FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

けど、楽しかった、

急に暖かくなった11月の一日、ダム湖にそそぐ支流の林道を、冬の鳥たちを探して歩きました。

クマタカを待つカメラの砲列を横目に上流から林道へ入る、一の沢までの暗い林道、そろそろ鳥の気配を感じるところ。

アトリを見たのはここ、カヤクグリが一心不乱に餌を探していた苔むした石垣、橋の横の木はウソやベニマシコがよく来てた、通り過ぎるたびに目に浮かぶ。

二の沢を過ぎてようやく林道は明るくなる、カケスやイカルは 今年も来るかな?

金沢橋の手前はベニマシコのポイント、数人が手持無沙汰でブラブラしている。

橋の上で小休止、見回すと林道は紅く黄色く光る秋の中、もう少し歩きます。

隧道を抜けて汁垂橋まで、冬の鳥たちには出会えなかったが気持ち良い汗をかきながらの林道歩きでした。

出会えたのは湖面を横切ったミサゴと金沢橋の上から山を越えたクマタカをほんの一瞬。

何時も出会う林道の主に、、もう少し寒くなってからお出でなさい、、と、気の毒そうに笑われました。

早川林道
hayatogawa3978-171129-02.jpg


hayatogawa3980-171129-04.jpg


hayatogawa3984-171129-06.jpg


hayatogawa3985-171129-07.jpg
スポンサーサイト



  1. 2017/11/30(木) 15:41:31|
  2. 未分類

チョットだけじっとして、

目の前にでてきたエナガの群れ、ワサワサと忙しく枝を行き交う、あっちでコツコツ、こっちでパタパタ、逆立ち、ぶら下がり、羽ばたき。

うーー、ちょっとだけじっとしてくれ!!

気が付くとまたサワサワといなくなる。

エナガ
enaga8064-171115-05d.jpg


enaga8079-171115-08d.jpg


enaga8096-171115-13d.jpg


enaga8119-171115-20d.jpg


enaga8101-171115-16d.jpg
  1. 2017/11/28(火) 21:06:16|
  2. エナガ

隣の町で、

隣の町の調整池に今年もオシドリが来ています、昼間は葦の奥に入っていてなかなか出てきてくれません、夕方になると動き出すのですがその頃は池が陰ってしまいます。

気まぐれのように出てきてくれるオシドリを待ってついつい帰れなくなってしまいます。

オシドリ
osidori7717-171113-36dl.jpg


osidori8498-171119-23.jpg


osidori7703-171113-32d.jpg


osidori7743-17111-44d.jpg


osidori8239-171116-04.jpg


osidori7710-171113-07.jpg
  1. 2017/11/26(日) 19:22:53|
  2. オシドリ

帰途、

複雑な気持ちを残したまま、小田原で寄り道、初めての大雄山線で酒匂川へ。

飯泉橋から栢山まで、堰の上ではセグロカモメ、ウミネコが浅瀬に、マガモ、ヒドリガモ、オオバンは岸辺を歩くたびに足元から飛び立っていく、ミサゴはカラスに邪魔されて狩が出来ない。

狩川の合流点でオオバン、オカヨシガモ、ヒドリガモに混じってヨシガモがいた、♂は1羽。

狩川を渡って再び酒匂川へ出る、遠くの流れをカワアイサが下ってゆく、今年も来ていた。

小田原厚木道路の橋下流で葦を掻き分け河原を近づく、カワアイサは待っていたように泳ぎ去る。

富士見大橋付近でもコガモに混じってカワアイサ、この日は3か所で確認。

さらに開成まで歩く気力もなく栢山で今日は終わり。

何時も見かけるホオジロ、ジョウビタキ、モズとは出会えず、ツグミも松並木で1羽だけ、途中、土手の細道で寒さに動けなくなった彼奴に驚いたり(紐だったかも?)なんかもう一つ楽しめない1日でした。

