FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

この程度?

節々の痛みや脱力感は遅れてやってきます。

丸太の重さがどれくらいだったか計算してみました。

直径15cm、長さ90cm、生木だから比重はちょっと重めに0.7。

1本が約11kg、えっ、そんなに軽いの?20kg以上はあると思ってた。

仕事量としては、一人が運んだ本数は約20本、移動距離約50m。

11kgの丸太を抱えて約1km運んだ位。

何となく拍子抜けしてしまいます、この程度?でこのダメージ、計算しなきゃ良かった。

チョウゲンボウ
tyougenbou0944-140329-27c.jpg


tyougenbou1013-140329-05c.jpg


tyougenbou0968-140329-29c.jpg


tyougenbou1034-140329-07c.jpg


tyougenbou1158-140329-20c.jpg


tyougenbou1164-140329-23c.jpg
スポンサーサイト



  1. 2014/03/30(日) 17:17:05|
  2. 未分類

椎茸栽培

大雪の少し前、菜園に隣接する雑木林で樹木の伐採が行われました。

市の所有する斜面に生える何本かの木が、菜園の小屋に大きく跳ね出し、危険なためだそうです。

古老の話によると、昔は炭焼きのために10年周期くらいで伐採が行われ、こんなに大きく育つことはなかっったらしいのですが、切り株を見ると有に60年は越えている木ばかりでした。

菜園では早速、切り出された楢や椚を使って椎茸を栽培する相談が始まりました。私も飛び入りで参加です。

伐採をしている業者に頼んで手頃な太さの丸太を分けて貰い、運びやすい長さにそろえ、林のあちこちに積んで置きました。

みんなこんな機会を待っていたらしく、何人も丸太をもらいに来ます、多分里山は椎茸ブーム?

ようやく今日、椎茸の菌を植え付ける作業をする事になりました。

先ず直径7~15㎝、長さ90㎝ほどの丸太に菌を植え付ける穴をあけていきます、1本辺り約40個、次に種駒と呼ばれる菌の植えられた木片をその穴に打ち込みます。

簡単なようですが、丸太は重いし曲がっているし、相当な力仕事です。

更にあちこちに積んで置いた丸太を集めるのが大変です、普段力仕事などしたことのない身にはこれが一番応えます。

悪いことに林の中は篠竹の切り株が微妙に残っていて長靴の底を突き破ります。

林の奥に積んだほだ木(菌を植えた丸太をこう呼ぶそうです)は40本、種駒は1,600個植えました。

梅雨の頃までシートにくるんで菌がほだ木に回るのを待ちます、その間何度か水分を補給させるそうです。

そしてほだ木を並べ直して収穫を待ちます、実際に椎茸が収穫できるのは来年の秋になるそうです。

心配が一つあります、今は良いです、草も生えていないし、あいつも冬眠中だから。

夏、草ぼうぼうの林の中には絶対入っていけそうもありません。

アオゲラ
aogera0528-140317-06c.jpg
  1. 2014/03/28(金) 23:55:23|
  2. 未分類

いよいよです、

この日は10羽が集まっていました。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi0777-140323-27.jpg


kanmurikaituburi0865-140323-33.jpg


kanmurikaituburi0803-140323-30c.jpg


いよいよ恋の季節の始まりです。
kanmurikaituburi0675-140323-02cb.jpg


kanmurikaituburi0676-140323-03cb.jpg


kanmurikaituburi0678-140323-04cb.jpg


kanmurikaituburi0697-140323-09cb.jpg
  1. 2014/03/25(火) 21:40:08|
  2. カンムリカイツブリ

一足早く、

一足早く、河津桜は満開です。

ヒヨドリ
hiyodori9538-140315-01.jpg
  1. 2014/03/22(土) 21:50:55|
  2. ヒヨドリ

もうすぐです、

春を迎えどんどん綺麗になっていくようです。

コガモ
kogamo0427-140316-06.jpg


kogamo0436-140316-07.jpg

4月になるとしばらくのお別れです。

ヒドリガモ
hidorigamo0362-140316-03.jpg


hidorigamo0407-140316-04.jpg
  1. 2014/03/20(木) 18:23:39|
  2. コガモ

暖かい日差しに誘われて、

寒い日が続いていたので敬遠していたのですが、春のような日差しに誘われ多摩川へ、川辺の風はまだまだ冷たかったです。

カンムリカイツブリは夏羽に変わっていました。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi0176-140316-24.jpg


