FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

良い年をお迎えください。

サボりまくっていた部屋の掃除も片づけたことにして、何とか年を越せそうです。

あとは尾張屋で年越し蕎麦の鴨蒸籠を食べるだけです。

ブログのことでは突然止めてしまったり、また再開したりとお騒がせいたしました。

これからも、とりあえずどうやら生きている、という印として続けていきたいと思います。

どうもありがとうございました。

寒さの中、風邪など召されませんよう、どうぞ良いお年をお迎えください。

ルリビタキ
ruribitaki2577-121229-19c.jpg


ruribitaki2798-121229-18.jpg
スポンサーサイト



  1. 2012/12/30(日) 19:12:28|
  2. 未分類

掃除をサボって、

部屋の掃除が残っているのですが、窓の外には日が差してきました。

どうしてもルリビタキのことが気になって、まだ2日あるからと掃除はあと回し。

さすがに菜園には誰もいません、先日落ち葉を掃いた所にはシジュウカラが来ています。

勝手に熊手を持ち出して落ち葉をカサカサ掻いてやります。

気が付くといつの間にか後ろの方でルリビタキが地面に降りて虫を探していました。

ルリビタキ
ruribitaki2595-121229-20c.jpg


ruribitaki2669-121229-06.jpg


ruribitaki2756-121229-14.jpg
  1. 2012/12/29(土) 21:28:45|
  2. ルリビタキ

落ち葉掻き、

里山の菜園にルリビタキが来ています。

昨日、菜園では横の林で落ち葉を集めるために人が集まっていました。

早速、私も作業を手伝わせて貰うことに。

1時間ほど汗をかきながら落ち葉を集め、一段落したところで休憩をしているとすぐに小鳥がやってきています。

シジュウカラ、そしてお目当てのルリビタキ、でも菜園の子ではないようです。

これから当分はルリビタキのために落ち葉掻きの手伝いを楽しみます。

ルリビタキ 若い♂  菜園のルリビタキは畑の中にいました。
ruribitaki2528-121227-02.jpg


ruribitaki2539-121227-03.jpg


ruribitaki2573-121227-07.jpg
  1. 2012/12/28(金) 22:09:11|
  2. ルリビタキ

常連、

公園を歩くと、決まって常連と称する輩が鳥の出そうなところに屯している。

あれは何だろうか、自分はそうなっていないか、彼らを見るたび考える。

最近は耳が遠くなったのを幸い、声を掛けられても聞こえない振りをして通り過ぎる。

結果、鳥の居そうもないところばかりを歩くことになる。

里山の常連はこの子達。

ジョウビタキ ♂
joubitaki1837-121223-05c.jpg


ジョウビタキ ♀
joubitaki1718-121223-04c.jpg


ルリビタキ ♀
ruribitaki0597-121218-05c.jpg
  1. 2012/12/26(水) 09:17:25|
  2. ジョウビタキ

枯れ葉が落ちて、

冷たい北風の吹いたあとは、木々の枯れ葉が落ちて鳥の姿を見やすくなります。

アカゲラも、
akagera1916-121223-10c.jpg


akagera1912-121223-09.jpg


アオゲラも、
aogera2017-121224-05.jpg


aogera2010-121224-04.jpg


キクイタダキは枯れ葉がなくなってもまだ、
kikuitadaki2052-121224-04.jpg


kikuitadaki2034-121224-02.jpg
  1. 2012/12/24(月) 19:23:58|
  2. 未分類

帰り道で、

いつもの林道を歩いてきました。

去年はここにカヤクグリが、あそこでウソをとか、思い出しながら林道を歩くのはとてもワクワクします。

ベニマシコ、ウソ、ホオジロ、ジョウビタキ、ルリビタキ、シロハラ、ガビチョウと、1時間半ほど歩き、そこそこの出会いに満足し、隧道を抜けたところで引き返しました。

