FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

侮ってはダメ、

カワアイサを探しながら河原を歩いているとシギが、なあんだイソシギかあ、通り過ぎようとしたが、?、

肩への白い切れ込みが無い、イソシギじゃ無い、慌ててカメラを構えるがすぐに飛ばれてしまった。

モニターを見るとどうやらクサシギ、真冬に見るのは初めて、せっかくだったのに。

思い込みで、なあんだ、はいけません。

クサシギ
kusasigi7920-180129-01.jpg


kusasigi7925-180129-02.jpg
スポンサーサイト



  1. 2018/01/31(水) 09:18:57|
  2. クサシギ

捨てられない、

身の回りを整理しようと思いながらジタバタするばかりです。

とにかく、物欲、を捨てられない。

茨城の海に戻って、

ミユビシギ
miyubisigi6426-180118-01.jpg


miyubisigi7099-180118-10.jpg


miyubisigi6479-180118-08.jpg


イソヒヨドリ
isohiyodori7022-180118-05.jpg


ヒメウ
himeu6389-180119-02d.jpg
  1. 2018/01/28(日) 09:36:05|
  2. ヒメウ

雪の後、

ウキウキしないといいながら、やはり出かけてしまいます。

里山へ行くバスは運休で、市内の公園へ、雪かきも始まっていない公園はそれでも踏み固められた細い道が出来ていた、

思いは皆同じようです。

くるぶしを超える一歩一歩に靴はグショグショ、履く靴を間違えた、長靴だよねこんな日は。

ルリビタキ
ruribitaki7517-180123-15d.jpg


ruribitaki7504-180123-10d.jpg


ruribitaki7464-180123-05d.jpg


シジュウカラ
sijuukara7428-180123-01.jpg


sijuukara7436-180123-02.jpg

グショグショの靴でこれ以上は無理と諦めた隣町の調整池、昨日、車で連れて行っていただいた。

ほぼ凍ってしまった池の片隅でオシドリは元気でした。

オシドリ
osidori7676-180125-16d.jpg

割れた、
osidori7717-180125-23d.jpg
  1. 2018/01/26(金) 08:06:07|
  2. ルリビタキ

平磯の海、

窓を覗いたら、雪はどうやらやんだよう、車も通らないので道は真っ白、昔ほどウキウキしないなあ。

明日の朝は雪かきかあ。

平磯の海、
hiraiso3991-180118-01.jpg


hiraiso6989-180118-08.jpg


hiraiso6999-180118-11.jpg


ウミアイサ  ♂のウミアイサは久しぶり、近寄るのを待ったが波の遠くへ。
umiaisa6371-180118-04.jpg


umiaisa6420-180118-12.jpg
  1. 2018/01/22(月) 23:02:27|
  2. ウミアイサ

旅行気分は、

福島の方のブログでシノリガモの記事を拝見して、見たくなりました。

車を使っていたころは千葉の九十九里、一宮や飯岡へ行っていたのですが、この方面、電車で行くのは大変そう。

どうやら常磐線ならシノリガモのいそうな海へ連れて行ってくれそう、福島の海は遠すぎるけど茨城ならどうだろう。

地図を見ると太平洋岸に出るのは水戸から先、那珂湊あたりで駅から海まで歩けそうなところで平磯、阿字ヶ浦がよさそう。

特急ひたち3号に柏で乗り、勝田でひたちなか海浜線に乗り換えるつもりが、久しぶりの遠出に寝られない、そのまま早めに家を出たが早すぎた。

柏駅で、特急まで30分近くあり、乗ってきた車両は勝田行、到着時間は20分遅いだけ、そのまま各駅停車で行くことに。

常磐線で旅行気分が味わえると思っていたが普通の通勤通学電車、我孫子、取手は千代田線直通だし、手賀沼、牛久沼、霞ケ浦も建物に隠れて良く見えない。

土浦を過ぎてようやく見える蓮田に水鳥やシギを探すが見えるはずもない。

水戸で乗り換えを怠り15分のロス、久し振りで臨機応変の対応が出来ません。

最初に海が見えた平磯で降りる、小さな漁港から探鳥を開始、風はないけど波が高い。

防波堤は波がかぶって近づけない、沖のほうにヒメウ、ウミアイサ、そして目当てのシノリガモ、双眼鏡が戻ってよかった。

平磯の海岸は道路に沿って防波堤が続きテトラポットの先に砂浜と岩場が並び砂浜は小さな入り江になってところどころで砂浜に降りられる。

この日は波が高く砂浜には降りられないので道路沿いを歩く。

砂浜に突出した岩場にカルガモ、ウミネコ、セグロカモメなどに混じってシノリガモが休んでいる、あてずっぽうに近い感じで出かけてきたのが無駄にはならなかった。

アビ、オオハム、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリなども期待していたけれど、いないのか、見つからなかったのか、出会えませんでした。

