FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

一年ぶり、

一年ぶりの平磯海岸、防波堤が嵩上げされていてちょっとびっくり。

シノリガモは遠い波間で活動中、岩場に集まる姿を見たかったのに、、、磯崎寄りの岩場をいくつか覗いて漁港に戻る。

漁港の堤防でのんびりする、内側にヨシガモ、ヒドリガモ、外側にはウミウ、ウミアイサ、シノリガモ、カンムリカイツブリ、みんな近くには来てくれない、カルガモの群れも荒海に揺れている。

帰りは那珂湊まで海岸線を歩いてみる、那珂湊の漁港は観光客でいっぱい、海鮮市場、食堂が並ぶ、さっきおにぎり食わなきゃよかった。

ここから駅までの街中を歩く1kmが結構長い。

シノリガモ
sinorigamo2689-190128-09d.jpg


sinorigamo2739-190128-12d.jpg


sinorigamo2791-190128-50d.jpg


sinorigamo2828-190128-57d.jpg


sinorigamo2892-190128-67d.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/01/31(木) 15:49:28|
  2. シノリガモ

旅行気分は、

福島の方のブログでシノリガモの記事を拝見して、見たくなりました。

車を使っていたころは千葉の九十九里、一宮や飯岡へ行っていたのですが、この方面、電車で行くのは大変そう。

どうやら常磐線ならシノリガモのいそうな海へ連れて行ってくれそう、福島の海は遠すぎるけど茨城ならどうだろう。

地図を見ると太平洋岸に出るのは水戸から先、那珂湊あたりで駅から海まで歩けそうなところで平磯、阿字ヶ浦がよさそう。

特急ひたち3号に柏で乗り、勝田でひたちなか海浜線に乗り換えるつもりが、久しぶりの遠出に寝られない、そのまま早めに家を出たが早すぎた。

柏駅で、特急まで30分近くあり、乗ってきた車両は勝田行、到着時間は20分遅いだけ、そのまま各駅停車で行くことに。

常磐線で旅行気分が味わえると思っていたが普通の通勤通学電車、我孫子、取手は千代田線直通だし、手賀沼、牛久沼、霞ケ浦も建物に隠れて良く見えない。

土浦を過ぎてようやく見える蓮田に水鳥やシギを探すが見えるはずもない。

水戸で乗り換えを怠り15分のロス、久し振りで臨機応変の対応が出来ません。

最初に海が見えた平磯で降りる、小さな漁港から探鳥を開始、風はないけど波が高い。

防波堤は波がかぶって近づけない、沖のほうにヒメウ、ウミアイサ、そして目当てのシノリガモ、双眼鏡が戻ってよかった。

平磯の海岸は道路に沿って防波堤が続きテトラポットの先に砂浜と岩場が並び砂浜は小さな入り江になってところどころで砂浜に降りられる。

この日は波が高く砂浜には降りられないので道路沿いを歩く。

砂浜に突出した岩場にカルガモ、ウミネコ、セグロカモメなどに混じってシノリガモが休んでいる、あてずっぽうに近い感じで出かけてきたのが無駄にはならなかった。

アビ、オオハム、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリなども期待していたけれど、いないのか、見つからなかったのか、出会えませんでした。

最悪一泊しなければいけないかと民宿も調べてあったけど、日帰りで十分楽しめました。

帰りはそのままホームに来た電車でのんびりと寝て帰る。

どうやら私の常磐線は3、40年前のもの、車内で食べるおにぎりもなんか場違いでした。

シノリガモ
sinorigamo6492-180118-06.jpg


sinorigamo6517-180118-10.jpg


sinorigamo6543-180118-15.jpg


sinorigamo6811-180118-38.jpg


sinorigamo6812-180118-39.jpg


sinorigamo6788-180118-32.jpg


sinorigamo6567-180118-18c.jpg


sinorigamo6859-180118-50.jpg


sinorigamo6825-180118-42.jpg
  1. 2018/01/20(土) 00:00:08|
  2. シノリガモ

三浦半島、

早起きして乗った電車、真っ白で、真ん丸な、大きな月が、ずーっとついてくる。

いつもは千葉の外海に会いに行っていたシノリガモ、今季は三浦半島野比海岸へ。

砂浜の沖に消波ブロックが並ぶところはよく似ている、多分、こんな場所が好きなんでしょう。

この日いたのは1羽だけ、午前の逆光で♂か♀かよくわからないが換羽中なのか?

潜水を繰り返しながらの異動に、野比の海岸から長沢の漁港まで付き合ってしまいました。

シノリガモ
sinorigamo0046-171205-06c.jpg


sinorigamo0023-171205-05.jpg


sinorigamo0017-171205-04.jpg
  1. 2017/12/06(水) 16:21:22|
  2. シノリガモ

勘違い、

シノリガモを探しに行ったのに見つからない、その防波堤に一羽の見慣れない水鳥が。

全体は焦げ茶色、目の後ろと前に白い斑点が有り頬も白い、カイツブリのようにせわしなく水に潜る、初めてみるような気がしてとにかく撮る。

戻って図鑑を調べると何のことはないシノリガモの雌、今まで雄の姿ばかりが頭の中にあって全く雌を見ていなかったのだ。

シノリガモ♀
sinorigamo6691-151210-06c.jpg


sinorigamo6811-151210-22c.jpg


sinorigamo6764-151210-15c.jpg


sinorigamo6926-151210-32c.jpg
  1. 2015/12/12(土) 09:43:56|
  2. シノリガモ

千葉の海岸

先日、カメラのシャッターユニットを交換してもらいました。

フィルムカメラでは想像もできないような無駄にバシャバシャとシャッターを切る使い方をしていました、少し反省する必要があるようです。

新しくなった?カメラを持って久しぶりに九十九里海岸をあちこち歩いてみました。

いつものように事前の下調べもしないで出かけるものだから晴れてはいても風が強く、波も怖いくらいに高く鳥を探すどころではありません、潮風や砂でまたカメラを修理に出さなければならなくなりそうでした。

駐車場で会ったサーファーのお兄ちゃんに、こんな日に来ても鳥は居ないよ、喜んでるのは俺たちだけ、と笑われる始末。

飯岡付近に来て、ようやく波消しブロックの陰に集まっている鳥たちを見ることができました。

遠くで波のうねりに見え隠れしているのはクロガモとビロードキンクロ、写真は無理。

カルガモに混じって、この日のお目当て、シノリガモ。

この子たちに出会えただけでも幸いでした。

シノリガモ
sinorigamo7111-130207-09.jpg


sinorigamo7116-130207-11.jpg


sinorigamo7152-130207-13.jpg
  1. 2013/02/22(金) 20:39:33|
  2. シノリガモ