FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

今年も会えた、

これからの季節を楽しませてくれる鳥たちがやってきています。

探していたジョウビタキに会うことが出来ました、まだ来たばかりのようで縄張り争いに忙しそうでした。

ジョウビタキ
joubitaki7209-131030-10c.jpg


joubitaki7289-131030-11.jpg


joubitaki7177-131030-05b.jpg


joubitaki7454-131030-14c.jpg


joubitaki7301-131030-12.jpg
スポンサーサイト



  1. 2013/10/31(木) 22:18:20|
  2. ジョウビタキ

天候が不順で、

天候が不順で仕事の予定が決まりません。

おかげで鳥見を楽しめます。

今日も仕事はありません、久しぶりの穏やかな秋日和、ちょっと早いけどカンムリカイツブリが来ているかもと多摩川の堰へ。

河を渡る送電線には相変わらずのカワウの大群、浮かんでいるのはカイツブリばかり、やはり少し早かったかも。

遠くで白く光る陰、覗いてみると来ていました、カンムリカイツブリです、1羽だけの確認ですが去年より1週間ほど早いようです。

岸近くに来てくれないかと待ったのですが川の中程を越えてくることはまだありませんでした。

顔なじみになった釣り人の話では昨日までは見かけなかったので今朝来たのではとのこと、今年もここへ通うことになりそうです。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi6797-131028-01.jpg


kanmurikaituburi6966-131028-08.jpg


kanmurikaituburi7004-131028-11.jpg


kanmurikaituburi7054-131028-14.jpg


kanmurikaituburi6973-131028-09.jpg


kanmurikaituburi7134-131028-18.jpg
  1. 2013/10/29(火) 08:54:30|
  2. カンムリカイツブリ

お月様と柚子、

何となく、

tuki6741-131027-01.jpg


ゆず6643-131023-01
  1. 2013/10/28(月) 08:11:53|
  2. 未分類

里山で、

早朝、雨の降り出す前に里山を歩いてみました。

相変わらず見かけるのはカラスとヒヨドリ、時々ガビチョウが道を渡ります。

だんだん目線は足下に、草花の名前は何度調べても覚えられません。

セイタカアワダチソウ 冬、枯れた穂先に鳥のくるのを楽しみにしています。
せいたかあわだちそう6635-131023-02


ヤクシソウ 名前が覚えられません。
やくしそう6719-131024-01


イヌタデ
いぬたで6684-131024-02


ノアザミ
のあざみ6703-131024-01


ツリガネニンジン 今年は激減しています、やっと見つけた一輪。
つりがねにんじん6707-131024-01


ヨメナ
よめな6681-131024-01


ノギク
のぎく6702-131024-02


ワレモコウ
われもこう6717-131024-01


秋草 草の名前は全くわかりません、秋らしい雰囲気に。
秋草6698-131024-01
  1. 2013/10/26(土) 15:14:46|
  2. 未分類

