FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

ようやく出会えました、

何年も、何回も、川越、相模原、横浜、etc.、、噂を聞くたびに出かけてはすれ違いばかりでした。

今回も遅いかな、と、思いながら出かけた相模原の公園、てっきりアトリの群れの中に混じっているのを探さなくてはいけないのかと思っていたのですが違いました。

頭の黒くない♀のコイカルでしたがようやく出会うことが出来ました、ぜひ♂にも会いたいです。

コイカル
koikaru0177-180216-14.jpg


koikaru9895-180216-42d.jpg


koikaru0317-180216-35.jpg


koikaru0265-180216-31.jpg


koikaru0214-180216-19.jpg

環境を変えたくて四苦八苦しています、ブログの更新も遅れ気味です、ご容赦ください。安直庵
スポンサーサイト



  1. 2018/02/24(土) 15:10:08|
  2. コイカル

近くにいる間に、

冬の水鳥たちが近くにいる間に何度でも見に行きます。

トモエガモ  日陰に入って寝てばかり、やっと日向へ出てくれた、
tomoegamo9219-180214-18.jpg


tomoegamo9240-180214-19.jpg


カワアイサ  行動範囲が広いので、とにかく歩いて、歩いて、
kawaaisa7902-180129-02.jpg

あ、また飛ばれた、
kawaaisa7905-180129-03.jpg


ホオジロガモ  今季は数が少ないよう、
hoojirogamo9775-180215-04.jpg


hoojirogamo9836-180215-08.jpg
  1. 2018/02/19(月) 17:48:22|
  2. トモエガモ

コミミズクには出会えずに、

どうもタイミングが悪いようでここ数年コミミズクには出会えません。

夕方までの時間潰しに回った近くの川や田圃で出会ったオオハクチョウ コハクチョウ、チョウゲンボウ、タゲリがこの日の収穫、コミミズクとの出会いは今回もお預け。

追記 オオハクチョウとコハクチョウを間違えていたようです、掲載した写真の子たちはコハクチョウだと思います、、ようです、だと思います、と、曖昧で申し訳ありませんが訂正させていただきます。(2018.02.17)

オオハクチョウ コハクチョウ
oohakutyou9409-180215-08.jpg


oohakutyou9384-180215-02.jpg


oohakutyou9432-180215-11.jpg


タゲリ
tageri9650-180215-04.jpg


tageri9661-180215-05.jpg


チョウゲンボウ
tyougenbou9731-180215-12d.jpg


tyougenbou9735-180215-13d.jpg
  1. 2018/02/16(金) 20:03:37|
  2. コハクチョウ

本の処分

ため込んだ本との格闘も大変です。

文庫本は少しづつブックオフへ運んでお昼代にしていたのですが、引き取ってもらえそうもない単行本や雑誌などはゴミの日に古紙として処分していました。

週1回、階段を上り下りして10往復、減ったかなと思うと押入れの中やとんでもないところからまた湧き出してきます。

もう限界、ダメ元でブックオフへ電話すると本はすべて引き取ってくれるということです、何のことはない、早く頼めばよかったのです。

昨日、1時間ほどで本棚はすっかり綺麗になりました、どうしても捨てきれなかった井伏鱒二を残して。

気晴らしに歩くあちこちで、

アオジ
aoji5923-180109-01.jpg

ホオジロ
hoojiro7894-180129-03.jpg

ジョウビタキ ♂
joubitaki5915-180109-04.jpg

ジョウビタキ ♀
joubitaki7914-180129-02.jpg

コゲラ
kogera7814-180125-02d.jpg

メジロ
mejiro6062-180110-01.jpg

ルリビタキ ♂
ruribitaki7804-180125-03d.jpg

ルリビタキ ♀
ruribitaki8349-180131-03.jpg

シロハラ
sirohara7831-180125-02d.jpg
  1. 2018/02/12(月) 10:33:39|
  2. 未分類

飽きた、、、、

片付け、飽きた、寝るところもないくらいに散らかって、やめるわけにもいかない、ほんとに飽きた。

気分転換にオシドリのいる調整池へ、オシドリは相変わらず茂みの中から出てこない。

カワウが飛んできて漁を始めると、それまで対岸でずーっと動かなかったカワセミが急に池を飛び回る。

刺激を受けたのか牽制しているのか、カワウの上でホバリングをしてダイビング、何度も何度も。

思いっきりシャッターを押しまくり、少しは気が晴れた。

カワセミ
kawasemi8540-180208-05.jpg


kawasemi8698-180208-29.jpg


kawasemi8593-180208-22.jpg


kawasemi8708-180208-30.jpg


kawasemi8579-180208-20.jpg
  1. 2018/02/09(金) 22:50:46|
  2. カワセミ

ゴミ屋敷?

半世紀近くでため込んだ身の回りの垢は、そう簡単には落としきれそうにもなく、片付けの作業が進むにつれて部屋の中はゴミの山です。

仕事柄、家は綺麗に片付けてあるつもりでしたが、どうやらそれは勘違いだったようで、押入れ、物入、タンス、クローゼットの中に見えないようにゴミがしまってあっただけでした。

とにかく押入れ、物入から、分別しながらゴミ袋へ、必要なものはほとんどありません。青い袋と黄色いゴミ袋の山が部屋を満たして足の踏み場もありません。

ゴミの日に、階段を上り下りして五往復、一回のゴミ出しはこれが限界です、半世紀分のごみ処理に、こんな毎日が続きます。

それでも、外食のついでに持って行ったレコード、CD、DVDがお金に変わり、いつもより少し豪勢な昼飯になりました。

悪くなった耳にコツコツコツと懐かしい啄木鳥の音が聞こえました、頭の上にアオゲラがいました、こんな風に彼らを見つけるのは久しぶりです。

アオゲラ
aogera8121-180131-06.jpg


aogera8278-180131-14.jpg


aogera8324-180131-16c.jpg
  1. 2018/02/04(日) 17:38:15|
  2. アオゲラ