最悪一泊しなければいけないかと民宿も調べてあったけど、日帰りで十分楽しめました。

帰りはそのままホームに来た電車でのんびりと寝て帰る。

どうやら私の常磐線は3、40年前のもの、車内で食べるおにぎりもなんか場違いでした。

シノリガモ
sinorigamo6492-180118-06.jpg


sinorigamo6517-180118-10.jpg


sinorigamo6543-180118-15.jpg


sinorigamo6811-180118-38.jpg


sinorigamo6812-180118-39.jpg


sinorigamo6788-180118-32.jpg


sinorigamo6567-180118-18c.jpg


sinorigamo6859-180118-50.jpg


sinorigamo6825-180118-42.jpg
  1. 2018/01/20(土) 00:00:08|
  2. シノリガモ

助かった、

水元公園に、ヒクイナを見たくて出かけました、公園に入るとすぐに橋のたもとでニシオジロビタキが餌を待っています。

池に沿って萱の田圃まで水鳥を探しながら歩きます、ヒドリガモ、オオバン、ホシハジロ、キンクロハジロなど寝ています、カイツブリ、カンムリカイツブリは流石に見慣れてしまいました、ヨシガモ、ミコアイサはまだ見つかりません。

ヒクイナがいるのではと思われる萱の田圃へ着くと、常連と思われる方たちが椅子に座ってカメラを構えています、のんびりした感じなので、まだ出てくる時間ではないのかと他を歩くことにしました、メタセコイアの林を通ってサンクチュアリの周りを歩いてみましたが、モズ、ヒヨドリ、シジュウカラくらい。

途中トイレに寄って萱の田圃に戻ると様子が変わって、カメラを構えたり、双眼鏡を覗いたり、ざわざわしています、ヒクイナが出た?

慌てて双眼鏡で確認しようとすると、首にかけているはずの双眼鏡がありません、あっ、トイレに忘れた。

厚着をしているのでトイレをするのも大変です、リュック、コート、そして首から双眼鏡を外し、ズボンとタイツを下し、、、ほっとしたら双眼鏡の事を忘れてしまったようです。

一瞬、このままヒクイナを確認するかと思いましたが、やはり双眼鏡が気になります、走ってトイレに戻りました、その間5分もなかったようなのに、トイレに双眼鏡はありませんでした。

すっかり落ち込んでしまいました、トボトボと萱の田圃へ戻ると、みんなニコニコ、カメラのモニターを覗いています、いままで出ていたようです、ちょうど隠れてしまったところでした。

いっぺんにやる気もなくなってしまいました、どうせ無かったんならヒクイナを見てから探しに行けばよかったのに、もう帰ろ。

公園の出口近くにサービスセンターの看板を見て、念のため立ち寄ってみると、双眼鏡は数分前に届いたとのことで無事戻ってきました、でも、もう一度ヒクイナの出てくるのを待つ気にはなれませんでした。

届けていただいた方のお名前は教えていただけませんでしたがこの場を借りて御礼申し上げます、ありがとうございました。

タヒバリ  萱場の水は凍ったまま、
tahibari6156-180113-04.jpg


tahibari6168-180113-06.jpg
  1. 2018/01/14(日) 12:52:12|
  2. タヒバリ

みんな大好き、

公園の池端でカワセミが休んでいます、散歩の人たちは携帯を向けて写真に収めます。

彼女は美しさを誇るようにポーズを続けます。

柔らかく差し込む光がスポットライトとなって彼女を光り輝かせます。

カワセミ
kawasemi5845-180109-15.jpg
  1. 2018/01/10(水) 08:15:43|
  2. カワセミ

暗くて寒いと、

おてんとう様が出てくれないと出かけるのも億劫になります、今日は引き籠り。

動き出したヨシガモにつられたのか、取水塔の陰に隠れていたオシドリも出てきてくれました。

オシドリ
osidori5527-180106-04.jpg


osidori5532-180106-07.jpg


osidori5519-180106-03.jpg


osidori5539-180106-09.jpg


osidori5528-180106-05.jpg
  1. 2018/01/08(月) 14:39:40|
  2. オシドリ

浄水施設沈殿池、

やはりお雑煮は食べ過ぎてしまうようです、体重が2キロも増えてしまっています。

水鳥たちが冬を越す隣県の浄水施設沈殿池、ヨシガモもそろそろ綺麗になっているのではと見に行きました。

ヨシガモはフロートブイの上で寝てばかり、仕方なく近くの公園を一回り、慣れない公園で鳥の気配をつかめない、ヒヨドリばかりが目に付く。

戻ってしばらくすると、ようやくヨシガモも動き出し、美しくなった姿を見せてくれた。

ヨシガモ
yosigamo5496-180106-20.jpg


yosigamo5479-180106-18.jpg


yosigamo5444-180106-14.jpg


yosigamo5443-180106-13.jpg


yosigamo5434-180106-10.jpg


yosigamo5405-180106-08.jpg
  1. 2018/01/06(土) 22:08:59|
  2. ヨシガモ

早いです、

三日目にしてお雑煮に飽き、トーストにバター、やっぱり普通がいい。

オカヨシガモ  初めはやっぱり近所の調整池、オカヨシガモは蒲の繁みから出ていることが多くなりました。
okayosigamo5147-180101-10.jpg

トビ  富士山を背景にしたつもりだったんですが、拙い腕では、、
tobi5177-180102-02.jpg

ルリビタキ  振り向くと後ろの通路に出てくれていた、
ruribitaki5201-180103-06d.jpg

カイツブリ  相変わらず良く働いています、
kaituburi5213-180103-01d.jpg
  1. 2018/01/03(水) 17:38:19|
  2. ルリビタキ

明けましておめでとうございます。

お雑煮を食べて今年も始まりました、調味料を入れすぎてちょっとしょっぱい幕開けです、

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年賀-02
  1. 2018/01/01(月) 08:33:25|
  2. 未分類