カラス、

アルバイト、屋外の作業が主なので天気予報が雨模様だとお休みです。

雨の降り出す前に里山を歩いてきました、鳥たちの姿はサッパリです、カラスだけがやけに目立ちます。

稲刈りの終わった田圃や柿の木、赤黒い実を付けたミズキなどに集まっています。

ほとんどがハシボソカラス、ハシブトカラスも混じっています。

ハシボソカラス
hasibosokarasu6657-131023-03.jpg


ハシブトカラス
hasibutokarasu6669-131023-01.jpg
  1. 2013/10/24(木) 19:22:31|
  2. 未分類

ノラや、

慣れない作業のアルバイトに振り回されています。

nora6243-131010-01.jpg
  1. 2013/10/23(水) 06:58:21|
  2. 未分類

調整池にも、

あわててタンスの中の長袖を探しています。

調整池にも冬越しをするカモたちが集まり始めたようです。

コガモに続いてオナガガモが2羽、すでにカルガモに混じってパンを貰っています。

オナガガモ
onagagamo6539-131019-02.jpg


onagagamo6600-131019-07.jpg


onagagamo6545-131019-03.jpg
  1. 2013/10/20(日) 10:00:01|
  2. オナガガモ

里山のモズ、

気が付くと朝起きて、寒さを感じる頃になっていました。

収穫を終えた田圃の脇には今年もモズがやってきました、最初の子は雌のようです。

モズ ♀
mozu6432-131013-03.jpg


mozu6524-131014-06.jpg


コスモス6463-131014-01


すすき6445-131013-01
  1. 2013/10/18(金) 07:09:32|
  2. モズ

甘い、

玄米で分けていただいた米を食べてみました。

聞いたとおりに、軽く水洗いしてゴミを流し、10時間ほど水につけておき、水をいつもより5割り増しにして炊飯器で炊いてみました。

炊飯器は1時間以上働いていました、その間待ちきれずにおかずをつまみ食い。

おかずはこれも頂いた茄子を煮たのと大根の抜き菜を油揚げで煮たもの。

失敗したかと思った頃にやっと炊飯器が止まり、蓋を開けるとちゃんと穴が並んだご飯が炊きあがっていました。

田植えと草取りと稲刈りと脱穀を手伝って頂いたご飯です。不味いわけがありません。ゆっくりと味わって頂きました。

一粒一粒を良く噛んでいるとどんどん甘みが増して、足りなくなったおかずが気にならないくらいです。

これから時々の玄米も悪くない。

オナガ
onaga6403-131013-08.jpg


onaga6380-131013-04.jpg
  1. 2013/10/16(水) 07:46:13|
  2. 未分類

新米、

連休をがんばってどうやら新米にありつけました。

やって見ると本当に大変です、植えりゃ出来るって訳ではありませんでした。

刈り入れをして、干して、脱穀、籾摺りをして、ようやく玄米。

すべて初めての体験で、稲を刈るのも全体の様子を見て育ちの良いところとか、稲を干すのも風通し、日当たり、脱穀機の移動など、あとの作業を考慮しながらと、終わってみるとすべてがずっと続いていました。

強風で稲が倒れたり、雨に濡れて重くなってハザが壊れたり、ハザに懸けたビニールが飛んでしまったり、スズメ対策も仕方なく、あとからあとからやってきました。

4畝の田圃で収穫が約90キロ、普通の田圃の半分以下だそうです、ほとんど稗が田圃を占領していたらしい。

せっかくなので玄米で食べてみようと思っています。

アオゲラ
aogera6416-131013-03.jpg


aogera6503-131014-01c.jpg


aogera6508-131014-02c.jpg
  1. 2013/10/14(月) 21:19:22|
  2. 未分類

イソヒヨドリ

遠目にはそれほど綺麗とも見えないのですが近くで見るととても美しい鳥です。

鈍色とえび茶地に紬のように白を散らした粋な感じが憎らしい。

その割に出てくるところはいつも電信柱か杭の上。

イソヒヨドリ ♂
isohiyodori6335-131010-15c.jpg


isohiyodori6334-131010-11c.jpg


isohiyodori6344-131010-13c.jpg


isohiyodori6352-131010-12c.jpg
  1. 2013/10/13(日) 19:50:07|
  2. イソヒヨドリ

トビ

さすがプロサッカーチームの練習場、芝生もよく手入れされています。

トビでなくてもちょっと入ってみたくなります。

トビ
tobi6257-131010-01c.jpg


tobi6270-131010-06c.jpg


tobi6280-131010-08c.jpg
  1. 2013/10/12(土) 16:29:42|
  2. トビ

久しぶりに、

とても久しぶりのような気がします、カメラをいじったのも、モズに出会ったのも。

モズ
mozu6142-131010-05.jpg


mozu6148-131010-06.jpg


mozu6119-131010-03.jpg


mozu6083-131010-01.jpg
  1. 2013/10/10(木) 20:45:40|
  2. モズ

何となく、

また始まってしまったようです、どうでもよい一言がとても気になり動けなくなります、いや、動きたくなくなります。

からっと晴れて鳥に出会えればすぐ忘れてしまうんだけど。

kosamebitaki-22.jpg
  1. 2013/10/06(日) 09:07:00|
  2. 未分類

栗拾い、

去年は時期が遅くなって少ししか拾えなかったので今年は早めに歩き回りました。

里山の農道を歩くと栗の毬がたくさん落ちています、早く来たつもりでも更に早く来る人がいるのか空がほとんどです。

あるところでは車にひかれてつぶれた栗ばかりです。

坂の途中でも毬ばかり、ここも駄目かと諦めかけたが、ふと道路の側溝を覗くと大きな栗の実がたくさん転がっています。

多分、落ちた実が坂道を転がって側溝に集められたんでしょう、労せずのラッキーです。

栗の実は、皮をむいて、渋皮も適当にむき(面倒なので途中から雑になった)ラップでくるんで電子レンジでチン、フォークでつぶして残った渋皮を取り除き、砂糖をまぶしてそのまま口へ、栗をこんなに頬張ったのは初めて。

kuri0104-131001-01.jpg
  1. 2013/10/02(水) 08:05:06|
  2. 未分類