FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

鳥を撮れないので、

鳥の姿が減ってしまうこの時期はいつも苦労します。

里山を歩いても、あぜ道の草花や、畑を飛び回る蝶達にカメラを向けて気を紛らわせています。

モズとも仲良くなり損ねたようで相手にしてもらえません。

地面ばかり見ていると突然トカゲがチョロチョロと出てきたり、何とも悩ましいこの頃です。

花や蝶の名前を調べるのが楽しくなりました、どんなものにも必ず名前があるのに改めて感心します。

ベニシジミ
benisijimi3083-130329-02.jpg


キタテハ
kitateha3042-130329-01.jpg


モンキチョウ
monnkityou3077-130329-01.jpg


ムラサキサギゴケ
murasakisagigoke3043-130329-02.jpg


キジムシロ
kijimusiro3065-130329-01.jpg


ホトケノザ
hotokenoza3012-130326-01.jpg
スポンサーサイト



  1. 2013/03/30(土) 13:41:28|
  2. 未分類

暖かくなると、

暖かくなると、だんだん出てきます、チョウゲンボウの獲物もこれが目立ちます。

チョウゲンボウ ♀
tyougenbou2753-130321-03c.jpg
  1. 2013/03/29(金) 08:09:36|
  2. チョウゲンボウ

つくしんぼ、

風の寒い1日でした、鳥の姿が見えない里山でつくしんぼ。

昔、祖母とつくしを摘んだことがありましたが食べるまでが大変だった記憶があります。

だから摘むのは遠慮しときます。

tukusi2993-130326-03.jpg


菜の花、つぼみのうちをつまんでさっと湯がき芥子味噌であえて頂く、これは旨い、先日はどんぶり一杯平らげてしまった。

nanohana3023-130326-01.jpg


モンシロチョウ
monsirotyou3010-130326-01.jpg


ルリタテハ
ruritateha2977-130326-01.jpg


  1. 2013/03/26(火) 20:00:06|
  2. 未分類

桃の花に、

満開の桃の花に見とれて、何か鳥が来てくれないかと待ってみると、シジュウカラ。

毎年同じ事をしています。

シジュウカラ
sijuukara2925-130322-03c.jpg


sijuukara2784-130321-08c.jpg


sijuukara2780-130321-02cb.jpg


sijuukara2814-130321-07c.jpg
  1. 2013/03/24(日) 10:45:01|
  2. シジュウカラ

まだいました、

チョウゲンボウを見に行った谷戸の公園に、ジョウビタキがまだいました。

そういえばここの子はいつもシーズン最後までつきあってくれています。

チョウゲンボウを待つ人達はあまり関心を示しません。

ジョウビタキ 花の終わった梅の木に、
joubitaki2658-130321-11.jpg


サンシュユの花はよく似合う、
joubitaki2645-130321-10.jpg


桜はまだつぼみが多くて、
joubitaki2688-130321-14.jpg

  1. 2013/03/23(土) 09:11:38|
  2. ジョウビタキ

求愛のダンス、

それは突然始まりました。

いつものような水しぶきをあげてぐるぐる回る激しい感じではなく、冠羽をふくらませ、首を上下し絡ませるように寄り添い見つめ合う、とても官能的なダンスでした。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi2277-130319-15.jpg


kanmurikaituburi2227-130319-05b.jpg


kanmurikaituburi2228-130319-06b.jpg


kanmurikaituburi2250-130319-11.jpg


kanmurikaituburi2256-130319-12.jpg


kanmurikaituburi2264-130319-13.jpg
  1. 2013/03/20(水) 12:28:48|
  2. カンムリカイツブリ

テングチョウ

暖かさが増すにつれて里山の鳥たちもめっきり少なくなってきました。

鳴いているのはガビチョウとコジュケイくらい、姿は見せてくれません。

カメラを担いで歩いているとなんか撮りたくなります、花、草、虫。

田圃の畦で名前も知らない蝶々がひなたぼっこをしていました、蛾かも?

