブリ

寒かったあ、

南風の強いこの日、相変わらずのカンムリカイツブリ。

川を渡ってくる向かい風は南風でも冷たくてお日様にも勝てそうにない。

久しぶりに鼻水をすすりながらおにぎりを頬張る。

オシッコ、と思い出すと我慢が出来ず集中力も途切れがち、また出直そう。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi0433-210219-01d.jpg


kanmurikaituburi0460-210219-10d.jpg


kanmurikaituburi0442-210219-03d.jpg


kanmurikaituburi0658-210219-39d.jpg


kanmurikaituburi0534-210219-23d.jpg


kanmurikaituburi0597-210219-31d.jpg
  1. 2021/02/21(日) 21:31:00|
  2. カンムリカイツブリ

ようやく今年も出会えたなあ、

あちこちにレンジャクが来ているのに、賑わっているのは県外、、、中央線なら多摩川を超えても都内ということで、毎年レンジャクを確認しに行っていた公園へ。

斜面に生えた欅のヤドリギにヒレンジャクが一羽、いることはいるんですが、塊の中に潜って出てこない、しかも太陽がまぶしい。

あちこち場所を変えてみたり、カメラの設定を変えてみたりと、無駄な努力で時が経つ。

時が経てば太陽も場所を変え、ヒレンジャクも動き出し、ようやく今年も出会えたなあと、なりました。

ヒレンジャク
hirenjaku0245-210216-19d.jpg


hirenjaku0304-210216-26d.jpg


hirenjaku9925-210216-08d.jpg


hirenjaku0107-210216-16d.jpg
  1. 2021/02/17(水) 21:30:41|
  2. ヒレンジャク

多摩川北岸、

カンムリカイツブリの様子を見に多摩川へ、東京側は北岸です、北風の強いこの日、水鳥たちは風を避けるように北岸に近いところに集って休んでいます、土手が風よけになって、白波の立つ対岸よりはずっと穏やかです。

カンムリカイツブリはほとんど寝ています、しかも東京側からは逆光でモノクロ写真です、逆光でも求愛のダンスが見られればと願ったのですが見ることはできませんでした。

少しずつ夏羽に衣替えした子達も出て来てこれからがで楽しみです。

対岸まで直線で400m、橋を渡って越境する距離1000m、悩ましい距離です、、。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi9632-210211-14d.jpg


kanmurikaituburi9525-210211-08d.jpg


kanmurikaituburi9549-210211-09d.jpg


kanmurikaituburi9440-210211-02d.jpg


kanmurikaituburi9583-210211-11d.jpg


kanmurikaituburi9674-210211-16d.jpg


kanmurikaituburi9683-210211-19d.jpg

  1. 2021/02/12(金) 21:42:07|
  2. カンムリカイツブリ

生きてること全てが不要不急な私ですが、

去年、道に迷って偶然節分会に遭遇した里山、節分は過ぎてしまっていたけど、懐かしくてもう一度です、久しぶりの里山歩き、次の一か月への必要緊急です。

谷戸の道を登り、細い脇道に入り林の中を歩き、鳥の気配を探します、でも、五感が衰えてしまった身では以前のように気配を感じることが出来ません、何度も先に気付かれて悔しい思い。

半分意識しながら道に迷い、渡れなくなっている橋に戸惑い、登ったり降ったり、、カメラ、重たく感じます。

ルリビタキ  何度も出会いますがカメラが間に合いません、これ結構ストレス、
ruribitaki9310-210205-02.jpg


ジョウビタキ  カメラを向けるまで待ってくれました、
joubitaki9297-210205-02.jpg


アオジ  ずいぶん久しぶりの出会いです、
aoji9384-210205-02.jpg


シロハラ  すぐに暗いところへ隠れてしまう、
sirohara9254-210205-01.jpg


ウグイス  休憩中の頭上へ来てくれた、
uguisu9285-210205-02.jpg


コゲラ  カシラダカ、エナガにフラれやっとこさ、
kogera9261-210205-01.jpg
  1. 2021/02/06(土) 10:49:48|
  2. ルリビタキ

今季は諦め、

近年は茨城の海でシノリガモに会うのが一月の楽しみでした、今季、一月は駄目でも二月になれば会いに行けると待っていましたがどうやら諦めなくてはなりません、彼らは三月までいてくれるんでしょうか? 今は以前の写真をくり返し見るばかりです。

