FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

思うようにはいきません、

アルバイトが休みだと雨が降る、今季まだ出会っていない鳥達が沢山いるのに、思うようにはいきません。

オオタカ  時々谷戸の空を飛ぶ、
ootaka8137-150221-02c.jpg
スポンサーサイト



  1. 2015/02/27(金) 21:28:14|
  2. オオタカ

谷戸のチョウゲンボウ、

近くの谷戸のチョウゲンボウ、春を前にだんだん動きが活発になってきました。

どうやらカップルが一組は決まった様子、あと雌が1羽なのか2羽なのか、雄は牽制しあって上空を飛び交っています。

チョウゲンボウ
tyougenbou7916-150221-24c.jpg


tyougenbou8127-150221-23.jpg


tyougenbou8051-150221-13.jpg


tyougenbou6289-150215-08.jpg


tyougenbou5690-150211-06c.jpg


tyougenbou5703-150211-12c.jpg


tyougenbou7926-150221-05c.jpg


tyougenbou7961-150221-09.jpg


tyougenbou7944-150221-26c.jpg
  1. 2015/02/24(火) 22:11:58|
  2. チョウゲンボウ

上流も、

多摩川中流で物足りなくて足を伸ばして羽村まで。

ホオジロガモは20羽以上に増えていました。

川の流れを上ったり下ったり、何度も繰り返していました。

雄の求愛ポーズが見たかったのですが、その気がないのかしてくれませんでした。

ホオジロガモ
hoojirogamo7819-150219-31.jpg


hoojirogamo7701-150219-03.jpg


20数羽が一斉に、
hoojirogamo7718-150219-35.jpg


サッと潜って見えなくなります。(あたま数を数えるのは絶対に無理)
hoojirogamo7719-150219-36.jpg


hoojirogamo7785-150219-23.jpg


hoojirogamo7821-150219-32.jpg
  1. 2015/02/22(日) 20:42:10|
  2. ホオジロガモ

カイツブリ達

そろそろ衣替えを始めたのではと見に行ったのですがまだ早かったようです。

ハジロカイツブリ  夏羽になったヤンチャ坊主ぶりが楽しみです。
hajirokaituburi7608-150219-03.jpg


カンムリカイツブリ  この日は2羽しか見つけることが出来ませんでした。
kanmurikaituburi7638-150219-03.jpg


カイツブリ  まだ灰色でフワフワ、子供っぽい。
kaituburi7755-150219-01.jpg
  1. 2015/02/21(土) 21:37:04|
  2. ハジロカイツブリ

湖では、

水鳥を見ながら湖畔を回ります、岸辺は氷が張っていて、鳥影は遠く双眼鏡が頼りです。

コブハクチョウ
kobuhakutyou5873-150212-01c.jpg


kobuhakutyou5999-150212-07.jpg


kobuhakutyou5949-150212-06.jpg


ヒドリガモ  船着き場付近は氷もなく鳥たちものんびり、
hidorigamo5995-150212-05.jpg


hidorigamo6001-150212-06.jpg


カラス  氷の上ではカラスも綺麗、
hasibutokarasu5910-150212-01.jpg


カワアイサ  300羽位の群で沖を進んでいました。
kawaaisa5874-150212-01.jpg




  1. 2015/02/18(水) 21:13:48|
  2. コブハクチョウ

森の中、

身支度をしっかりとしてくればもう少し奥へ入れたのに。

マヒワ  ワッと来ていつの間にかいなくなる、
mahiwa6038-150212-05c.jpg


mahiwa6021-150212-04.jpg


ヒガラ  小っちゃくて黒くて、
higara6106-150212-01c.jpg


ゴジュウカラ  久しぶり、
gojuugara6097-150212-01cc.jpg


エナガ  少しもじっとしてくれない、
enaga6156-150212-01.jpg


アオゲラ  遠くの枝で、
aogera6167-150212-02.jpg
  1. 2015/02/16(月) 23:18:19|
  2. マヒワ

冬のキャンプ場、

思い立ってきてしまった山中湖、湖畔の大木に集まるレンジャクはカメラをセットしている間に奥の山に消えてしまいました。

富士山に懸かっていた雲も消え、白く気高くその姿を雄大に見せてくれています、しかし今日も広角レンズを忘れてきました。

湖の反対側に回り、キャンプ場の森へ行ってみると、雪で奥までは入れそうにありません。

それでも管理棟の横の松の木にシジュウカラやエナガが群れています。

目が慣れてくるとその中にマヒワ、カワラヒワ、ヒガラ、アトリ等が混じっています。

横ではヤシャブシだと思いますがその実をアトリやマヒワが啄んでいます、こぼれた実を雪の上で拾っている子達もいます。

自然を味あわせて貰った楽しいひとときでした。

アトリ
atori6225-150212-21c.jpg


atori6188-150212-18.jpg


atori6057-150212-14.jpg


atori6122-150212-16c.jpg
  1. 2015/02/14(土) 21:15:42|
  2. アトリ

汚さないで!