戻ってから調べてみるとテングチョウと言うチョウでした。

インターネットって何でも教えてくれます、こちらが信じてしまえば。

テングチョウ
tengutyou2108-130317-01.jpg


ノカンゾウ 菜園での話、食べられるそうです。
nokanzou2044-130315-01.jpg


タンポポ 望遠レンズでは難しい。
tanpopo2117-130317-01.jpg


タチツボスミレ
sumire2051-130315-01.jpg
  1. 2013/03/19(火) 08:54:27|
  2. 未分類

旅立ちの季節、

この冬、里山で私を楽しませてくれた鳥たちも、旅立ちを始めています。

強い南風が吹く度に。

秋の再会を楽しみにしています。

ベニマシコ
              benimasiko1520-130306-04c.jpg


ルリビタキ
              ruribitaki0728-130303-02b.jpg


ジョウビタキ
              joubitaki0393-130224-05.jpg
  1. 2013/03/16(土) 12:35:25|
  2. 未分類

咲きました、

暖かい日が続き、春蘭の花が咲きました。

誰にも知られることもなく、静かに、気高く咲いている姿に感動しています。

春蘭
syunran1889-130313-01.jpg


syunran1999-130313-03.jpg


落ち葉掻きをした斜面には可憐な花がたくさん咲き始めました。

スミレ
sumire1981-130313-03.jpg


sumire1987-130313-04.jpg


ボケ
boke1966-130313-03.jpg


オオイヌノフグリ
ooinunohuguri2026-130313-01.jpg


フキ 今年も蕗の薹はここから頂きました。
hiki2032-130313-01.jpg
  1. 2013/03/13(水) 22:15:03|
  2. 未分類

とてもセンスが良い、

いつもは警戒心の強いシメも今頃になると、樹木に囲まれた、公園やグラウンドの芝生に集まっていて、近くで楽しませてくれます。

特に今年は数が多いようです。

肌色から濃茶のグラデーション、黒から濃紺に変わる羽の色使い、こんなにセンスの良い鳥はそうそう居ないと思います。

ただ、ずんぐりした体型、大きなくちばし、金色に光るぎょろ目、ホント不細工。

この違和感が好きです。

シメ
sime0124-130224-01.jpg


sime0298-130224-08.jpg


sime0299-130224-09.jpg
  1. 2013/03/12(火) 21:10:14|
  2. シメ

成長しました、

赤い羽毛に覆われたバンの雛、10ヶ月たって立派に成長しています。

くちばしと鼻の部分が赤くなり、バンだとわかります。

兄弟達は親と同じ姿になって、もう見分けがつきません。

バン
ban1646-130307-06b.jpg


ban1647-130307-07.jpg


ban1635-130307-03.jpg


ban1604-130307-01.jpg
  1. 2013/03/11(月) 14:48:56|
  2. バン

雑木林

里山、菜園の周りの雑木林の掃除をほんの少しお手伝い、と言うより林の中でガサゴソすると鳥たちが来てくれるのではとの下心。

50年ほど前はこのあたりでも雑木を利用して炭や薪を近隣の町へ出していたそうですが、ニュータウンが出来る頃にはすっかり無くなってしまったそうです。

雑木林は10年ぐらいの単位で伐採されて、適度な大きさで畑の風よけや保温にも役立っていたのですが、手入れをされなくなった雑木林は大きくなりすぎて利用価値は無くなり、かえって日当たりや風通しを悪くするようです。

篠竹の蔓延った林の中では大きく育った樹木のそばで、ほとんど枯れかかった樹木が目立ちます。

最近ではちょっと強い風が吹くとすぐに折れたり倒れたりする樹も出ています。

どうやらアカゲラやアオゲラが多くなったのもこんなところに理由があったのかも。

隣接する大学の農場では少しずつ時間をかけて再生を試みていくらしいし、市が買い上げたところなどはボランティア団体などの協力で手入れを始めてくれてます。

しかし、個人のところはそうはいきません、簡単に里山を残そうと叫んでも難しいようです。

春蘭
ガサゴソすると鳥が来てくれるだけではありません、枯れ葉を片づけた地表に春蘭のつぼみを見つけました。
花の咲くのが楽しみです。
syunran0433-130228-01c.jpg


syunran0439-130228-02c.jpg
  1. 2013/03/10(日) 10:03:56|
  2. 未分類

好きなので、

好きなのでもう少し。

ようやくの暖かい日差しを背中に浴びて、河原に座って眺めています。

ねむたーくなりながら、

あのくちばし、井川遥みたい。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi1385-130305-55b.jpg


kanmurikaituburi1466-130305-51.jpg


kanmurikaituburi1400-130305-37.jpg


kanmurikaituburi1406-130305-38.jpg


kanmurikaituburi0835-130305-07.jpg


kanmurikaituburi1445-130305-46.jpg
  1. 2013/03/09(土) 08:58:23|
  2. カンムリカイツブリ

こちらも、

暖かくなってそろそろと、いつものカンムリカイツブリに会いに行って来ました。

川に出ると、堰の上流は浚渫工事が相変わらず続いていました。

これではカンムリカイツブリはいなくなってしまったか、と心配しましたが何のその、堰の近くで6羽がのんびりと浮かんでいました。

頭の色も濃くなり、首の回りもふさふさとして、すっかり夏羽に変わっています。

もうカップルができているのか、何となく2羽ずつで泳いでいるように感じます。

これなら求愛のダンスをしてくれるのでは、と期待したのですが、そんな雰囲気にはなってもダンスは見せてはくれませんでした。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi1221-130305-27.jpg


kanmurikaituburi1474-130305-53.jpg


kanmurikaituburi0774-130305-04.jpg


kanmurikaituburi1420-130305-40.jpg


kanmurikaituburi1241-130305-31.jpg


kanmurikaituburi1428-130305-42.jpg
  1. 2013/03/08(金) 21:31:24|
  2. カンムリカイツブリ

恋の予感?