セグロカモメ
segurokamome8803-171121-03.jpg


ヨシガモ
yosigamo8897-171121-13.jpg


yosigamo8886-171121-10.jpg


カワアイサ
kawaaisa8947-171121-03.jpg


kawaaisa8985-171121-09.jpg


ユリカモメ
yurikamome9116-171121-02.jpg
  1. 2017/11/25(土) 16:08:27|
  2. カワアイサ

何もできずに、

そろそろ冬の海鳥が来ていないかと様子を見に行った小田原の早川港、まだ少し早かったのかハジロカイツブリを見つけただけでした。

そんな中、白灯台の奥の漁港にいたのはなんとオオハム、慌てて数枚とるとなんか変、改めて双眼鏡でのぞくと体の周りに釣り糸らしいものが絡みついているでは。

近くの釣り人に聞くと外海側の堤防から降りてきたらしいが気が付かなかったとか、まさか110番でもないかと何もできずに、いや、何もしないで、ただ見ているだけでした。

帰路早川駅前の交番も躊躇しながら素通り、せめて漁協にでもと後悔ばかり。

どうか皆さん、釣り糸を捨てないで!!

oohamu8734-171121-10.jpg


oohamu8685-171121-04.jpg
  1. 2017/11/22(水) 09:07:34|
  2. 未分類

初飛来、

オカヨシガモが来ている調整池にヒドリガモが2羽、来ていました、この池には初めての飛来です。

いつも公園や河川で普通に見ていたのですが近くに来てくれたとなるとまたひとしおです。

まだ羽の生え変わりが残っているようですがどんどん綺麗になっていくのでしょう、この冬をこの池で過ごしてくれると良いのですが。

ヒドリガモ
hidorigamo8307-171117-04.jpg


hidorigamo7377-171113-20.jpg


hidorigamo7370-171113-03.jpg


hidorigamo7659-171113-14.jpg


hidorigamo8344-171117-07.jpg


hidorigamo8360-171117-10.jpg
  1. 2017/11/19(日) 22:34:07|
  2. ヒドリガモ

久し振りの里山、

5月から遠ざかっていた近所の里山も11月に入ってようやく気兼ねなく歩けると、久しぶりに出かける。

季節をじかに感じながら、慣れ親しんだ小道を歩くのは気持ち良い。(”上から落ちてくるマムシに注意、噛まれたらすぐに救急車” こんな注意書きを見ただけで転びそうになりながら駆け出してしまうけど)

犬や猫じゃないけど自分だけのポイントを確認しながら里山を回る、ずいぶん貸農園が増え、バリケードが増えて歩きにくい、仕方がない、私は、関係者、ではないから。

モズは来ていた、しかし鳴き声を聞き取れないので飛ばれてしまってからわかる始末、目だけが頼り。

ジョウビタキはやはりいつもの梨畑、来たばかりのようで数羽の♂とホオジロが場所取りをしている、山椒の木にはまだこれから、いつもの菜園にも♀が、この子は場所が決まったよう、今季もゆっくり楽しめそう。

ノスリもいる、エナガ、アオジ、メジロ、シジュウカラ、数は少ないが健在。

ツグミ、カケスはまだ来ていないよう、アオゲラ、アカゲラは探せないのでわからない。

ジョウビタキ♀
joubitaki7938-171115-11d.jpg


joubitaki7856-171115-03.jpg


joubitaki8000-171115-20d.jpg


joubitaki8018-171115-23d.jpg


ジョウビタキ♂ まだ来たばかりで落ち着かない
joubitaki6769-171110-01.jpg
  1. 2017/11/17(金) 09:49:06|
  2. ジョウビタキ

