FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

待っていました、

カルガモやバン、ゴイサギの雛達が誕生する中、なかなか姿を見せてくれなかったカイツブリの雛がやっと姿を見せてくれました。

その間カルガモはみんな大きくなって親と見分けがつかないくらい、バンはすでに2回目の子育てをしています。

カイツブリは、いつ池を覗いてもそれらしい気配は無く今年は駄目かと諦めていました。

それがこのごろ餌を運んでいる姿が見られるようになり、もしかしたら営巣を始めたのではと気にかけていた矢先、今日、雛を連れて蒲の茂みから出てきました。

雛は4羽、もう結構大きくなっていました。私が気づくずっと前からがんばっていたのですね。

カイツブリ
kaituburi5363-130629-40c.jpg


kaituburi5273-130629-29c.jpg


kaituburi4912-130629-04.jpg


kaituburi5263-130629-27c.jpg


kaituburi5324-130629-34c.jpg


kaituburi5346-130629-38c.jpg
スポンサーサイト



  1. 2013/06/29(土) 19:53:55|
  2. カイツブリ

日に日に成長しています、

青々と晴れた空のもと、雛達は巣を離れ近くの杉の木に集まっていました。

時々谷戸の上空を飛び回ります、飛べることを楽しんでいるようです。

餌のもらい方も積極的です、もらったあとも兄弟達にとられないように大変。

親は何度も餌を運びます。

チョウゲンボウ
tyougenbou4442-130627-15c.jpg


tyougenbou4598-130627-51.jpg


tyougenbou4725-130627-71.jpg


tyougenbou4482-130627-19c.jpg


tyougenbou4484-130627-21.jpg


tyougenbou4487-130627-24.jpg


tyougenbou4512-130627-34.jpg


tyougenbou4519-130627-35.jpg


tyougenbou4680-130627-64.jpg
  1. 2013/06/28(金) 07:35:18|
  2. チョウゲンボウ

ずっといたんですね、

ぶらりと立ち寄った丘陵の公園で出会いました。

とっくに営巣地に行ってしまったと思っていたのに、ずっといてくれたのでしょうか?

どうやらこの地で雛を育てていたようです。

キビタキ
kibitaki4243-130624-04c.jpg


kibitaki4254-130624-05c.jpg


kibitaki4225-130624-01.jpg


kibitaki4229-130624-03.jpg


  1. 2013/06/26(水) 17:44:25|
  2. キビタキ

水浴び、

むしむしと暑いこんな日、気持ち良さそうに水浴び。うらやましい。

ガビチョウ
gabityou4213-130624-02.jpg


gabityou4192-130624-01.jpg
  1. 2013/06/24(月) 21:16:45|
  2. ガビチョウ

田植えのその後、

先日田植えを手伝わさせていただいた田圃、その成果がすでに出ています。

手前が私の仕業、間隔はでたらめ、どこから見ても筋が通っていないし隙間だらけ、カルガモがいたずらをしたとは言いながら酷すぎます。よく目立つし、秋まで恥を晒す事になりました。

さらに、秋の刈り取りの練習にと、田圃の隣に植えてあった麦の刈り入れも手伝うことに。

春前に草刈りをしてそのまま麦をばらまいたということで麦と一緒に草も生えている状態で、麦だけを刈り取るのは大変でした。このあと今度は蕎麦を蒔くそうです。

鋸のような歯の鎌でサクッと刈る時の気持ちよさは何ともいえません。

夕方、両腕がチクチクかゆくてたまりません、農作業は半袖でやってはいけません。

溝から手前が私の植えたところ、
satoyama0055-130617-05.jpg


どこが麦だかよくわからないかもしれません。
satoyama0060-130617-04.jpg


二度目、少しは良くなった?
satoyama0065-130617-06.jpg
  1. 2013/06/23(日) 15:59:03|
  2. 未分類

くたびれた、

この日の太極拳の練習が多摩川に近いということで、帰りに寄ろうとカメラを持って出かけました。

駅まで25分歩き、すでに汗だく、改札で機械に止められ係員のところへ行けと指示、先週改札を出ていない事になっているといわれるが現に今日ここにいる、よくわからない。

途中駅で急行に乗り換え、最寄り駅寸前で電車が急停車、5分ほどして何事もなく発車、そのまま最寄り駅を通過、この急行はこの駅には止まらない電車だった。

次の駅から歩いて20分、途中で工事中の道路に阻まれ後戻り、カメラ持ってこなけりゃよかった。

練習が終わって多摩川へ、堰の近くではコアジサシが飛び回っています。

下流の中州がコアジサシの営巣場所になっているので行ってみたいが我慢する。

青空は出ていないのだけども日差しが強く、風もないのでじりじりと暑い、水を飲もうと水筒を探すと無い、練習場を出たときは確かにあった、多分、お昼を食べた店でバッグを床に置いた時に落ちたに違いない。