kanmurikaituburi0296-140316-39.jpg


kanmurikaituburi0317-140316-41.jpg


kanmurikaituburi0161-140316-20.jpg


kanmurikaituburi0200-140316-27.jpg


時々追いかけっこのような動きをするのですが、求愛ダンスにはまだ少し早かったようです。
kanmurikaituburi9817-140316-45c.jpg


kanmurikaituburi9846-140316-49c.jpg
  1. 2014/03/17(月) 19:30:16|
  2. カンムリカイツブリ

谷戸のチョウゲンボウ

繁殖期を迎え、チョウゲンボウも強くなっています。

チョウゲンボウ 近くに留まったカラスにすかさず攻撃。
tyougenbou9511-140312-02.jpg


tyougenbou9526-140312-04.jpg


tyougenbou9527-140312-05.jpg


tyougenbou9528-140312-06.jpg
  1. 2014/03/15(土) 20:00:39|
  2. チョウゲンボウ

菜園のツグミ、

いつも菜園に来ているツグミは色白です、これも菜園の方に教えていただきました。

ツグミ
tugumi9350-140311-01.jpg


tugumi9358-140311-04.jpg

普段見かけるのは次の二種。

胸の黒い部分が二段に見え、褐色も濃い。
tugumi6729-140219-01.jpg


胸が全体に黒い。
tugumi6927-140219-04c.jpg
  1. 2014/03/14(金) 16:06:20|
  2. 未分類

暖かくなると、

菜園の人たちも鳥がいると教えてくれるようになりました。

暖かくなって上昇気流に乗って飛びやすくなったのかノスリやオオタカ、チョウゲンボウなどが里山の上空でも見られます。

この日もしゃがみ込んでジャガイモを植えている上空を旋回している鳥を見つけて教えてくれました。

ノスリ
nosuri9310-140311-11c2.jpg


nosuri9263-140311-06c.jpg


nosuri9254-140311-05c.jpg


雪あけに長靴に留まってビニールトンネルに飛びかかっていた彼を勝手に「長靴君」と呼んでいます。
nosuri9296-140311-14c.jpg
  1. 2014/03/12(水) 18:00:37|
  2. ノスリ

カメラの上に、

今日は里山でジャガイモの植え付けのお手伝い、初めて鍬を使いました。

すでに耕耘機で綺麗にならされていた所に15mほどの長さで3列畝を作るのですが、簡単そうでやってみると難しい。

鍬で右足前の土を掬い手前に盛り上げ一歩下がるを繰り返すだけといわれても、鍬を振り上げるとくるくるしそうだし、おろすと深く入って重くて掬えない、一列終わって振り返るとデコボコクネクネ、使い物にならないともう一度平にしてやり直し。

鍬の杖が短いのか腰は曲がったまま、痛いし、掬い上げる動作で二の腕はパンパン。

ジャガイモは芽の出た種芋を半分に切って灰をまぶし30cm間隔で切り口を下にして植え、土を被せていく。

一列約50株ずっと中腰、キツイ!。

落ち葉の堆肥、豚糞、鶏糞をジャガイモの間に蒔き、掘り返した土を戻し、最後にレーキで平に均す。

これで6月には収穫できるらしいがその間まだまだ作業はあるらしい。

昼、食事をしていると畑に置いてあったカメラの上にまたジョウビタキが留まっている。

そこから掘った畝に飛び降りては虫を探している、よほど気に入った様子。

午後、上空にノスリが来たので慌ててカメラを向けシャッターを押すと指先にぐにゃっとした感じ。

はてな?よく見ると私のカメラはジョウビ君の糞だらけ、いつも追いかけ回されてここぞとばかりの仕返しか、ジャガイモの肥やしにでもとの心遣いか?・・・やってくれました。

