FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

思いがけなく、

今季は諦めていたキジと出会うことが出来ました、 出てくれないササゴイを待ってぼんやりしていると、対岸の草叢から姿を現し石の上に載ってホロ打ちまで見せてくれるサービス振り、結局ササゴイは出てきませんでした。

キジ
kiji0927-180531-03.jpg


kiji1037-180531-18.jpg


kiji1029-180531-15.jpg


kiji1059-180531-22.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/05/31(木) 22:56:32|
  2. キジ

嘴の形で、

今季はチュウシャクシギとの出会いは多いのですがオオソリハシシギにはなかなか出会えませんでした。

満潮の渚でまたチュウシャクシギ、、仲に嘴のまっすぐな2羽が、、見たかったオオソリハシシギでした。

オオソリハシシギ
oosorihasisigi0372-180524-01.jpg


oosorihasisigi0396-180524-03.jpg
  1. 2018/05/26(土) 21:50:47|
  2. オオソリハシシギ

なかなか出会えません、

新居の近くでアマサギは見当たりません、初めての場所を埼玉、千葉と水田地帯にまで足を延ばして探します。

知らない場所でバス便もよくわからないので歩き回るのを覚悟していても出会えないと余計に疲れます。

ダイサギ
daisagi9543-180514-01.jpg
  1. 2018/05/25(金) 16:37:52|
  2. ダイサギ

遠浅の海で、

潮が曳いて出てきた小さな牡蠣礁にシギたちが集まっています、よーく見ないと気が付きません。

見分けられるのはチュウシャクシギくらい、小さなシギはいるのかどうかもわかりません。

それにしてもこの海、ずいぶん遠浅です、

チュウシャクシギ
tyuusyakusigi0155-180518-10.jpg


tyuusyakusigi0266-180518-24.jpg


tyuusyakusigi0237-180518-23.jpg


tyuusyakusigi0293-180518-29.jpg


tyuusyakusigi0297-180518-30.jpg
  1. 2018/05/20(日) 18:55:30|
  2. チュウシャクシギ

行き当たりばったりなので、

新浦安の海岸は大潮でずいぶん沖まで潮干狩りの人でいっぱい、さらにイベントの準備で立ち入りのできないところも、歩き疲れてクタクタ。

コチドリ
kotidori0013-180518-03.jpg


kotidori0016-180518-04.jpg


kotidori0022-180518-06.jpg
  1. 2018/05/18(金) 15:40:54|
  2. コチドリ

手賀沼へ行ってみました、

一度行ってみようと思っていた手賀沼へ行ってみました、例によって朝起きたときの思い付き。

うろ覚えで、東京駅から常磐線に乗ろうとしたがホームがわからない、駅員に聞くと上野からといわれ上野駅。

ここでも迷子、常磐線でも複数のホームがあるようであちこちホームを廻りようやく電車に乗れた、JRは難しい。

期待のシギ、チドリは見つけられず、葦の繁みも様子がわからず空振り、やはり事前の調査は必要です。

休み休み歩いた3時間、コブハクチョウがあちこちで子育て中、かわいい雛に救われました。

コブハクチョウ
kobuhakutyou9645-180514-42d.jpg


kobuhakutyou9473-180514-22d.jpg


kobuhakutyou9477-180514-24d.jpg


kobuhakutyou9559-180514-28d.jpg


kobuhakutyou9603-180514-36d.jpg


kobuhakutyou9628-180514-11.jpg


kobuhakutyou9643-180514-41d.jpg
  1. 2018/05/15(火) 20:14:01|
  2. コブハクチョウ

満ちてきて、

満ちてくる潮に、いよいよ我慢できなくて、、

トウネン、メダイチドリ、キョウジョシギ、
kyoujosigi9441-180511-03.jpg


kyoujosigi9458-180511-01.jpg
  1. 2018/05/14(月) 23:10:24|
  2. トウネン

群れで、

干潟に広がった鳥たち、潮が戻り始めると群れであちこち飛び回ります。

もっとよく見たかったサルハマシギは海のほうへ飛んで行った群れに入っていたらしい。

残ったトウネンたちは浅瀬に集まり押し競饅頭、、みんな綺麗な夏羽です。

トウネン
tounen8515-180510-11.jpg


tounen8662-180511-02d.jpg


tounen9066-180511-25.jpg


tounen9362-180511-10.jpg


tounen9074-180511-23.jpg


tounen9363-180511-09.jpg


tounen9454-180511-02.jpg
  1. 2018/05/12(土) 13:55:49|
  2. トウネン

再度の楽しみ、

雨で出かけられないときは、写真の整理を兼ねてもう一度バードウォッチングを楽しんでいます。

まだまだ注意力が足りないようで、よく見ると、トウネンに混じってミユビシギ?

トウネン
tounen7595-180429-02.jpg


tounen7597-180429-03.jpg


tounen7599-180429-04.jpg
  1. 2018/05/08(火) 11:51:06|
  2. トウネン

多摩川で、

連休中、多摩川の河原をあちこち歩いています、なかなか鳥たちに出会えません。

兵庫島から東名高速のあたりは子供の頃の釣りポイント、小学生の頃、連れていかれた精神科、先生が、学校いやだったらいかなくてもいいよ、それをよいことによく通った。

白バイの練習場、狛江の水辺の楽校、自動車教習所、和泉多摩川、いつの間にかコアジサシは姿を消していた。

和泉多摩川から五本松、多摩川住宅あたりは映画の撮影中、布田の堰でようやくコアジサシに再開、自然孵化場付近で久しぶりのセッカ、京王閣まで来てもオオヨシキリには出会えない。

何十年ぶりかの日野。

四谷から東光寺まで、記憶の中にある景色はほとんど無い、滑(なめ)の川床で溺れたおかげで泳げるようになった、ニセアカシアの林を抜けて川辺に出る、もうそろそろ彼奴が起きだす、ウグイスの鳴き声がずっと聞こえる、モズの羽は灰色が目立つ、ここでもオオヨシキリの鳴き声は聞こえなかった。

コアジサシ
koajisasi8110-180504-01.jpg


koajisasi7809-180501-28d.jpg


koajisasi7774-180501-22d.jpg


koajisasi7810-180501-29d.jpg


koajisasi8024-180501-49d.jpg


koajisasi8072-180501-54d.jpg


koajisasi8017-180501-47d.jpg


koajisasi7715-180501-18d.jpg
  1. 2018/05/06(日) 15:38:42|
  2. コアジサシ

食べ放題、

遡上する稚鮎に群がるサギ、コアジサシ、こんなに食べられて大丈夫なのかとちょっと心配。

漁協のお父さん、ぜーんぜん、だそうです。

コサギ
kosagi6115-180426-01.jpg


kosagi6149-180426-02.jpg


kosagi6150-180426-03.jpg


kosagi6151-180426-04.jpg


kosagi6178-180426-05.jpg


kosagi6110-180426-07.jpg
  1. 2018/05/04(金) 21:26:01|
  2. コサギ

群れが美しい、

5、60羽は集まっていただろうか、派手な色合いが保護色になって目立たない、一斉に飛び立つと群れの色が白くなったり茶色くなったり黒くなったりと美しく変化する。

キョウジョシギ
kyoujosigi7424-180429-06.jpg

ハマシギが1羽、
kyoujosigi7429-180429-09.jpg


kyoujosigi7457-180429-15.jpg

意外と模様には個体差が、
kyoujosigi7520-180429-18.jpg

トウネン君も混じってた、
kyoujosigi7563-180429-17.jpg
  1. 2018/05/02(水) 09:21:00|
  2. キョウジョシギ