FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

しばらくお休みさせていただきます。

相変わらず雪の里山を歩き回っています。

すいません、パソコンのハードディスクがカタカタと音を立て始めました。

大事に至らないうちに修理に出したいと思います。

しばらくの間、更新はお休みさせていただきます。

ものの壊れる時期は不思議と重なってくるようです、カメラは使いすぎてシャッターの機構を交換する修理に出しているところですし、車の車検が今月中に迫っています。

脳天気にすべて忘れて、相変わらず雪の里山を歩き回るしかありません。

アオジ ♂
aoji9614-130120-02.jpg


ホオジロ
hoojiro9609-130120-02.jpg


ジョウビタキ ♂
joubitaki9587-130120-01.jpg


トラツグミ
toratugumi9640-130120-02.jpg


アカゲラ ♀
akagera9695-130120-09.jpg
スポンサーサイト



  1. 2013/01/21(月) 09:17:59|
  2. 未分類

雪の残る斜面に、

寒い日が続き、雪がなかなか融けません。

雪の残る斜面でルリビタキが縄張りの確保?に必死でした。

今年は♀や若い♂といわれる個体が多く、瑠璃色をした♂は久しぶりです。

ルリビタキ ♂
ruribitaki9499-130119-04.jpg


ruribitaki9506-130119-06.jpg


ruribitaki9528-130119-08.jpg
  1. 2013/01/20(日) 09:25:21|
  2. ルリビタキ

この子達も、

そして、この鳥達も。

ウグイス
uguisu3910-130105-01c.jpg


メジロ
mejiro3949-130106-02.jpg


エナガ
enaga3384-130104-01.jpg


カシラダカ
kasiradaka5087-130111-01.jpg
  1. 2013/01/19(土) 09:26:14|
  2. 未分類

ここで出会います。

雪の残る里山を歩き回るだけで精一杯で、鳥達の写真を撮る余裕がありません。

里山奥の湿地はこんな所です。

湿地9377-130117-01


ここで出会った鳥達です。

シロハラ
sirohara3783-130105-01.jpg


トラツグミ
toratugumi5120-130111-02.jpg


シメ
sime5521-130113-02.jpg
  1. 2013/01/18(金) 09:21:17|
  2. 未分類

雪の翌日、

雪の積もった里山を見たくて出掛けました。

タイヤはスタッドレスに交換してあるのですが、さすがに今度の雪は多すぎます。

車は諦めて家から約3キロを歩く事に、車道は雪もとけていましたが歩道や裏道は雪の積もったままで、日陰にはいるとがちがちのアイスバーン。

1時間近く掛けてやっと里山の入り口に到着、使っていなかった長靴はどこかに穴があいていたらしく左の足は少し濡れてきた。

大雪の日に行われるはずだったどんど焼きの行事は延期されたようで、真っ白の田圃にだるまを飾った笹の山は燃やされずに残っていました。

奥の湿地へ続く農道は足跡もなく、一歩、一歩ガサゴソと沈んで歩きにくい。

枯れ草や篠竹が雪につぶされて、普段は見えない湿地の奥までよく見えるが、鳥達の姿も見あたらないようです。

落ち葉掻きをした斜面を望むとジョウビタキらしい鳥が枯れ枝に留まっているのが見えるが近づけそうもありません。

カシラダカやアオジ、ホオジロたちは雪の積もらなかったあぜ道の草影に集まっていました。

カシラダカ
kasiradaka9353-130115-01.jpg


左義長9347-130115-01
  1. 2013/01/16(水) 20:32:05|
  2. カシラダカ

でも、

ルリビタキには強気で向かっていくジョウビタキも、モズが来るとからきしです。

モズはあまり近づいては来ませんがサッと飛び降り、虫をくわえてサッと飛び上がります。

ジョウビタキはいつもの畑へ逃げていきます。

モズがいなくなるといつの間にかルリビタキのガッガッという声が聞こえてきて目の前に姿を現してくれます。

モズ ♂
mozu5143-130111-01.jpg


mozu5492-130112-04c.jpg


mozu5484-130112-02c.jpg


ルリビタキは樫の木の奥でそっと様子を見ています。
ruribitaki5380-130112-05.jpg
  1. 2013/01/15(火) 20:52:42|
  2. モズ

