FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

ようやく、少しずつ、

里山のあちこちでシメの姿を見かけられるようになってきました。

高い木のてっぺんに、ぽつんとペンギンのように留まっています。

今日はようやく少しだけ近づくことが出来ました。

シメ
sime7175-121130-12c.jpg


sime7211-121130-11.jpg


sime7197-121130-08c.jpg


スポンサーサイト



  1. 2012/11/30(金) 19:50:39|
  2. シメ

残り柿、(2)

同じ所に、シロハラも来ました。

シロハラ
sirohara6999-121128-01.jpg
  1. 2012/11/30(金) 08:57:43|
  2. シロハラ

残り柿、

採り残された柿の実をツグミが食べに来ています。

いつの間にか秋も終わりです。

tugumi7009-121128-03.jpg
  1. 2012/11/28(水) 20:26:15|
  2. ツグミ

調整池で、

一見地味な感じですが、とてもお洒落です。

オカヨシガモ
okayosigamo6367-121124-18.jpg


okayosigamo6163-121124-01.jpg


okayosigamo6383-121124-19.jpg
  1. 2012/11/27(火) 21:53:59|
  2. オカヨシガモ

菜園のバラックに

曇天の早朝、誰もいない菜園のバラックにノスリが留まっていました。

ノスリ
nosuri6040-121124-12.jpg


nosuri5989-121124-07.jpg


nosuri6070-121124-15.jpg
  1. 2012/11/24(土) 22:50:47|
  2. ノスリ

来てるんですけど、

シメは毎年、里山に来るとこの木のてっぺんに留まります。

もう少し近付きたいのですがまだまだ無理、菜園の方と立ち話をしながら様子を窺います。

そのつもりでしたが、豚糞、鶏糞、牛糞と肥料の話で盛り上がり、気が付いたら見失っていました。

シメ
sime5924-121122-02.jpg
  1. 2012/11/22(木) 19:37:52|
  2. シメ

抜けるような青空、

高く、高く、抜けるような青空を、ノスリがのんびりと飛んでいました。

今日は良い天気でした。

ノスリ
nosuri5822-121120-01.jpg
  1. 2012/11/21(水) 22:47:52|
  2. ノスリ

里山の湿地で、

湿地の草藪でじっと待っていると沢山の鳥がやってきます。

シジュウカラ、メジロ、コゲラ、カワラヒワ、シメ、ウソ、アオジ、クロジ、ホオジロ、カシラダカ、スズメ、ヒヨドリ、モズ、セキレイ、ジョウビタキ。

エナガ
enaga5741-121118-02.jpg


アオジ
aoji5711-121118-01.jpg


ホオジロ
hoojiro5098-121113-01.jpg


ウソ
uso5640-121117-08.jpg


ジョウビタキ
joubitaki5538-121117-02.jpg

カシラダカ、シメ、クロジ達は、なかなか写真を撮らせてくれません。
  1. 2012/11/19(月) 07:38:16|
  2. エナガ

道草、

この子達も多く見られるようです。

県道の裏道で、道端の草の実を啄んでいました。

ベニマシコ ♀
benimasiko5331-121114-20b.jpg


ベニマシコ ♂
benimasiko5334-121114-04c.jpg


benimasiko5397-121114-31c.jpg
  1. 2012/11/16(金) 17:24:12|
  2. ベニマシコ

うそが目立ちます、

と、言っても鳥の話。

やはり今季は沢山、里に下りてきているようで、連日の出会いです。

ウソ
uso4932-121113-05.jpg


uso4947-121113-10.jpg


uso5050-121113-24.jpg