近くの公園も閉園が続いています、鳥たちは人間に邪魔されることなくのびのびと過ごしているんでしょうね、それなら良し、か。

シノリガモ  以前、平磯にて
sinorigamo0931-200113-08d.jpg


sinorigamo1267-200113-35d.jpg


ウミスズメ
umisuzume3846-01d.jpg


ウミアイサ
umiaisa1464-200113-46d_01.jpg


アビ
abi2700-03d.jpg

  1. 2021/02/02(火) 22:56:15|
  2. 未分類

ひと月がこんなに長いとは、

緊急事態宣言の解除を待つせいか、時の過ぎるのがとにかく長く感じます、ネットでの買い物を覚え、CDや文庫本がずいぶん増えました、、断捨離にもリバウンドがあるようです。

ギリギリ、精神状態維持のためと称しての、ついでの散歩、鳥たちに出会えると元気がもらえます。

ジョウビタキ ♂  じっくり出会いを楽しみたいけど中途半端で、
joubitaki8775-210126-83d.jpg


ジョウビタキ ♀  
joubitaki8678-210126-80d.jpg


モズ ♀
mozu9055-210126-82.jpg


ニシオジロビタキ
nisiojirobitaki8578-210126-75d.jpg


シロハラ
sirohara9068-210130-01.jpg


ツグミ
tugumi9085-210130-01.jpg


ヤマガラ
yamagara9131-210130-05d.jpg


イカル
ikaru9212-210130-14d.jpg

  1. 2021/01/30(土) 23:01:26|
  2. ジョウビタキ

癒されて、

御不動様への初詣のついでに見に行ったニシオジロビタキ、今年も出会えた、

ジョウビタキやモズと絡んで、元気に動き回ってくれて、久しぶりに運動不足を解消させてくれた。

とにかく可愛い、時間を忘れてついつい長居、御不動様がついでになった?

ニシオジロビタキ  今までオジロビタキと呼んでいたが、分けて呼ぶことに、
nisiojirobitaki8922-210126-34.jpg


nisiojirobitaki8261-210126-01d.jpg


nisiojirobitaki8356-210126-05.jpg


nisiojirobitaki8804-210126-50.jpg


nisiojirobitaki8908-210126-37.jpg


nisiojirobitaki8728-210126-58.jpg


nisiojirobitaki8669-210126-09d.jpg

  1. 2021/01/26(火) 23:41:55|
  2. ニシオジロビタキ

とうとう来た、

夜中、美味しそうな匂いが漂ってくる、ご近所さんこんな夜中に何作ってる?

寝る前電気を消すと台所がほんのり明るい?

そうだ、餅焼いてたんだ!匂いのもとはうちだった!

正月前からトースターで、パンをよく焦がす、タイマーの具合が悪くなっていた。

タイマーの働かなくなったトースターに餅を入れたまま忘れ、かろうじてサーモスタットが働いて大事にはならなかったが、、

真黒な餅に頭は真っ白、背筋は凍る、、、、とうとう来た、認知症、第一歩。

これ、自分のケチも原因、、、数日前、買い替えを検討していた機種が突然、何処のネットショップでも一斉に500円の値上がり、注文を躊躇してしまいました。

たかが500円?いや1割の値上げ?

ネットの買い物って不思議、ついつい1円、2円が気になってしまう。

必要なものはごちゃごちゃ言わずすぐ買わなきゃ、慌ててネットで注文です。

ルリビタキ ♀
ruribitaki8130-210122-02d.jpg


ruribitaki8140-210122-06d.jpg


ruribitaki8175-210122-10d.jpg


ルリビタキ ♂
ruribitaki8216-210122-16d.jpg


ruribitaki8223-210122-17d.jpg


ruribitaki8226-210122-18d.jpg
  1. 2021/01/24(日) 09:45:41|
  2. ルリビタキ

ついでの寄り道、

丘陵の公園、林の小道を降るのにも息が切れる、そのはず、体重は3キロほど増えた、昼を抜いてみて1週間、間食が増えただけ。

こんな時期、食べることまで我慢するのは寂しすぎる、と、意志の弱さをそっちにおいて元に戻す、その分寄り道を増やそう。

一休みしている頭上にエナガが来た、あ、シメもいる、沢山、いや、イカルだ、、うん、今日の寄り道が報われた。

イカル
ikaru8096-210116-37d.jpg


ikaru7797-210116-12d.jpg


ikaru7942-210116-17d.jpg


ikaru8079-210116-33d.jpg


ikaru8023-210116-29d.jpg


ikaru7992-210116-26d.jpg


ikaru7812-210116-13d.jpg

  1. 2021/01/21(木) 10:27:31|
  2. イカル

用事もなくて、

別に足りないものもなく、急ぎの用事もないし、風が冷たそうで、炬燵に潜り込んで一日ぼんやり過ごしていました。

外出するのに納得する理由をあれこれ考えながら、、、やはり小人を閑居させてはいけません。

カンムリカイツブリが滞在している堰上、川の水を満々と湛えているようでも意外と水深は浅い、釣り人のウキ下は3,0mくらい、川の中央は浚渫工事の重機の動きから察すると1,0mちょっとでしょうか、水鳥の集まっているところはもっと浅そう。