ジョウビタキ
joubitaki9342-140311-01.jpg
  1. 2014/03/11(火) 21:36:17|
  2. ジョウビタキ

ホルダーに残って、

一ヶ月ほどホルダーに残っていて何となく片づけられないカシラダカ。

カシラダカ
kasiradaka7267-140221-02.jpg


kasiradaka7266-140221-01.jpg


kasiradaka7276-140221-03.jpg
  1. 2014/03/10(月) 08:49:00|
  2. カシラダカ

谷戸のチョウゲンボウ

2月になると近くの谷戸に架かる橋でチョウゲンボウが動き出すのを、大雪や畑仕事の手伝いで忘れていました。

今年は一月遅れでご対面、相変わらずチョウゲンボウの動きについていけません。

チョウゲンボウ
tyougenbou8417-140307-01.jpg


tyougenbou8476-140307-05.jpg


tyougenbou8486-140307-06c.jpg


tyougenbou8528-140307-09c.jpg


tyougenbou8656-140307-14.jpg


tyougenbou8775-140307-19c.jpg


tyougenbou8815-140307-23c.jpg
  1. 2014/03/07(金) 21:06:15|
  2. チョウゲンボウ

お上りさん、

新橋に用事があって久しぶりに電車に乗って都心にでました。

車窓から見える景色は全く変わっています、急行の止まる駅も。

用事が終わってそのまま帰るのももったいない気がして少し歩いてみました。

新橋から土橋へ出て博品館の横を通り銀座通りへ、知っている建物は数えるほど。

四丁目を左に曲がり有楽町、日比谷と歩きせっかくだから皇居のお堀の鳥を見ようと二重橋へ。

いつもミコアイサやセグロカモメを見る馬場先門のお堀は工事中。

二重橋壕でヨシガモ、白鳥、オカヨシガモ、カイツブリ、オオバン。

お上りさんらしく二重橋の写真も撮って振り返ると大手町のビル群、初めて見る景色。

お昼になったようで急に増えた走る人を避けるように桜田門を抜け、桜田壕でもオカヨシ、ヨシガモ、そしてハシビロガモ。

半蔵門まで歩こうと思ったが風が冷たいのと走る人を避けるのが面倒で地下鉄の駅を探す。

桜田門は有楽町線、これはちょっと不便そう、引き返すのもしゃくなので国会議事堂前まで行けば丸の内線に乗れると思い出し、憲政記念館を通って国会議事堂まで歩く、とにかく警察官の数が多い、多分自分たちの行いに自信がないか国民を信用していないかの現れじゃないかと意地悪に勘ぐりながら駅を探す。

国会議事堂前の駅は議事堂の前にはなく横にあった、駅に降りてみると千代田線にも乗れるらしい、矢印に沿って階段を上ると元の道に、そのまま首相官邸の横を通り溜池山王駅へ。

階段を下りるとまた矢印、なんだか良く歩かされる、そして駅は国会議事堂前。

お上りさんには地下鉄の複雑さは理解できません、約2時間の寄り道でした。

東京海上ビル(レンガ色のビル)が計画されたとき、その高さが問題になったのは何だったのか。
皇居大手町1907-140306-04
  1. 2014/03/06(木) 22:34:50|
  2. 未分類

よく似ている、

この寒いのにずぶぬれ、鳥たちには水浴びが欠かせません。

アカハラ
akahara7715-140226-01.jpg


akahara7779-140226-02.jpg


シロハラ
sirohara7760-140226-01.jpg
  1. 2014/03/02(日) 11:33:16|
  2. アカハラ