uso5280-121114-01.jpg


uso5294-121114-03.jpg


uso5305-121114-07.jpg
  1. 2012/11/14(水) 22:57:07|
  2. ウソ

ノラ、

整理できずに2週間ほどパソコンの中に残っています。

河原で会ったノラ、今までの中でも相当の面構え、耳はちぎれ、食事のあとなのか口の周りには血のあとも。

一生懸命なんだろうなあ、生きるのに。

nora3039-121030-01.jpg
  1. 2012/11/13(火) 07:41:37|
  2. 未分類

雨の降り出す前に、

もう一度ウソに出会えないかと、雨の降り出す前に潜り込みました。

笹藪の入り口にホオジロ、通り過ぎるのを待つようにじっとしています。

湿地の草藪で今度はこちらがじっとしている番、アオジがあちこちから出てきます。

向かいの木にはメジロ、シジュウカラ、エナガが通り過ぎていきます。

あ、シメ、瞬間に飛んでいってしまいました。

帰り道、いつものジョウビタキが見送ってくれます。

ホオジロ ♂
hojiro4767-121111-04.jpg


アオジ ♂
aoji4775-121111-02.jpg


ジョウビタキ ♀
joubitaki4891-121111-10.jpg
  1. 2012/11/12(月) 07:58:13|
  2. ホオジロ

何年ぶり?

谷戸のどん詰まりの湿地、長いのが恐くてなかなか入れません。

11月になってもう大丈夫だろうと行ってみました。

恐る恐る、篠竹と葛のトンネルを抜けると、突然鳥が飛び立ち、草むらに隠れました。

何羽かいるようです、幸い遠くへは行かず、草の実を食べ始めました。

ウソでした、3羽。

里山でウソに出会うのは5年ぶりくらい、今季は期待できるかも。

ウソ(アカウソ) ♂
uso4529-121109-02b.jpg


ウソ ♀
uso4537-121109-04b.jpg
  1. 2012/11/11(日) 09:18:08|
  2. ウソ

嫌われ者、

へらブナは時間を掛けて魚を寄せて釣るそうです。

寄ってきたところをカンムリカイツブリやカワウが小魚を追い散らすのでせっかくの努力が水の泡になってしまうそうです。

写真を撮っていると何度も聞かされます、そのたびに、すいませんねえ、となぜか謝ってしまいます。

中にはゴムのパチンコで石をぶつける論外な人もいるようですが。

カワウが高圧線、シガラ杭、堰上、至る所に集まっています。数え切れません。

彼らが一斉に食事をしたら?

カワウ
kawau4188-121108-02.jpg


kawau4192-121108-03.jpg
  1. 2012/11/10(土) 08:45:07|
  2. カワウ

多摩川の堰、

相模川、沈殿池とカンムリカイツブリの姿を見かけるようになり、毎年楽しみにしている多摩川中流域の堰へ出掛けました。

去年より川幅が広くなり鳥の姿を確認するのが大変です。

ものすごい数のカワウ、一斉に飛び立つと空が暗くなるようです。

コサギ、オオバンも目立ちます。

カモはヒドリガモだけのようです、川の中央にのんびり集まっています。

カイツブリは5羽がかたまって行動しています。

遠くの方で白く光っているのがカンムリカイツブリでした。

まだ1羽だけの到着です、ヒドリガモの中に混じって休んでいます。

魚を獲るのはやはり岸近くのようです、観察を始めてしばらくすると動き始めました。

しかし、今日は釣り人が多くこちらが動けません、指をくわえての1日目です。

kanmurikaituburi4304-121108-05.jpg


kanmurikaituburi4311-121108-03.jpg


kanmurikaituburi4329-121108-08.jpg


kanmurikaituburi4355-121108-12.jpg


kanmurikaituburi4367-121108-14.jpg
好きな鳥なのでどうしても写真が大きく多くなってしまいます。
  1. 2012/11/09(金) 08:28:34|
  2. カンムリカイツブリ