ジョウビタキ、ルリビタキは帰りも顔を見せてくれます、来るときよりもウソは数が増えているようです。

3分の2ほど戻ったところで3羽のベニマシコ、林道のすぐ際で食事を始めてしまいました。

それから30分以上、気が付くと辺りは暗くなりかけて、ディスクの容量も少なくなっていました。

ベニマシコ ♂
benimasiko1488-121220-04.jpg


benimasiko1604-121220-10.jpg
  1. 2012/12/22(土) 15:05:02|
  2. ベニマシコ

2年ぶりに、

車で1時間ほどの所にある小さなダム湖に2年ぶりでハギマシコが来てくれました。

湖上に張られた電線に並んでいるその数はざっと50羽、例年より多いようです。

何ともいえぬ微妙な色合いがとても美しい子達です。

ハギマシコ
hagimasiko0652-121220-18c.jpg


hagimasiko0723-121220-09.jpg


hagimasiko0756c.jpg
  1. 2012/12/21(金) 09:15:21|
  2. ハギマシコ

コツコツ、コツコツ、

林の中でコツコツと木を啄いているのはアカゲラばかりではありません。

コツコツという音を頼りに斜面の笹藪をはいずり回ってやっと見付けるとコゲラだったりします。

一番小さい割りに啄く音は一番大きいんじゃないかと勝手に思っています。

ビービーと鳴きながらあちこち動き、コツコツコツコツと、全く見ていて飽きません。

コゲラ ♂
kogera0225-121216-01.jpg


kogera0277-121216-03.jpg
  1. 2012/12/18(火) 20:36:32|
  2. コゲラ

世間が気になって、

笹藪に籠もってばかりでも世間の様子が気になります。

今年はあちこちの公園にキクイタダキが来ているということですが、近くの公園でも来ているとのこと。

人の屯しているところを避けながら公園を歩き、モミジに集まるシジュウカラ、メジロの中に混じっているのを見付けることが出来ました。

モミジの赤い色の中で、黄色い頭を撮るのは難しいです。

キクイタダキ
kikuitadaki0387-121216-01.jpg


kikuitadaki0507-121216-10.jpg
  1. 2012/12/16(日) 19:57:18|
  2. キクイタダキ

ノラ、

大分前に出会った野良猫の写真、ずーっとホルダーに残っていました。

この子、じっとしてはいたのですが、全く目を合わせてくれず、こちらを無視したままでした。

nora6469-121126-02.jpg
  1. 2012/12/15(土) 17:13:50|
  2. 未分類

1ヶ月ぶりに、

1ヶ月ぶりにカンムリカイツブリの様子を見に行ってきました。

朝、洗濯をするつもりでしたが、暖かそうなよい天気なので、これなら河原も寒くはないだろうと思ったのですがそんなに甘くはありませんでした。

川を渡って吹いてくる風は冷たくて指の先がじんじんします。

カンムリカイツブリは5羽になっていました。

朝食の時間は終わったのか餌を追う様子はありません。

風のおかげか、下流に流されては上流に飛び立つ、という動きを何度か見せてくれました。

今日は近くには来てくれませんでしたので、あの艶めかしいくちばしはお預けです。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi0103-121213-39.jpg


kanmurikaituburi0003-121213-14c.jpg


kanmurikaituburi0021-121213-22c.jpg


kanmurikaituburi9935-121213-03c.jpg


kanmurikaituburi9928-121213-02c.jpg
  1. 2012/12/14(金) 09:25:05|
  2. カンムリカイツブリ

やっと交換しました。

早くタイヤを冬用に交換しなければと思いながらも億劫で延び延びになっていました。

自宅からタイヤを運び出すだけで一苦労です、あと、交換したタイヤを運び込む仕事が残っています。

1日1本、4日で何とかなるか?

