FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

これも捨てられない、か、

携帯電話の電池がすぐになくなるので電池を交換しに行ったら、機種が古くてサポートしていないということで、それなら機種を新しくしようとしたら、二年後には電波が使えなくなるとのこと。

めんどくさそうに対応する店員の態度に少しムッとしながら、この際携帯電話をやめてしまおうと決めて店を出る。

でも寝ながらよく考えると、やめてしまうのも周りへの連絡とかめんどくさそう、思い直して出直すことに。

事情を話して説明を受けると、スマートフォンか4G何とかという機種に変更するしかないようでしたが、今日の店員、分かり易く親切、今までの使用状況を調べ、通話も無料通話の範囲内だし、メールもインターネットも使用していないので、機種を変えても一番安いコースで大丈夫とのこと、4G何とかなら使い方もほとんど変わらないので、と勧められる。

電話機は買わなければならないそうでしたが、割引、今までのポイント、クーポンなどで補填すると、900円、です、月々の使用料は保険を込めて、1500円、ちょっと、今までの使用料より500円ほど安くなった。

こんなんならもっと早く新しくしておけば良かった。(安くなる変更の案内は絶対来ないよね)

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi2699-191121-13.jpg


kanmurikaituburi2749-191121-25.jpg


kanmurikaituburi2766-191121-29.jpg


ハジロカイツブリ
hajirokaituburi2589-191121-12.jpg


hajirokaituburi2607-191121-13.jpg


hajirokaituburi2681-191121-20.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/11/27(水) 21:51:19|
  2. カンムリカイツブリ

多摩川の堰、

先日の大水で影響があったのではと近づくのを遠慮していたのですが、近くに用事が出来たのでついでに覗いてみました。

河原は、堰の周りの手すりが流されていたり、土手の犬走は蛇篭がむき出しになっていたり、こんな高さまで水が来たのかと思わせるように枯れ葦のごみが残っていたり、近くの人たちは大変だったろうと改めて思います。

カンムリカイツブリは今年も来てくれていました、堰から上流、堰の近くに9羽、鉄橋の付近に3羽、対岸近くに2羽と数えることが出来ました。

堰近くの群れはほとんど寝ています、寝ながら気配を感じて遠ざかります、遠くの子たち何度も潜水を繰り返しています。

次の日、対岸に回ってみました、思っていたほどこちら側へは来てくれません、対岸を見ると羽ばたいたり飛び回ったりと賑やかです、対岸へ戻るには鉄橋の向こうの橋まで回らなければいけません、この日は諦めです。

三日目、光線の具合を考え朝早く、重たいレンズを持ち出して東京側で挑戦です、やはりこちら側では寝てばかりです、しかも太陽は時々雲に隠れてしまいます、油断して薄着だったので陰ると風が身に沁みます。

久しぶりに持ち出した大きなレンズ、体力的にもうきついです。

今季も春まで楽しく通う場所が出来ました。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi9769-191107-01.jpg


kanmurikaituburi9964-191108-12.jpg


kanmurikaituburi0148-191109-16.jpg


kanmurikaituburi0268-191109-27.jpg


kanmurikaituburi0454-191109-48.jpg


kanmurikaituburi0445-191109-44.jpg


kanmurikaituburi0582-191109-58.jpg


kanmurikaituburi0595-191109-60.jpg
  1. 2019/11/10(日) 18:31:01|
  2. カンムリカイツブリ

気になります、

いついなくなってしまうかと気になって、ついつい足が向いてしまいます、

楽しみにしていた求愛、というか、愛を確かめるような踊りも見ることが出来ました、

群れの中から静かに2羽が離れます、寄り添うように、、そして踊りは始まります、

チョウゲンボウのような直接的なポーズではないだけに余計色っぽく艶めかしく感じます。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi0489-190325-36d.jpg


kanmurikaituburi0482-190325-34d.jpg


kanmurikaituburi0257-190325-11d.jpg


kanmurikaituburi0264-190325-12d.jpg


kanmurikaituburi0215-190325-07d.jpg


kanmurikaituburi0226-190325-08d.jpg


kanmurikaituburi0413-190325-23d.jpg


kanmurikaituburi0414-190325-24d.jpg
  1. 2019/03/25(月) 21:38:57|
  2. カンムリカイツブリ

旅立ちに、たくましくなって、

多摩川中流の堰、堰の周りでは大きな工事が続き、カンムリカイツブリの越冬は難しいかと心配でしたが、どうやら春を迎えられそうです。

冬羽は夏羽へと換り、艶めかしかった嘴の色も黒くたくましく光っています、何度見に行っても飽きません。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi9502-190318-38.jpg


kanmurikaituburi9569-190318-47.jpg


kanmurikaituburi9461-190318-26.jpg


kanmurikaituburi9459-190318-24.jpg


kanmurikaituburi9333-190318-04.jpg


kanmurikaituburi9163-190314-24d.jpg


kanmurikaituburi9073-190314-11d.jpg
  1. 2019/03/18(月) 21:31:59|
  2. カンムリカイツブリ

年の初めは大好きなこの子達、

今年最初は多摩川のカンムリカイツブリ、堰の上で13羽がのんびりしています、そんな中、微妙な動きを始めた2羽、求愛のダンス?

カンムリ羽を逆立て、首を伸ばしたり反らせたり、絡まり合って良い雰囲気、と言うところへもう1羽、せっかくだったのに。

お邪魔虫は追い立てられてここまでです。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi6813-190104-03.jpg


kanmurikaituburi6817-190104-05d.jpg


水に潜り、水草を咥えてかざします、
kanmurikaituburi6826-190104-07d.jpg


kanmurikaituburi6832-190104-09d.jpg


kanmurikaituburi6850-190104-13d.jpg
  1. 2019/01/04(金) 19:26:48|
  2. カンムリカイツブリ
次のページ