こんなに近くでクロガモを見られるなんて、と、喜んだのも束の間。

これじゃ荒波を泳ぎ回ることは出来ないよね。

はしゃいでいた分、どうにも出来ない事に恥じ入るのみ。

自然に近付く事の難しさを思い知らされます。

節度を持って、そして、せめて汚さない。

クロガモ
kurogamo4154-150201-06.jpg


kurogamo4199-150201-11.jpg
  1. 2015/02/11(水) 20:19:29|
  2. 未分類

九十九里、(3)

サーファーの奥に浮かぶ鳥たち、写真を見て初めて種類がわかるくらい遠い。デジタルで良かった。

クロガモ  彼らの群の中に色々混じっている。
kurogamo3074-150201-16C.jpg


kurogamo3227-150201-17.jpg


kurogamo3546-150201-15c.jpg


ミヤコドリ  九十九里で見るのは初めて。
miyakodori3960-150201-02c.jpg


今回、沖の方ばかりが気になって目の前の砂浜をよく見ていませんでした、ミユビシギも。

シロチドリ  風を避けて、
sirotidori4014-150201-02.jpg


sirotidori4019-150201-05.jpg


sirotidori4040-150201-05.jpg
  1. 2015/02/10(火) 09:06:59|
  2. クロガモ

九十九里、(2)

この日は日曜日、風が強く、波も高く、沢山の人がサーフィンを楽しんでいました。見ているだけで凍えそう。

アビ、オオハムは見つけられません、ビロードキンクロ、カンムリカイツブリは探すのを忘れていました。

ミミカイツブリ  今回はあちこちで楽しませてくれました。
mimikaituburi2815-150201-13c.jpg


mimikaituburi3760-150201-23c.jpg


mimikaituburi3780-150201-27c.jpg


スズガモ  サーファーの手前で、
suzugamo3667-150201-07.jpg


suzugamo3844-150201-14.jpg


シノリガモ  二年ぶりです。
sinorigamo3933-150201-21c.jpg


sinorigamo3975-150201-17c.jpg


sinorigamo3992-150201-08.jpg
  1. 2015/02/08(日) 11:18:46|
  2. ミミカイツブリ

九十九里、

今年も海鳥を探して九十九里を太東から飯岡まで北上しました。

漁港やサーフィンで賑わう海岸や突堤を見て回るのですが何度来ても新鮮で飽きません。

アカエリカイツブリ  去年アビを見た漁港で。
akaerikaituburi2692-150201-04c.jpg


akaerikaituburi2676-150201-11c.jpg

アラナミキンクロ  今年も同じ突堤に来ていました。
aranamikinkuro3080-150201-13c.jpg


aranamikinkuro3495-150201-22c.jpg


aranamikinkuro3544-150201-16c.jpg
  1. 2015/02/06(金) 21:33:03|
  2. アカエリカイツブリ

予期しないところで、

予期しないところで出会えると余計うれしくなります。

ミヤマホオジロ
miyamahoojiro4662-150204-13.jpg
  1. 2015/02/05(木) 21:54:50|
  2. ミヤマホオジロ

細かすぎる、

コガモの群の中にいた一羽、胸脇に白い縦線があるので名前が変わってアメリカコガモ。

博物学?って細かすぎる。

アメリカコガモ
amerikakogamo4288-150201-03c.jpg


amerikakogamo4291-150201-04c.jpg


amerikakogamo4302-150201-07c.jpg
  1. 2015/02/04(水) 20:14:16|
  2. アメリカコガモ

戻り道、

林道の戻り道、口笛を吹くような、フィー、と言う鳴き声ですぐわかる。

そしてやっぱり、もぐもぐもぐもぐ。

ウソ
uso2148-150123-14c.jpg


uso1974-150123-05.jpg


uso2095-150123-37c.jpg


uso2205-150123-43c.jpg


uso2208-150123-20c.jpg


uso2212-150123-21c.jpg


uso2329-150123-29c.jpg
  1. 2015/02/02(月) 15:50:52|
  2. ウソ