カメラを持って、

調整池のオカヨシガモも蒲の繁みから出てくる時間が長くなっているようで、ようやく群れでくつろぐ姿を楽しむことが出来ました。

2対1ぐらいで雄の数が多く、ペアを組むのも大変そう、自然と動きが活発になるようです。

オカヨシガモ
okayosigamo7117-171113-02.jpg


okayosigamo7583-171113-15.jpg


okayosigamo7198-171113-07.jpg


okayosigamo7223-171113-25.jpg


okayosigamo7544-171113-14.jpg


okayosigamo7168-171113-05.jpg


慕う気持ちが波紋に表れて、
okayosigamo7162-171113-20.jpg


okayosigamo7300-171113-27.jpg
  1. 2017/11/15(水) 21:36:31|
  2. オカヨシガモ

カメラを持たないと、

買い物の途中に立ち寄った調整池、オカヨシガモが蒲の茂みから出ています、6羽、10羽、数えるたびに増えています。

水浴びをしたり潜ったり、羽ばたいたり、雄同士は追いかけっこも、青空の下のびのび、気持ちよさそうです。

1時間ほどの寄り道、オカヨシガモは♂12羽、♀6羽でした、今年は競争が激しくなるのか?

キレンジャク
kirenjaku 01-171024-02d
  1. 2017/11/13(月) 09:04:57|
  2. 未分類

今年もやって来た、が、

近所の調整池にオカヨシガモがやってきました、しかし、姿を見せるのはほんの一瞬、ほとんど蒲の茂みに隠れたままです。

数年前のしゅんせつ工事で池が深くなったのか、お尻をぴょこぴょこさせて餌をとる楽しい姿はあまり見られません、水浴びと羽搏きを終えるとすぐに蒲の茂みに戻っていきます。

オカヨシガモ
okayosigamo6476-171105-27.jpg


okayosigamo6396-171105-02.jpg


okayosigamo6427-171105-13.jpg


okayosigamo6425-171105-11.jpg


okayosigamo6466-171105-23.jpg


okayosigamo6469-171105-25.jpg


okayosigamo6499-171105-33.jpg
  1. 2017/11/09(木) 22:59:15|
  2. オカヨシガモ

やんちゃ坊主、

葛西へ戻ってオニアジサシを探す、東渚のカモメの群れに混じっているらしいのだが、双眼鏡では全く太刀打ちできない。

新浦安ではあんなに遠かったのに、目の前の水路ではハジロカイツブリが足元で餌取りに忙しい。

ハジロカイツブリ  ついこの間別れた金髪のツッパリ小僧、冬羽になってもやんちゃ坊主。
hajirokaituburi6158-171103-17.jpg


hajirokaituburi6109-171103-08.jpg


hajirokaituburi6114-171103-11.jpg


新浦安にて
hajirokaituburi6036-171103-05.jpg


hajirokaituburi6034-171103-05.jpg
  1. 2017/11/07(火) 09:00:02|
  2. ハジロカイツブリ

ようやく普通に見られるように、

11月に入り、ようやく季節の鳥が普通に見られるようになってきたようです。

金曜日、久しぶりに葛西臨海公園へ行ってみました、通勤時間を避けたつもりが電車は家族連れでいっぱい、休日でした。

葛西も人でいっぱい、ゆっくり鳥を探す雰囲気ではありません、足を延ばして新浦安へ行ってみましたがここも釣りを楽しむ人で賑わっていました、スズガモの群れもちょっと遠め、双眼鏡もあまり役立ちません、スズガモ、ホシハジロ、ヒドリガモ、ちょっと離れてカンムリカイツブリ、ハジロカイツブリが休んでいます、シギやチドリは見当たりません。

カンムリカイツブリは比較的釣り人の少ないところに来てくれました、これからもっと楽しくなりますよ。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi6092-171103-20.jpg


kanmurikaituburi5957-171103-13.jpg


kanmurikaituburi5940-171103-10.jpg


kanmurikaituburi5918-171103-08.jpg


kanmurikaituburi5969-171103-15.jpg
  1. 2017/11/04(土) 20:50:09|
  2. カンムリカイツブリ