里山のモズ、そろそろ恋の季節になって来たのか。

この場所は♀の領域、いつもなら激しく追い立てているところ。

この日は何となく甘い雰囲気でした。

モズ
mozu0426-130228-02c.jpg


mozu0442-130228-05c.jpg


mozu0453-130228-09c.jpg
  1. 2013/03/08(金) 12:13:41|
  2. モズ

お先に、

今年の桜の開花日はいつなのか、良く知りませんが、お先に、とばかりに花芽を啄んでいます。

ウソ
uso8822-130217-01.jpg


uso8849-130217-04.jpg


uso8864-130217-07.jpg


uso8842-130217-03b.jpg
  1. 2013/03/07(木) 20:00:46|
  2. ウソ

良く出会います、

今年はあちこちに来ているようです、こんな風に毎年見ることができたらうれしいのですが。

ミヤマホオジロ ♂
miyamahoojiro9298-130222-02.jpg


miyamahoojiro9569-130222-22.jpg


miyamahoojiro9625-130222-25.jpg


ミヤマホオジロ ♀
miyamahoojiro9608-130222-24.jpg


miyamahoojiro9400-130222-06.jpg
  1. 2013/03/06(水) 17:13:21|
  2. ミヤマホオジロ

今年もどうやら見られました、

毎年、近くのお寺に来てくれるのですが今年は来なかったようで諦めていました。

日野の公園に来ていると誘われてお供させていただきました。

今年もどうやら会うことができました。

ヒレンジャク
hirenjaku7934-130210-03.jpg


hirenjaku7874-130210-05.jpg


hirenjaku8026-130210-01.jpg
  1. 2013/03/05(火) 21:15:01|
  2. ヒレンジャク

ようやく落ち着いて、

初期化されてしまったパソコンもようやく落ち着いて、たまっていた写真の整理も少しずつできるようになりました。

ついうっかりアドレス帳を保存し忘れたことと、文字の変換が思い通りにできなくなってしまったことが悔やまれます。

また始めからの積み重ねです。

綾瀬の公園に居着いたアリスイ、私の嫌いなやつに似ているので苦手でしたが結構かわいい子でした。

アリスイ
arisui8250-130212-02.jpg


arisui8318-130212-05.jpg


確かに似ている、
arisui8387-130212-08.jpg
  1. 2013/03/04(月) 13:26:45|
  2. アリスイ

見違えるように、

オナガガモ、首の周りの模様もはっきりとし、尾もすっきりと伸び、飛来したときと比べ見違えるようです。

オナガガモ ♂
onagagamo0553-130228-01.jpg


オナガガモ ♀
onagagamo0689-130228-02.jpg


嫌われ者のカワウも、こうしてみると悪くない。
kawau0576-130228-01.jpg


kawau0577-130228-02.jpg
  1. 2013/03/03(日) 16:38:06|
  2. オナガガモ

そしていつもの調整池、

調整池は相変わらず浚渫工事が続いています。

工事が無い日は水鳥たちものんびりしているような気がします。

みんな羽の色が美しくなっていています、春なんですね。

オカヨシガモ
okayosigamo0461-130228-24.jpg


okayosigamo0541-130228-09.jpg


okayosigamo0540-130228-08.jpg


okayosigamo0570-130228-12.jpg


okayosigamo0705-130228-22.jpg
  1. 2013/03/02(土) 14:34:21|
  2. オカヨシガモ

今期はこの子だけ、

毎年、皇居にミコアイサ、海浜公園にウミアイサを見に行くのが習いなのですが、今期はどちらも来ていませんでした。

出会えたのはカワアイサだけでした。

カワアイサ
kawaaisa8086-130212-16c.jpg


カワアイサ ♂
kawaaisa8164-130212-23c.jpg


カワアイサ ♀
kawaaisa8096-130212-17c.jpg


kawaaisa8103-130212-15c.jpg


kawaaisa8170-130212-11c.jpg
  1. 2013/03/01(金) 16:47:28|
  2. カワアイサ