FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

バスも、行っちゃった、

ムナグロと別れて、いつものコースを一回り、水路沿いの休耕田、乗馬クラブ裏、養豚場前、スタンド裏、何も見つけられません、コンビニで遅い昼食。

更にあちこち、、帰路、最初のポイントを通るとまだたくさんの人が、エリマキシギはずいぶん近くまで出てきていた、タカブシギも一瞬左側へ。

バスの時間が気になる、結局みんなが待っている、何か、は分からずじまい。

みんなの車が並んでいる農道の脇で1羽、逆光で真っ黒、どうやらタカブシギ、もう一度カメラをセット、少しづつ近づいてくるようなのでじっと待つ、が、また気付かれてしまった、方向転換で飛び立たれる。

田んぼの先を、乗るはずだったバスが通り過ぎる、30分時間が出来た。

タカブシギ
takabusigi6304-180905-28d.jpg


takabusigi6290-180905-09.jpg


takabusigi6296-180905-25d.jpg


エリマキシギ
erimakisigi6237-180905-10.jpg


erimakisigi5986-180905-01.jpg
スポンサーサイト



  1. 2018/09/10(月) 09:13:55|
  2. タカブシギ

湘南の田圃で、(3)

水路の水で帽子を濡らし、かぶります、少しは涼しくなったような気がします。

丸坊主になったおかげでこんな事も出来ます。

田園の田圃では海辺とは違った種類のシギ、チドリに出会えます。

ここにいたのはタカブシギ、一緒にいたオグロシギやトウネンののおかげで大きさの比較が出来て見分けやすくなりました。

タカブシギ
takabusigi1575-130830-02.jpg


takabusigi1872-130830-18.jpg


takabusigi1719-130830-12.jpg


takabusigi1827-130830-15.jpg


takabusigi1891-130830-21.jpg


トウネン 海で見るのとはまた違った雰囲気です。
tounen1767-130830-06.jpg


tounen1739-130830-05.jpg
  1. 2013/09/07(土) 07:27:33|
  2. タカブシギ