余計にのどが渇く、帰りがけ店によると水筒はあった、礼もそこそこに水を飲む。

コアジサシ
koajisasi1911-160618-05c.jpg


koajisasi1921-160618-07c.jpg


koajisasi2159-160618-25c.jpg


koajisasi2346-160618-42c.jpg


koajisasi2370-160618-46c.jpg


koajisasi2015-160618-11c.jpg


koajisasi2376-160618-48c.jpg
  1. 2013/06/19(水) 12:09:12|
  2. コアジサシ

これから、

バンの雛はようやく羽根が生え揃い、これからどんどん美しくなっていきます。

バン
ban1663-130615-04.jpg

赤い子はもう少しです。
ban1715-130615-10.jpg
  1. 2013/06/17(月) 10:30:26|
  2. バン

梅雨の晴れ間に、

夜8時、4日ぶりに雨が止み、風もなく蒸し暑くなって来たので、頃や良し、と出かけてみました。

里山の菜園脇、予想以上にたくさんの蛍が飛び交っていました。

蘭の花を楽しんだ斜面の草むらから湧き出すように一つ二つと青い光が飛び立ちます。

私の周りにも三つ四つと光ります、手を伸ばすとさわれそうです。

田植えを手伝った田圃の上でも青い光が点滅しています、特に愛おしく感じます。

谷戸のチョウゲンボウ、雛は巣を離れて飛び回れるほどに成長していました。

チョウゲンボウ
tyougenbou1346-130614-25c.jpg


tyougenbou1487-130614-14.jpg


tyougenbou1502-130614-17.jpg


親はまだまだ大変です、
tyougenbou1300-130614-01.jpg
  1. 2013/06/14(金) 22:03:06|
  2. チョウゲンボウ

ササゴイ

鮎漁が解禁になった川で、ササゴイも遡上する鮎を狙っています。

ササゴイ
sasagoi1238-130606-35c.jpg


sasagoi1161-130606-13c.jpg


sasagoi1247-130606-33c.jpg
多分、カメラを構えている私の姿はササゴイと同じ格好をしていたに違いありません。
  1. 2013/06/12(水) 11:04:04|
  2. ササゴイ

賑やかになる前に、

海水浴で賑やかになる前に、大磯の海岸へアオバトを見に行きました。

ここには、波しぶきを浴びて岩場に飛来する群の姿が楽しめるので、毎年一度は来てしまいます。

この日は引き潮で、岩場に釣り人が入っていたおかげでポイントが絞れて助かりました。

アオバト
aobato0741-130606-05c.jpg



aobato0690-130606-01c.jpg


aobato0733-130606-04c.jpg


aobato0770-130606-07c.jpg
  1. 2013/06/10(月) 07:31:46|
  2. アオバト

河口堰で、

何度も何度も飛び込んでくれるのですが、撮れません。

コアジサシ
koajisasi0894-130606-04c.jpg


koajisasi1027-130606-14c.jpg


koajisasi0788-130606-31c.jpg
  1. 2013/06/09(日) 07:19:09|
  2. コアジサシ

今年も来ています、

今年も公園脇の街路樹にアオバズクが来ています。

近所の方もゴミを出すついでに覗いていきます。

下を通る車や人を眺めながらうつらうつら、起こしてしまったようです。

こちらも長居は無用です。

アオバズク ♂
aobazuku0561-130606-01.jpg


aobazuku0578-130606-02.jpg
  1. 2013/06/08(土) 08:38:01|
  2. アオバズク

雰囲気だけ、

様子を見ようと歩いた林道で、サンコウチョウの鳴き声があちこちで聞こえます。

やっと見つけたその姿、手持ちのカメラでは雰囲気を感じて頂くだけで精一杯です。

最近だらしがなくなってついつい重い荷物は敬遠してしまいます。

サンコウチョウ
sankoutyou0648-130606-02.jpg
  1. 2013/06/07(金) 09:20:59|
  2. サンコウチョウ

亜麻色の羽根をなびかせて、

亜麻色、私の中での印象は、アマサギのなびかせる羽根の色です、逆ですが。

アマサギ
amasagi9536-130531-18.jpg


amasagi9956-130531-43.jpg


  1. 2013/06/04(火) 08:00:21|
  2. アマサギ

梅雨入り、

梅雨に入り田圃では田植えの準備に忙しくなっています。

こんな田圃でのんびり鳥を見ている私は大丈夫でしょうか?

土を耕すトラクターのあとをアマサギが追いかけます。

ミミズ、カエル、トカゲなど餌になる生き物が土の中から掘り返されてくるのを狙ってのことです。

偶然、目の前の田圃で農作業が始まりました、アマサギ達はお構いなしで近寄ってきます。

トラクターを運転しているおじいさんも時々ポケットからカメラを出してアマサギを撮っていました。

毎年来てくれるこの子達が可愛いそうです。

アマサギ
amasagi0012-130531-45.jpg


amasagi0013-130531-46.jpg


amasagi9463-130531-08.jpg


amasagi9827-130531-36.jpg


amasagi9877-130531-39.jpg
  1. 2013/06/01(土) 19:08:01|
  2. アマサギ