FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

涼しいところで、(2)

奥庭の人気者キクイタダキ、この子が来ると興奮します。

小さくて、素早くて、可愛くて、思い通りにならなくて・・・、アッという間にいなくなってしまいます。

キクイタダキ
kikuitadaki3763-140727-01c.jpg


kikuitadaki3924-140727-02c.jpg


kikuitadaki3776-140727-06c.jpg
スポンサーサイト



  1. 2014/07/31(木) 09:14:40|
  2. キクイタダキ

涼しいところで、

誘われて富士山の奥庭へ、ひととき下界の暑さを忘れて小鳥たちとの出会いを楽しみました。

マイカー規制の中、北麓駐車場から五合目行きのバスに乗り奥庭で降ろして貰う、涼しいと言うより寒い。

急な坂を下って茶店の水場に着くと泊まり客らしい方がカメラを構えているだけで誰もいない、のんびり楽しめそう。

最初に来たのはメボソムシクイ、本当はムシクイの仲間は良くわからない、ここで見るのは、メボソ、と決めている。

もうずいぶん使っているはずなのに未だにカメラの設定がわからない、シャッタースピードがそのたびに速かったり遅かったり、真っ白、真っ黒、ぶれぶれ、そうか、末期的症状かも。

ウソ、カヤクグリ、ヒガラ、キクイタダキ、と出会いを重ねる内に、そんなことどうでもよくなってくる。

メボソムシクイ
mebosomusikui4113-140727-08c.jpg


mebosomusikui4116-140727-01c.jpg

カヤクグリ
kayakuguri3701-140727-04c.jpg


kayakuguri3741-140727-01c.jpg

ヒガラ 相変わらずのボサボサ頭、
higara3838-140727-04c.jpg


higara4082-140727-01b.jpg

コガラ 水場でこの子に出会うのは珍しい。
kogara4144-140727-01c.jpg
  1. 2014/07/30(水) 07:44:50|
  2. メボソムシクイ

怪獣みたい、

可愛いのでついつい見に行ってしまいます。

写真では大きく感じますがとても小さくて、親でソフトボールよりちょっと大きい位、雛は玉子位です。

しかしケレケレケレと鳴く声は甲高く池中に響き渡ります。

そしてよく働きます、見てるこちらが恥ずかしくなるくらい。

大雨のあと見に行くと親は雛を3羽しか連れていません、1羽流された?と思っているともう1羽の親が雛を連れて出てきました、一安心です。

雛は忙しく働く親を追いかけるのに必死です、親が水に潜るとキョロキョロ、浮かび上がると慌てて駆け寄ります、この日は水が濁っていてなかなかごちそうにありつけません。

カイツブリ
kaituburi3392-140725-06c.jpg


kaituburi3402-140725-07c.jpg

透きとおったエビを貰った、
kaituburi3308-140725-01.jpg

怪獣みたいです、
kaituburi3450-140725-10c.jpg
  1. 2014/07/26(土) 09:57:39|
  2. カイツブリ

またまた誕生、カイツブリ

この子達で4組目、今度は少し早めの顔見せです。

4羽の雛はまだお母さんの背中が恋しいようです、久しぶりにほほえましい光景を見せて貰いました。

カイツブリ
kaituburi2992-140722-01.jpg


kaituburi3023-140722-10c.jpg


kaituburi3029-140722-12c.jpg

お母さんも時々は羽根を伸ばさないと、
kaituburi2978-140722-03c.jpg
  1. 2014/07/23(水) 13:21:30|
  2. カイツブリ

自然農法の畑で、

自然農法と言うのだそうですが、草ぼうぼうの畑でホオジロが巣立ちを迎えました。

餌も豊富だし子育てには最適な場所、鳥もよく知っています。

ここの人、小さなハサミで笹藪を開墾している凄い人です。

ホオジロ
hoojiro2830-140721-01.jpg


hoojiro2852-140721-03.jpg


hoojiro2881-140721-07.jpg


hoojiro2944-140721-10.jpg
  1. 2014/07/21(月) 21:43:38|
  2. 未分類

トマト、

トマトが赤くなりだして毎日畑へ出かけています。

自分で育てたトマトはようやく4つ、まだまだ沢山収穫できそうです。

作業を手伝った畑からもインゲン、シシトウ、オクラ、枝豆とお裾分け、当分野菜に困らない。

ここだけの話、自分のトマトが一番美味しい。

ツバメ
tubame7504-2.jpg
  1. 2014/07/19(土) 10:11:49|
  2. 未分類

残っていた、

不要なフォルダーを整理していると、ハードディスクが壊れたときに消滅してしまった写真の片割れが出てくる。

こうなるとまた捨てられない、いっそもう一度ハードディスクが壊れてくれるとすっきりする?