hudaseki7570-210113-03d.jpg


カワウ
kawau5401210104-01.jpg


ダイサギ
daisagi7245-210113-01d.jpg


アオサギ
aosagi7315-210113-01d.jpg
  1. 2021/01/19(火) 22:11:14|
  2. カワウ

遅ればせながら、

今季は馴染みの冬鳥たちとの出会いがなかなか持てません、感も狂っているようで、逃げられてから気が付くような始末です。

ルリビタキ  知らずに追い立ててしまったようです、
ruribitaki7640-210116-01d.jpg


ジョウビタキ  今季初めては後姿だけ、
joubitaki6145-210110-01.jpg


シメ  上空をノスリが飛んで、
sime7713-210116-05.jpg


ノスリ  シメに教えてもらいました、
nosuri7965-210116-01d.jpg

  1. 2021/01/18(月) 20:55:55|
  2. ルリビタキ

セグロセキレイかな?と、思ったけど、

カンムリカイツブリの求愛をを覗いているお邪魔虫の足元でちょこちょこ動き回るセキレイ2羽、

背中の色がそれぞれ違います、でもどちらもハクセキレイ、ほんとややこしい。

ハクセキレイ
hakusekirei7394-210113-01d.jpg


hakusekirei7403-210113-04d.jpg


hakusekirei7409-210113-06d.jpg


hakusekirei7439-210113-02d.jpg


hakusekirei7445-210113-04d.jpg


hakusekirei7451-210113-05d.jpg
  1. 2021/01/17(日) 09:39:32|
  2. ハクセキレイ

たまには近くで、

遠くにいる鳥ばかり見ていると、こんなことがしてみたくなります、

オシドリ
osidori6613-210110-19-2.jpg


osidori6453-210110-13d.jpg


osidori6618-210110-21.jpg


osidori6499-210110-14.jpg


オシドリとトモエガモ  なかなか一緒に並ばない、
osidoritomoe6363-210110-06d.jpg


トモエガモ
tomoegamo6731-210110-32.jpg


tomoegamo7024-210110-55.jpg


tomoegamo6843-210110-07d.jpg


tomoegamo6796-210110-37.jpg


  1. 2021/01/15(金) 20:09:38|
  2. オシドリ

カンムリカイツブリの求愛、

多摩川中流域の堰上、今季は20羽を超えるカンムリカイツブリが来ています、滞在3か月、そろそろ恋の季節も始まりです、

でも、私が見ている多摩川右岸、神奈川県でした、川幅確認のため地図を見て気が付きました、徒歩であれ何であれ越境です、お邪魔虫も当然自粛です、、、。

ゆっくり語り合って良い相手を見つけてください、春の見送りを楽しみにしています。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi5480-210104-06d.jpg


kanmurikaituburi5486-210104-10d.jpg


kanmurikaituburi5603-210104-21d.jpg


kanmurikaituburi5605-210104-23d.jpg


kanmurikaituburi56065-210104-24d.jpg


kanmurikaituburi5610-210104-25d.jpg


kanmurikaituburi7063-210113-02d.jpg


kanmurikaituburi7067-210113-04d.jpg


kanmurikaituburi7069-210113-06d.jpg


kanmurikaituburi7132-210113-18d.jpg


kanmurikaituburi7140-210113-20d.jpg


kanmurikaituburi7470-210113-37d_01.jpg


kanmurikaituburi7471-210113-38d.jpg


kanmurikaituburi7187-210113-21d.jpg
  1. 2021/01/14(木) 10:06:01|
  2. カンムリカイツブリ

忘れてた、

夕飯の後、暮れの大掃除で仕残した電気ポットの汚れが気になってクエン酸を振り込んでお湯を沸かしておきました。

寝る前、のどが渇いてお湯を一杯、、、ヴェーーー、、忘れてた、

ハシビロガモ  お濠で見つけられず気になっていましたが多摩川で会えた、
hasibirogamo5746-210104-13d.jpg


hasibirogamo5718-210104-11d.jpg


hasibirogamo5705-210104-06d.jpg


hasibirogamo5693-210104-03d.jpg
  1. 2021/01/13(水) 09:45:50|
  2. ハシビロガモ
次のページ