FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

要らないかな、

今度の機種、いろいろ出来るみたいだけどよくわからない。

店員さんが、お宅にWi-Fiありますか?

パソコンは多分それで繋いでるはず、、それなら家の中なら無料でインターネットが使えますよ、Lineもできます、Lineで通話も無料です。

電話が使えればと、ほとんどほかの機能に興味もなかったのに、無料、と聞いて、とりあえずあちこちいじってみる。

Wi-Fiはどうやら繋がって、インターネットも大丈夫、だけど文字が小さくてほとんど読めません、パソコンが近くにあるのにわざわざ携帯で見る必要はないのでこれは不要。

Lineのアイコンを押して登録を始める、ほとんど言葉がわからない、順番に進めていると、突然、名前や写真が並んで出てくる、知ってる名前や知らない名前、芸能人の名前がやたらと多い、慌てふためき設定を前に戻そうとするが戻らない、名前の右下の小さなポッチを押せば消去できるのではと順番に押しているとみんな友達になってしまった。

そのうち昔の知り合いからメールのようなものがポロンと入りだす、どうしてよいかわからない、とにかくそのまま触らないことに。

姉の名前でポロンとなり、これなら大丈夫と繋いでみると姉とつながった、そして会話が出来て、ああこれがLineかと納得。

知人のメール?に謝りの返事を出して笑われて。

しかし他の数十人どうしよう、芸能人や占い師らしい人のメッセージはこんなにくるんだ、かかわりたくない、、思い切ってLineを削除する。

よく考えたら、普段、終活を考えながら生活している人間に必要なツールなんだろうか、殆んど電話もしないのに。

機種を変えて2週間、発信記録1、着信記録2、ショートメール1、着信の1件は固定電話から試しにかけてみたものでした。

ミコアイサ  沈殿池で偶然に、
mikoaisa3041-191129-01d.jpg


mikoaisa3044-191129-02d.jpg

スポンサーサイト



  1. 2019/11/29(金) 22:58:04|
  2. ミコアイサ

これも捨てられない、か、

携帯電話の電池がすぐになくなるので電池を交換しに行ったら、機種が古くてサポートしていないということで、それなら機種を新しくしようとしたら、二年後には電波が使えなくなるとのこと。

めんどくさそうに対応する店員の態度に少しムッとしながら、この際携帯電話をやめてしまおうと決めて店を出る。

でも寝ながらよく考えると、やめてしまうのも周りへの連絡とかめんどくさそう、思い直して出直すことに。

事情を話して説明を受けると、スマートフォンか4G何とかという機種に変更するしかないようでしたが、今日の店員、分かり易く親切、今までの使用状況を調べ、通話も無料通話の範囲内だし、メールもインターネットも使用していないので、機種を変えても一番安いコースで大丈夫とのこと、4G何とかなら使い方もほとんど変わらないので、と勧められる。

電話機は買わなければならないそうでしたが、割引、今までのポイント、クーポンなどで補填すると、900円、です、月々の使用料は保険を込めて、1500円、ちょっと、今までの使用料より500円ほど安くなった。

こんなんならもっと早く新しくしておけば良かった。(安くなる変更の案内は絶対来ないよね)

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi2699-191121-13.jpg


kanmurikaituburi2749-191121-25.jpg


kanmurikaituburi2766-191121-29.jpg


ハジロカイツブリ
hajirokaituburi2589-191121-12.jpg


hajirokaituburi2607-191121-13.jpg


hajirokaituburi2681-191121-20.jpg
  1. 2019/11/27(水) 21:51:19|
  2. カンムリカイツブリ

季節は来ています、

去年のブログで、今ごろは何処へ行っていた、と見て、行く場所を決めています、鳥たちも律義にちゃんと来てくれています。

浦安の岸壁、そういえば去年、ここでカメラが壊れたんだった。

船橋に向かって広がる海に浮かぶ鳥たちの姿が極端に少ないようです、いつもならたくさん集まるスズガモはまだこれからなのでしょうか?

それでも会いたかったウミアイサやハジロカイツブリは来ていました。

この日はスズガモの群れの中からほかの鳥を探すことは諦め、ウミアイサ達が岸へ近づいて来るのを待って、河口に近い岸壁をウロウロしながら、海鳥の始まりの季節、を楽しみました。

ウミアイサ
umiaisa2268-191121-14.jpg


umiaisa2330-191121-23.jpg


はっきりとした♂は見つけられませんでしたが多分この子は男の子、
umiaisa2436-191121-35.jpg


umiaisa2213-191121-02.jpg


umiaisa2845-191121-51.jpg
  1. 2019/11/24(日) 18:54:36|
  2. ウミアイサ

来たばかり、

植物園の落葉樹の森で樹上をツグミの群れが飛び交っていました、もう少しすると公園や運動場の芝生の上でよく見かけるようになります、そうなると、、なんだツグミか、、となる。