里山で笹藪に潜ってばかりいると、久しぶりに公園を歩いても人に出会うのが億劫でいけません、早々に退散です。

気が付くとなにをするにも億劫になっているようです。

アカゲラ♂
akagera9663-121211-20c.jpg


  1. 2012/12/13(木) 08:55:12|
  2. 未分類

里山の湿地、

里山の湿地、鳥がどんどん増えています。

アオジ ♂
aoji9198-121209-01.jpg


ホオジロ ♂
hoojiro9029-121208-01.jpg


カシラダカ
kasiradaka8652-121207-03.jpg


コゲラ ♂
kogera9133-121208-02.jpg


シメ ♂
sime9120-121208-02c.jpg


ちょっとだけ姿を見せた、カケス
kakesu9224-121209-02.jpg
  1. 2012/12/11(火) 08:22:26|
  2. 未分類

篠竹刈り

今日の里山では来年の左義長に使う篠竹を刈る作業で忙しそうでした。

いつものように笹藪に籠もっていると、鎌を持った人たちが現れ、篠竹を刈る作業が始まりました。

突然のことで私は三脚を担いでウロウロするばかり、手伝うわけにも行かず、寒さを理由に早々に引き上げました。

幸いにも作業の始まる前にアオゲラを見ることが出来ました。

アオゲラ
aogera9595-121209-12c.jpg


aogera9541-121209-09c.jpg


aogera9615-121209-14c.jpg

  1. 2012/12/09(日) 20:10:55|
  2. アオゲラ

湿地の奥に、

湿地の奥の栗の木に、ノスリが留まってくれるようになりました。

時々菜園にフワッと降りて何かを捕まえています。

カマキリが多いようです、大きな体の割りにカマキリではかわいそうな感じです。

湿地を挟んだ斜面に登り、笹に隠れて見てました。

ノスリ
nosuri9056-121208-03.jpg


nosuri9070-121208-06.jpg


nosuri9069-121208-05.jpg
  1. 2012/12/08(土) 20:21:29|
  2. ノスリ

うれしいひととき、

ウソの鳴き真似のつもりでへたくそな口笛を吹いていたら、本当にウソが寄ってきました。

あまりに近すぎて動くことも儘ならず、カメラの焦点も合いません。

ただジーッと草の実を啄む姿を見ているだけの、幸せなうれしいひとときでした。

ウソ
uso8706-121207-10c.jpg


uso8734-121207-08c.jpg
  1. 2012/12/07(金) 21:50:52|
  2. ウソ

ようやくの再会、

アカゲラに会えました。

去年の大学農場建設で、いなくなってしまったのではと心配していましたが、大丈夫でした。

少し前から一瞬ですが何度か目にしたり、里山の調査をしている大学の方も見たという話をされていたので期待をしていました。

コツコツと言う音と、キヨッキヨッという声が近づいてきて、すぐ側の枯れ木に留まりました。

コツコツコツコツ、瞬く間に幹が削られていきます、突然もう1羽が飛び込んできました。

最初にいたのが♀、あとから来たのが♂でした。

追い出された♀も近くでコツコツやっています。

アカゲラ ♀
akagera8411-121205-30c.jpg


akagera7738-121205-01c.jpg


akagera8082-121205-09c.jpg


アカゲラ ♂
akagera8248-121205-12c.jpg


akagera8370-121205-16c.jpg
  1. 2012/12/05(水) 22:22:46|
  2. アカゲラ

賑やかになりそうな気配、

今年の冬は、里山周辺にも沢山の鳥達が飛来して、賑やかになりそうです。

ルリビタキ ♀
まだ、瑠璃色の雄には出会えませんが、ガチガチという独特の鳴き声が聞こえます。
ruribitaki7440-121202-04.jpg


ベニマシコ ♂
早くいつもの草藪に定着してほしいのですが。
benimasiko7466-121202-03c.jpg


ビンズイ
いつも気付かずに近づいて、飛ばれてしまいます。
binzui7363-121202-01.jpg


ホオジロ ♂
今年は数が多いようです。
hoojiro7230-121130-01.jpg
  1. 2012/12/04(火) 22:05:53|
  2. ルリビタキ

ボケーッと、

草藪の中でボケーッと鳥を待つ。

お陽さまを背中に感じ、ポカポカと気持ちよい。

向かいの斜面ではアオジが草のみを啄むのにいそがしい。

ガビチョウが足元でガサガサと動く。

ウグイスが笹藪を渡る。

気が付くとモズが同じようにボケーッとしている。ように見えた。

モズ ♀
mozu7290-121130-07.jpg
  1. 2012/12/02(日) 23:36:18|
  2. モズ