FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

ついつい数えてしまいます、

普段はあまり見向きもされないカルガモもこの時期は大人気、草むらから現れた大家族、数を数えずにはいられません。

カルガモ
karugamo6023-160527-01.jpg


karugamo6026-160527-02.jpg


karugamo6035-160527-03.jpg
スポンサーサイト



  1. 2016/05/29(日) 08:02:58|
  2. カルガモ

ずぼらに、

アマサギの頃です、会いたくて田圃を廻ることに、今年は電車で。

アマサギは田植えの準備が始まった田圃に集まります、水が張られた田圃で代掻きをするトラクターの後ろについてカエルや泥鰌を捕らえます。

電車に乗り、窓から見える田圃の様子により次の駅で降りてみる、相変わらずのずぼらな考え。

小田急線に乗り先ず海老名、何年か前までは駅の近くで鴫や千鳥を楽しめた所、再開発でどんどん田圃が無くなっていく、
車窓に見える田圃はまだ準備も始まっていない様子。

本厚木を過ぎて愛甲石田、伊勢原と沿線の田圃は田起しはチラホラ、水の張られている所はほとんど舞い。

伊勢原まで来れば何とかなると思っていたのに仕方がない、鶴巻温泉までの田圃でも気配無し。

こうなりゃ自棄、小田原の開成まで来てやっとそれらしい雰囲気に栢山で降りる。

酒匂川沿いの二宮尊徳ゆかりの田圃はすでに代掻きも終わり田植えが始まっている、苗を運ぶお百姓さん、頭の黄色い鳥?もう少し早く来なきゃ、去年と同じこたえ、キアシシギは今年も賑やか。

線路沿いに開成まで、週末の田圃は田植えで忙しそう、ムクドリ、ハクセキレイ、ツバメは飛ぶがサギの姿は見あたらない。

今日も空振りと諦めかけた田圃のドン詰まりで作業をするトラクター、近寄ってみるとようやくいました1羽のアマサギ。

カメラに気がつき警戒感丸出し、身を細くして動かない、近付くと逃げるを何回か繰り返しいじめているような気になって今日はこれまで。

更にアマサギに会いたい気持ちが募ります。

アマサギ
amasagi5474-160521-20.jpg


amasagi5459-160521-13.jpg


キアシシギ
kiasisigi5281-160521-08c.jpg


ハクセキレイ
hakusekirei5315-160521-03c.jpg
  1. 2016/05/24(火) 10:06:43|
  2. アマサギ

調整池のバン、

5月の始めに姿を見せたバンの雛、ずいぶん大きくなりました。

バン
ban5157-160520-01.jpg


ban5172-160520-03.jpg


ban9626-160502-03.jpg


6羽の内2羽がアルビノ、しかし今年も3週間ほどで姿を見かけなくなりました。
ban9778-160502-11.jpg


少し遅れて別の雛も、
ban5183-160520-05.jpg

  1. 2016/05/23(月) 06:28:26|
  2. バン

堰の下、

多摩川の中流、堰の下の瀬にはコサギが集まって餌捕り。

よく見ると泡立つ流れの中にキアシシギも飛び交っている、地味な彼らも羽ばたくと綺麗。

コサギ
kosagi4711-160518-09c.jpg


kosagi4717-160518-08c.jpg


キアシシギ
kiasisigi4725-160518-13c.jpg


kiasisigi4651-160518-03c.jpg


kiasisigi4671-160518-10.jpg


kiasisigi4662-160518-06c.jpg
  1. 2016/05/19(木) 21:45:03|
  2. コサギ

続き、

あちこちの浅瀬に鳥達が集まり出し、これからが楽しい時間、、、、ワワワ、解き放された2匹の犬が、群をめがけて突進、、、、また当分お預けです。

ダイゼン  冬の衣装より断然こちらの方がかっこいい。
daizen3669-160512-08c.jpg


daizen4132-160512-09c.jpg


daizen4128-160512-04c.jpg


メダイチドリ  ほとんど動かず、こちらを向いてもくれません。
medaitidori3719-160512-03c.jpg


medaitidori3702-160512-06cb.jpg


キアシシギ  
kiasisigi37841-160512-05.jpg


kiasisigi3807-160512-02.jpg


チュウシャクシギ  是非会いたかったこの子、思うように撮れない、やはり椅子に座ってじっくり待つしかないようです。
tyuusyakusigi4153-160512-07.jpg


ハジロカイツブリ  この悪ぶった顔、冬とは大違い、(帰りに寄った葛西にて)
hajirokaituburi4284-160512-03.jpg


コアジサシ  潮の曳くのを待ちながらまたまた、、全く飽きません。
koajisasi3630-160512-10c.jpg
  1. 2016/05/16(月) 09:55:52|
  2. ダイゼン