椋の木に、

隧道脇の椋の木にアカハラが木の実を食べに集まっていました。

私の知っているアカハラはいつも1羽、暗い地面で枯れ葉をめくっている姿です。

10羽ほどの群が賑やかに樹の中を飛び回るのを見て、ガビチョウが騒いでいると、危うく通り過ぎるところでした。

黒く熟れた実を選んで食べています。

akahara3995-121107-07.jpg


akahara4139-121107-16c.jpg


akahara4046-121107-12.jpg
  1. 2012/11/08(木) 09:34:28|
  2. アカハラ

数が増えています、

調整池では、オカヨシガモが少しづつ増えています。

食性の違いなのか散歩のおばさま達の投げるパンには全く近寄りません。

そんなよそよそしさがたまりません。

okayosigamo3632-121104-03.jpg


okayosigamo3629-121104-02.jpg


okayosigamo3649-121104-09.jpg
  1. 2012/11/07(水) 07:13:13|
  2. オカヨシガモ

頂き物で、

秋の味覚、サツマイモを頂きました。

電子レンジでチンしてから急に思い立ち、そのまま食べてはもったいないとスイートポテトを作りだす。

水切りざるで裏ごしし、バター、牛乳、砂糖を加え、形を整え銀紙に乗せ、卵を塗ってオーブンへ。

テーブルの上はゴチャゴチャ、水切りざるはベコベコ、簡単かなと思っていたけど結構大変。

オーブンの使い方を間違えたらしく、設定温度250度に達した時にはすでに焦げ過ぎ?

見た目よりは良い出来、甘さ控えめ、中はしっとりとした感じ、シナモンパウダーも悪くない。

秋の午後の暇つぶし。

スイートポテト3665-121104-02


  1. 2012/11/05(月) 18:26:49|
  2. 未分類

どちらが、

ミサゴに比べ、ジーッと待ってるアオサギと、どっちがお腹いっぱいになるのか、ふと考えてしまいました。

もっともミサゴだって無闇やたらと飛び込んでいるわけでもないだろうし、アオサギだって無精を決め込んでいるわけでもないないだろう。

振り返って、ただ、鳥の来るのを何時間も同じところで無駄話をしながら待つ気にはなれない。

アオサギ
aosagi3533-121102-02.jpg
  1. 2012/11/04(日) 10:01:55|
  2. アオサギ

思いがけずに、

調整池にオカヨシガモが到着しました、去年もほぼ同じ頃に来ています。

それならば他の場所はどうかと思い立ち、相模川に様子を見に行きました。

毎年ヨシガモを見る堰ではマガモだけ、遠くに1羽だけカンムリカイツブリが来ていました。

写真を撮ろうと準備をしていると、少し離れた堰の落ち込みに水しぶき、突然ミサゴが飛び込みました。

傍にいたアオサギが慌てて飛び上がります、カメラはまだ鞄の中。

ミサゴは2度ほど飛び込みを繰り返し、獲物を捕らえて去っていきました。

カンムリカイツブリは更に遠くになってしまいました。

マガモもどうでも良くなってしまい、待つこと15分、満を侍したつもりがいざとなると思うようにいきません。

ホント、逃がした魚は大きかった。

ミサゴ
misago3491-121102-01c.jpg


misago3514-121102-10c.jpg


misago3504-121102-03c.jpg


misago3560-121102-15c.jpg

  1. 2012/11/03(土) 08:16:02|
  2. ミサゴ

人を見ています、

彼らはよく見ています、働く人とそうでない人を。

農作業をしている人がいても小鳥たちは平気で畑に降りてきます。

それを見ようと私が近づくとサッと逃げてしまいます。

ためにならない人間を良く見分けているんです。

早くあっちへ行け、という風で、笹藪に隠れています。

ホオジロ ♂
hoojiro3279-121031-01.jpg


アオジ ♂
aoji3315-121031-01.jpg


ジョウビタキ ♂
joubitaki3302-121031-02.jpg


モズ ♀   彼女は領域にライバル出現で、それどころではないようでした。
mozu3251-121031-01.jpg
  1. 2012/11/02(金) 08:05:38|
  2. 未分類