彼は必死です、

菜園のこの場所はジョウビタキの縄張りなので当然なのですが、ルリビタキはそんなにゆっくりとは出来ません。

すぐにジョウビタキが追い立てに来ます、そこまでしなくても、というほど必死です。

でもジョウビタキはルリビタキを追いかけるのに忙しく、餌を探す暇はあまり無いようです。

ジョウビタキ ♂
joubitaki5191-130111-02.jpg


joubitaki5512-130112-09c.jpg


joubitaki5406-130112-02c.jpg


joubitaki5208-130111-04.jpg
  1. 2013/01/14(月) 15:52:53|
  2. ジョウビタキ

お手伝い、

菜園の脇の林では、本格的な落ち葉集めが始まりました。

山の斜面に積もった落ち葉を菜園の人たちが一斉に掻き集め、篭に詰めて畑へ運びます。

畑の脇には各々2帖位の囲いを作り運んできた枯れ葉と米糠などを混ぜながら積み重ねていきます。

2年ほどすると肥料になるそうです。

私は待ってましたとばかり、半ば強引に手伝わせて貰います。

腐りにくいものを混ぜないように、まず落ちている枯れ木や枯れ枝を取り除きます。

斜面の上の方から石や土を混ぜ込まないように熊手でカサカサ掻き集めていきます、これ全部教わったこと。

現れた地表には樫や椚の実生が元気に顔を出してきます、笹も急に伸びたような感じです。

腰まで埋まるようになると、巻き込んでしまった枯れ枝や笹などを取り除きながら斜面の下へ落としていきます。

たまりません!この音、この香り、このまま全身を枯れ葉の中に埋めて寝てしまいたい気分です。

目的はもう一つ。

もう目の前にはルリビタキが姿を現しています、カサカサ、ガッガッ、カサカサ、ガッガッ、熊手の先1m。

枯れ葉を篭に詰め始めると、早速地表に降りて虫探し、私には見えないのですが沢山いるらしい。

ムカデのような虫を見付けたときは、何度もつついては放り投げ、つついては放り投げを繰り返していました。

枯れ葉を畑へ運んでいく間に、私はカメラを構えます。

さすがにカメラは嫌いなようで作業中のようにはいきません。

寄ってくるのはルリビタキだけではありません。

ルリビタキ ♀
ruribitaki5272-130111-09.jpg


ruribitaki4970-130110-03.jpg


ruribitaki5283-130111-12.jpg


ruribitaki5354-130112-02.jpg


ruribitaki5433-130112-06c.jpg
  1. 2013/01/13(日) 09:30:22|
  2. ルリビタキ

速い!

この子との出会いはいつも突然です。

林道を歩いているとシジュウカラ、ヒガラ、コゲラの混群、目の前の木でチョコチョコ動くのは?

一瞬の間???、あっキバシリ。

慌ててカメラを向けるがなかなか追いつかない、名前の通り木の幹をくるくる回りながらものすごい早さで登っていく。

随分シャッターを押したのに写っていたのはこれだけ、肉眼で見ていた方がもっと詳しく見られたのに。

まだまだ見ているだけで楽しめる心境にはなっていない。

キバシリ
kibasiri4684-130109-02b.jpg


kibasiri4688-130109-06c.jpg


kibasiri4695-130109-03.jpg
  1. 2013/01/12(土) 10:02:17|
  2. キバシリ

山梨の林道へ、

毎年出掛けている山梨の林道へオオマシコを見に行ってきました。

いつもはもう少し早い時期に出掛けているのですが、今年は高速道路のトンネル事故の影響を考え控えていました。

ただ、去年は出会えなかったので是非会いたいと、遅ればせながらの林道行きです。

オオマシコ
oomasiko4835-130109-14c.jpg


oomasiko4785-130109-24c.jpg

今回林道を歩いてみて、少し暗く憂鬱になってしまいました。

こうやってブログに写真を載せることを含め、私たちが野鳥を楽しむ行為がどれだけ自然の鳥達に影響を与えているか、大いに考える必要がありそうです。
  1. 2013/01/11(金) 08:06:03|
  2. オオマシコ