もう一度、

1ヶ月半ぶりの三番瀬、始発駅からなら大丈夫と三番瀬行きの始発駅京成船橋まで、バス乗り場を探している間にバスに乗り遅れ今度も30分待ち、ベンチがあるだけ良い。

コアジサシの飛翔を見ながら潮が曳いていくのを待つ。

先日転びそうになってカメラをぶつけたせいかどうもカメラの具合が思わしくない、ニコンで見て貰って何ともないと言うことだったが。

潮が曳いてくると少しずつ鳥達が集まってくる、綺麗な夏羽根になって見違えるよう、シギ、チドリはこれが楽しい。

オオソリハシシギ
oosorihasisigi3916-160512-17.jpg


hamasigi4248-160512-01.jpg


oosorihasisigi4064-160512-14.jpg


oosorihasisigi3863-160512-19.jpg


ハマシギ  胸の羽根も黒くなりシャキッとした感じ、群れ飛ぶ姿も悪くない、
hamasigi4018-160512-04.jpg


hamasigi4119-160512-03.jpg


ミユビシギ  こんなに色付いた子を見るのは久しぶり、冬の可愛らしさとはまた違う可愛らしさ、
miyubisigi3969-160512-04.jpg


kyoujosigi3750-160512-23.jpg


キョウジョシギ  浜辺で見るとやはり目立つ、群で飛ぶ姿を一度で良いから撮ってみたいと思っているがなかなか、
kyoujosigi3889-160512-13b.jpg


kyoujosigi4303-160512-02c.jpg
  1. 2016/05/14(土) 20:45:04|
  2. オオソリハシシギ

突然に、

堰の周りからこんなに居たんだと思うほど鳥達が一斉に飛び立つ、上空にミサゴ。

大騒ぎをよそに悠然と飛び回り、川に突っ込み大きな魚を捕まえてまた悠然と去っていく。

ミサゴ
misago0219-160503-03c.jpg


misago0306-160503-06c.jpg


misago0344-160503-08c.jpg


misago0389-160503-16c.jpg
  1. 2016/05/11(水) 16:29:35|
  2. ミサゴ

たぶん、

時々夢の中で空を飛ぶ、見たこともないのに周りの景色はたぶん鳥のそれ。

コアジサシ
koajisasi2383-160507-04c.jpg


koajisasi2394-160507-07.jpg


koajisasi2084-160505-26c.jpg


koajisasi2136-160505-54c.jpg


koajisasi1425-160503-31c.jpg


koajisasi2126-160505-33c.jpg


koajisasi3188-160507-40c.jpg
  1. 2016/05/09(月) 19:07:06|
  2. コアジサシ

何度見ても飽きない、

連休中はなるべく近くで込まないところでと多摩川へ、今年もコアジサシが堰の周りを飛び回っています。

飛び回るコアジサシめがけてカメラを向けるのですがとにかく素早い、今度こそ今度こそとシャッターを押し続けカードはいっぱい、電池も予備に交換する始末、あまりの楽しさに3日も通ってしまいました。

コアジサシ
koajisasi3198-160507-74.jpg


koajisasi2884-160507-59.jpg


koajisasi0447-160503-17.jpg


koajisasi3200-160507-75.jpg


koajisasi3030-160507-65.jpg
  1. 2016/05/08(日) 22:14:24|
  2. コアジサシ

慌ててしまい、

シジュウカラの家族を見ていて見慣れない鳥が、もしかしてサンショウクイ?

サンショウクイ  慌ててしまい三脚が立たない、どうにか撮れたのがこれ、
sansyoukui9440-160429-01.jpg


sansyoukui9455-160429-02c.jpg


コサメビタキ  相変わらず可愛い、
kosamebitaki9458-160429-01c.jpg


オオルリ♀  巣作りの準備、
ooruri9418-160429-16c.jpg
  1. 2016/05/06(金) 13:20:19|
  2. サンショウクイ

追いつかない、

すばしこいキビタキになかなかカメラが追いつかない、とうとうこの日は後ろ姿ばかり、

キビタキ
kibitaki9464-160429-04c.jpg


kibitaki9445-160429-03c.jpg
  1. 2016/05/04(水) 09:52:38|
  2. キビタキ

ようやく出かけられました、

鳥見のお誘いと手伝いの終了が上手い具合に重なってようやく出かけることが出来ました。

毎年オオルリを見に行く御殿場のキャンプ場、晴れているはずが着いた途端に土砂降りの雨、小一時間ほど林の中で雨宿り。

どうやら明るくなってきて鳥の鳴き声が聞こえだし、目の前にキビタキが留まる、カメラにかけた防水カバーを外す暇もなく飛ばれてしまう、いることが判って一安心。

鳴き声は判るのだが何処にいるかが判らない、視界の中で飛んでくれてようやく居場所が判るような始末。

オオルリ  以外と近くでうれしい再会、
ooruri9500-160429-11c.jpg


ooruri9513-160429-13c.jpg
  1. 2016/05/01(日) 15:59:20|
  2. オオルリ