カワセミ
kawasemi6754.jpg
  1. 2014/07/17(木) 09:56:33|
  2. カワセミ

捨てられない、

身辺を軽くしたいと思いつつなかなか思い通りに行きません。

先ず本、端から捨てればよいものをつい拾い読み、後でゆっくりと言いながら残してしまう。

資料と称するゴミ、未練の固まりとわかっていても。

ハードディスクの中身、音楽、落語、写真。落語なんか千本以上、毎日聞いても3年はかかる。

写真に至っては全くの自己満足、残っていても気持ちが悪いはず。

家具も、什器も使わないものばかり。

あれこれ考えるとめんどくさくなって、またにしよう。

カワセミ
kawasemi5553.jpg


kawasemi652.jpg
  1. 2014/07/14(月) 10:38:18|
  2. 未分類

やっと揃いました、

心配した台風の影響もなく、慌てて止めた田圃の水を元に戻して一安心。

キュウリ、茄子に続いてやっとトマトを収穫することが出来ました。

2本植えた苗は途中で1本が枯れ、残った1本に4段、実がなっています。

キュウリの時と同様、最初の1個は数日前に捕られてしまいました。

今度はハクビシン、一番下の赤くなった実を蔕だけ残して綺麗に食べられていました。

隣の畑では収穫間際のトウモロコシが全滅、あちこちでもトマトが食べられています、私の所は一個で済んで幸いなのか、不味くてそれ以上食べなかったのか。

そんなわけで狙われやすい場所の二つを先ず収穫です。

ちょっと早いかな?と言う感じですが香りは懐かしいトマトの香りです。

少し冷やして丸かじりにします。

収穫0413-140711-01
  1. 2014/07/11(金) 18:37:24|
  2. 未分類

カルガモ、

台風が来る前にと調整池の様子を見に行くと、カルガモの雛がまた出ていました。

バン、カイツブリ、カルガモみんな一段落したと思っていたのに。

何もこんな時期にと、台風の大雨で流されてしまわないかと心配です。

カルガモ
karugamo2610-140710-06.jpg


karugamo2619-140710-09c.jpg

最初の子たちはもう親と見分けがつきません。
karugamo2546-140710-02.jpg
  1. 2014/07/10(木) 22:18:42|
  2. カルガモ

今年は来てくれませんでした、

毎年近くの松林で営巣していたツミが今年は来てくれませんでした。

枯木の伐採や擁壁の補修などが重なったのとカラスの増加が原因かもしれません。

営巣してくれると4月から9月頃まで様々な姿を見せてくれて、朝の散歩が楽しかったのですが、このところ朝の散歩もサボりっぱなしです。

例年ですと雛もそろそろ巣立つ頃です。

ツミ
tumi6598.jpg


tumi6829.jpg
  1. 2014/07/08(火) 20:11:23|
  2. ツミ

巣離れ、

谷戸のチョウゲンボウの雛達はどんどんたくましく育っています。

巣のある橋から離れて飛び回っています、自分で餌を捕まえられるようにもなってきました。

チョウゲンボウ
tyougenbou2269-140706-04.jpg


tyougenbou2274-140706-01.jpg


tyougenbou2276-140706-02.jpg
  1. 2014/07/07(月) 12:48:19|
  2. チョウゲンボウ

キリギリス?

1日置きに畑に通わなければなりません、キュウリの生長は想像を超えていました。

ちょっとサボるとヘチマかと思うほど大きくなってしまいます。

このところ毎日毎日キュウリを食べています、初めは一夜漬け、酢の物と工夫していましたがだんだんめんどくさくなって、味噌を塗っただけ、マヨネーズで丸のままバリバリと、まだ冷蔵庫には5本も残っています。

それと茄子やキュウリの葉に付く虫を退治しなければいけません、これが大変、農作業の前に1周り、帰るときにもう一度、捕っても捕っても湧いてきます。

雑草もよく育ちます、こまめに抜いていくしか有りません。

今度は茄子が大きくなってきています。

棲みやすいのか、蝶々も沢山飛び回っています。

アカシジミ
akasijimi1345-140623-02.jpg

ウラナミアカシジミ
uranamiakasijimi1303-140623-01.jpg


uranamiakasijimi1315-140623-03.jpg

ミズイロオナガシジミ
mizuiroonagasijimi1250-140623-04.jpg


mizuiroonagasijimi1282-140623-06.jpg

ツバメシジミ
tubamesijimi0929-140621-03.jpg


tubamesijimi0943-140621-05.jpg

ヤマトシジミ
yamatosijimi1907-140626-02.jpg


yamatosijimi1204-140623-01.jpg
  1. 2014/07/04(金) 09:58:33|
  2. 未分類

ああ、

子供を育てるために、カイツブリは小魚を捕り、小鳥は虫を、猛禽は小鳥を襲う、人間は?

刀を腰からはずしてホッとしたはず。

権利の裏には戦う義務も。

歯止めは効かないものだと思い知らされた。

コジュケイ
kojukei0957-140621-10.jpg
  1. 2014/07/02(水) 07:03:49|
  2. 未分類