戻っていました、

ここのところ見かけなかった里山のノスリが谷戸の畑に戻っていました。

向こうはとっくに気が付いていたのでしょう、カメラを向けるとすぐに飛び去ってしまいました。

ノスリ
nosuri4060-130108-01.jpg


nosuri4061-130108-02.jpg


nosuri4062-130108-03.jpg


突き当たりの湿地でベニマシコを見ていると奥の杉の木にノスリが留まりました、向こうから来たときはこちらを見付けても平然としています。

すると今度はカラスが攻撃を仕掛けます、何度か無視をしていたのですが、めんどくさくなったのかまた行ってしまいました。

nosuri4116-130108-06.jpg


nosuri4117-130108-07.jpg


nosuri4125-130108-08.jpg


nosuri4126-130108-09.jpg
  1. 2013/01/10(木) 09:15:21|
  2. ノスリ

穴をあけ放題、

見通しの良い林の中でアオゲラがコツコツ、コツコツ。

あちこち穴をあけ放題でした。

アオゲラ ♂
aogera4202-130108-02.jpg


aogera4376-130108-08.jpg


aogera4494-130108-16.jpg


aogera4428-130108-10.jpg


aogera4458-130108-13.jpg
  1. 2013/01/08(火) 18:56:13|
  2. アオゲラ

里山のベニマシコ

里山のベニマシコ、奥の湿地が気に入ったようです。

日曜日の里山は地域の人達が集まって働くことが多いようです。

今日もどんど焼きの準備で忙しそうでした。

ベニマシコは藪の中で草の実を啄んでいてなかなか姿を見せてくれません。

やっと枯れ草の上に出てくれました。

ベニマシコ
benimasiko4009-130106-03.jpg


benimasiko4000-130106-02.jpg


benimasiko4020-130106-05.jpg
  1. 2013/01/06(日) 20:27:30|
  2. ベニマシコ

黄色、

何となく黄色い鳥が続きます、2年ぶりに出会ったミヤマホオジロ。

ミヤマホオジロ ♂
miyamahoojiro3673-130104-10.jpg


miyamahoojiro3748-130104-34c.jpg


miyamahoojiro3734-130104-30c.jpg
  1. 2013/01/04(金) 19:57:58|
  2. ミヤマホオジロ

混群、

シジュウカラ、エナガの群がザワザワと近寄ってきたら要注意です。

その中にキクイタダキが混じっています、ひときわ小さい身体で、細かい枝の中をすばしこく動き回ります。

特徴である頭の黄色いカンムリをなかなか見せてくれません。

キクイタダキ
kikuitadaki3102-130102-02.jpg


kikuitadaki3103-130102-03.jpg


kikuitadaki3104-130102-04.jpg

カメラの連写機能もとりあえず無事のようです。
  1. 2013/01/03(木) 20:19:01|
  2. キクイタダキ

正月早々、

お正月もお餅を食べたらあとはする事もなく、いつもの里山を歩く。

入り口の汁守神社は初詣の人たちで思いの外賑わっている。

氏子でない私はそのまま素通り。

落ち葉掻きをした林はシジュウカラだけ、ルリビタキは鳴き声もなし。

奥の湿地はシメ、アオジ、ホオジロ達。モズ、ジョウビタキは相変わらずあちこちと忙しい。

草の上に突然顔を出したのはベニマシコの♀、どきどきしながら♂を待つが出てこない。

一昨年もベニマシコに会ったのはお正月、いつの間にか来ていたのだ。

里山の自然を調査している大学の女性と出会い新年の挨拶。

お腹が空いたので戻る道、いつもの畑にいつものキセキレイ、中途半端に三脚を立て、写真を撮る。

そこへ、いつも土曜日に息子さんを連れて弁当を食べに来る家族、慌ててお父さんと新年の挨拶。

までは良かった、三脚とカメラを一瞬忘れた、ガタン、バサン、ポチャ。

振り向くと三脚とカメラは水路のフェンスを乗り越えて真っ逆様に水路へ落ちていた。

慌ててフェンスを乗り越えてカメラを拾ってくれたのはお父さん、私はなにが起きたか良く判らない。

幸い冬で水路の水は深くない、落ち方が良かったのかレンズもカメラも雲台も、ちょっと濡れただけで見た目は何ともない。

お父さんに恐縮されて全くこちらが申し訳ない始末。

電池パックにちょっとかすり傷が付いた程度、水を拭き取り恐る恐る電源を入れる、シャッターも動く、モニターも大丈夫。

ただ、電池の減りが急に早くなったような気がするので、早々に点検に出す必要がありそう。

神社の素通りが良くなかったかなあ。

今年も色々ありそうです。

キセキレイ
                kisekirei2902-130101-01.jpg

ベニマシコ ♀
benimasiko2887-130101-02.jpg


ベニマシコ ♂ 今日は♂が来ていました。
benimasiko2943-130102-02.jpg


                benimasiko2967-130102-07.jpg



  1. 2013/01/02(水) 20:11:23|
  2. ベニマシコ

おめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

benimasiko2013nenga.jpg
  1. 2013/01/01(火) 09:11:56|
  2. 未分類