FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

行き当たりばったりで気になった、(3)

総武線のガードを潜り神田川沿いへ、隅田川へ出るあたりが柳橋、この辺りの道路はほとんど昔のまま、色街らしく生活感はあまり感じない。

asakusabasi1651-190717-47.jpg


asakusabasi1622-190717-38.jpg


asakusabasi1617-190717-36.jpg


asakusabasi1615-190717-35.jpg


asakusabasi1645-190717-44.jpg


隅田川を渡る総武線鉄橋、
asakusabasi1637-190717-42.jpg


蔵前橋方向、
asakusabasi1629-190717-41.jpg


両国橋、
asakusabasi1628-190717-40.jpg


隅田川へ合流する神田川には屋形船が並ぶ、
asakusabasi1609-190717-32.jpg


asakusabasi1660-190717-53.jpg


柳橋を渡って東日本橋へ、
asakusabasi1659-190717-52.jpg


薬研堀不動尊
asakusabasi1668-190717-54.jpg

この辺りまで来ると戦後の混とんを残す風景はあまり感じられない、

今度は久松町、浜町あたりが気になって来る、、またいつか。


スポンサーサイト



  1. 2019/07/29(月) 10:29:04|
  2. 未分類

行き当たりばったりで気になった、(2)

ほとんどの住まいは細い路地に壁一枚で接している、路地は単なる通路ではなく各々の生活がはみ出して重なる部分でもある。

これを許容するしたたかさがここでの生活を可能にしていると勝手に想像する。将来的に路地の在り方がどう変わって行くのかそれとも路地自体がなくなってしまうのか、見てみたいです。

建て替えられた大きな建物に面する路地では専門学校の生徒らしい外国人たちが非常階段の下で弁当を食べたり喫煙をしたりしていました。

1階は仕事場あるいは店、2階が住居、細い路地の中にも活気があったんでしょうね、
asakusabasi1574-190717-11.jpg

ブロックの塀がとても違和感を感じます、
asakusabasi1577-190717-12.jpg

植木鉢に植えられた緑が精いっぱいの努力、クーラーの出現で窓は閉じられ縁台は消えた、
asakusabasi1588-190717-20.jpg

濃密に暮らしているようでも建て替えになると個々バラバラになってしまう、この辺に大きな問題があるんだけど、
asakusabasi1571-190717-08.jpg


asakusabasi1594-190717-23.jpg

自転車は当然のように路地に並ぶ、自動車は?
asakusabasi1605-190717-30.jpg

贅沢な空間、ちゃきちゃきの江戸っ娘が出てきそう、
asakusabasi1601-190717-27.jpg
  1. 2019/07/25(木) 17:16:43|
  2. 未分類

行き当たりばったりで気になった、(1)

5月の連休に何となく廻った森下から両国、蔵前、鳥越付近の街、それ以来何となくこの辺りが気になっています。

この日は浅草橋駅から鳥越神社方向へ少し戻り、浅草橋、柳橋、東日本橋、と馬喰横山駅までです。

隅田川周辺は関東大震災、そして東京大空襲と、二十年ほどの間をおいて二度の壊滅的な被害を被っています。

それから七十年、めげることなくしたたかに生きた人たちの力強さを感じないわけにはいきません。

ただ、ここに、家、住まいに対する東京人の意識が集約されているように思います。

昔、仕事で滞在した砺波平野の散居村の二百年、三百年の寿命で考える住まい、単純に比較はできませんが対極にあるような気はします。

浅草橋周辺
asakusabasi1561-190717-02.jpg

銀杏岡八幡神社
asakusabasi1564-190717-03.jpg

路地や区割り、そして商売も江戸からのままなんでしょう、
asakusabasi1570-190717-07.jpg


asakusabasi1568-190717-05.jpg


asakusabasi1582-190717-16.jpg
  1. 2019/07/23(火) 17:42:44|
  2. 未分類

お邪魔虫、

ササゴイを探して歩く川縁で、チョッピーチーツツ、と繰り返すホオジロの囀り、久しぶりに鳥の声を聴き分けることが出来ました。

こんなに近くまで気が付かなかったかと思うほど近づいていたようで、たぶん、じゃまだあっちへ行け、と怒っていたのかも。

ホオジロ
hoojiro2994-190713-12d.jpg


hoojiro3015-190713-20d.jpg


hoojiro3057-190713-10.jpg

やっと見つけたササゴイは対岸の浅瀬で狩漁中、あんまり上手ではないようです、こっちはもっと下手くそでその失敗すら撮れません、

ササゴイ  
sasagoi2941-190713-04.jpg


sasagoi2973-190713-11.jpg
  1. 2019/07/19(金) 11:44:42|
  2. ホオジロ

今、人気者です、

散歩で歩く井の頭の池、あちこちでカイツブリが営巣中です、橋のたもとのこの子達、生まれた巣から離れて水草の上に新しい巣が出来ました、少し広くなって親の背中に潜り込むことはなくなりました、橋の反対側では大きくなった子達がせっせと羽繕い、どんどん大きくなっていくようです。

カイツブリ
kaituburi2783-190710-38.jpg


kaituburi2631-190710-09.jpg


kaituburi2704-190710-25.jpg


kaituburi2884-190710-55.jpg


kaituburi2845-190710-45.jpg


kaituburi2852-190710-47.jpg


kaituburi2923-190710-57.jpg
  1. 2019/07/14(日) 15:24:01|
  2. カイツブリ

都心に近い住宅街で、

善福寺川沿いの公園、今年もオオタカが育ち元気に飛び回るようになりました。

オオタカ 雛、
ootaka1819-190708-03d.jpg


ootaka1889-190708-10d.jpg


餌を運んできた親のもとへ、
ootaka1955-190708-16d.jpg


2羽で餌を奪い合い、
ootaka2127-190708-37d.jpg


ootaka2149-190708-41d.jpg


勝ち取った子は笹薮で一心不乱、
ootaka2482-190708-63d.jpg


オオタカ ♀  親は水浴びを済ませて電柱で一休み、
ootaka2303-190708-59d.jpg


ootaka2513-190708-68d.jpg


ootaka2551-190708-71d.jpg
  1. 2019/07/09(火) 20:24:46|
  2. オオタカ

おかげさまで今年も見ることが出来ました、

朝、ポストから取り出す新聞が、ポリ袋に入っていると、ああ今日も雨なんだあ、と少し心が沈んでしまう。

あの袋、破りにくくて苦労する。

新聞が袋に入っていなかった朝、とりあえず出かけた谷戸で先達さんにお会いし、毎年見ていて気になっていたツミを見に連れて行っていただきました。

旧宅のすぐ近く、去年と同じ場所では5羽の雛が、もう一か所、体育館横の公苑では4羽が巣立っていました。

ほわほわの綿毛はすっかり生え変わり、目つきもすでに猛禽です。

ツミ
tumi1218-190703-10.jpg


tumi1394-190703-15.jpg


tumi1447-190703-18.jpg


tumi1494-190703-21.jpg


tumi1524-190703-22.jpg


tumi1644-190703-31.jpg
  1. 2019/07/04(木) 11:57:09|
  2. ツミ