季節の初めに出会うと、やはり、ホッとします。

ツグミ
tugumi2044-191120-03.jpg


tugumi2067-191120-07.jpg


tugumi2061-191120-05.jpg
  1. 2019/11/22(金) 13:06:31|
  2. ツグミ

畦のあかまんまと、

シギやチドリを探し回る平塚の田圃、11月に入ってケリやタゲリが来てくれる頃です。

歩き回る覚悟でバスを降りてすぐ、残土置き場の横に並ぶカメラ、探し回ることもなくタゲリとの出会いです。

古代裂のように渋く光る優雅な姿、秋空によく映えます。

タゲリ
tageri1362-191114-83.jpg


tageri0819-191114-27.jpg


tageri0787-191114-23.jpg


tageri1383-191114-97d.jpg


tageri1384-191114-98d.jpg


tageri1427-191114-114d.jpg


tageri1434-191114-120d.jpg


tageri1560-191114-139d.jpg


tageri1579-191114-143d.jpg
  1. 2019/11/17(日) 10:07:30|
  2. タゲリ

忘れる、

買うものを書いたメモを忘れてスーパーで、、確か4つあったはず、卵、紅茶、ココア、もう1つが思い出せない、頭の中にメモ用紙は浮かぶ、最初に書いたのは紅茶、その次が思い出せない、ひらがなでメモしたはず、3つ目はココア、最後に書いたのは卵。

紅茶とココアの間だからコーヒー、砂糖?これは買ったばかり、棚の間を回りな思い出そうとするが出てこない、、思い出すのを諦める。

そういえば、メモには書かなかったけれどソースが切れるころでは?

机の上の忘れたメモには2番目に、とうばんじゃやん、と書いてあった。

ソースはすでに買ってありました。

洗い替えの便座カバー、また違うタイプを買ってしまった。

ヒドリガモ  堰の上は少しづつ水鳥たちが増えています、
hidorigamo0336-191109-07.jpg


キンクロハジロ
kinkurohajiro0072-191109-01.jpg
  1. 2019/11/15(金) 08:43:08|
  2. ヒドリガモ

多摩川の堰、

先日の大水で影響があったのではと近づくのを遠慮していたのですが、近くに用事が出来たのでついでに覗いてみました。

河原は、堰の周りの手すりが流されていたり、土手の犬走は蛇篭がむき出しになっていたり、こんな高さまで水が来たのかと思わせるように枯れ葦のごみが残っていたり、近くの人たちは大変だったろうと改めて思います。

カンムリカイツブリは今年も来てくれていました、堰から上流、堰の近くに9羽、鉄橋の付近に3羽、対岸近くに2羽と数えることが出来ました。

堰近くの群れはほとんど寝ています、寝ながら気配を感じて遠ざかります、遠くの子たち何度も潜水を繰り返しています。

次の日、対岸に回ってみました、思っていたほどこちら側へは来てくれません、対岸を見ると羽ばたいたり飛び回ったりと賑やかです、対岸へ戻るには鉄橋の向こうの橋まで回らなければいけません、この日は諦めです。

三日目、光線の具合を考え朝早く、重たいレンズを持ち出して東京側で挑戦です、やはりこちら側では寝てばかりです、しかも太陽は時々雲に隠れてしまいます、油断して薄着だったので陰ると風が身に沁みます。

久しぶりに持ち出した大きなレンズ、体力的にもうきついです。

今季も春まで楽しく通う場所が出来ました。

カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi9769-191107-01.jpg


kanmurikaituburi9964-191108-12.jpg


kanmurikaituburi0148-191109-16.jpg


kanmurikaituburi0268-191109-27.jpg


kanmurikaituburi0454-191109-48.jpg


kanmurikaituburi0445-191109-44.jpg


kanmurikaituburi0582-191109-58.jpg


kanmurikaituburi0595-191109-60.jpg
  1. 2019/11/10(日) 18:31:01|
  2. カンムリカイツブリ

干潮の海浜公園、

潮が曳いた浜辺の浅瀬をちょっと水漏れのする長靴を履いて歩きます、田植え用の長靴なのでぴったりと張り付いているのでそんなに濡れてはこないのですが、多分もう少し寒くなったら冷たいだろうな、と考えながら。

見たかったオニアジサシには出会えませんでした、いつもそうです、私が情報を得るころにはみんな出かけた後です。

それでもここに来ると何かに出会えて楽しいです。

ミヤコドリ
miyakodori9230-191030-04.jpg


miyakodori9249-191030-08.jpg


miyakodori9353-191030-02d.jpg


miyakodori9598-191030-06d.jpg


ハマシギ
hamasigi9194-191030-01d.jpg


hamasigi9180-191030-01.jpg


hamasigi9287-191030-05.jpg


ミユビシギ
miyubisigi9164-191030-01.jpg


オオソリハシシギ
oosorihasisigi9377-191030-02d.jpg


毎年やって来るビロードキンクロ、スズガモの中に紛れているので探してください、
biroudokinkuro9421-191030-03d.jpg
  1. 2019/11/07(木) 23:14:59|
  2. ミヤコドリ

柿の実に、

公園の柿の木に、実をたべに来る鳥達、カラス、ヒヨドリ、メジロ、そしてアオゲラ。

たぶん渋柿、まだ葉もたくさん残っていて実は堅そう、カラスやヒヨドリが傷をつけ柔らかくなったところをメジロが啄む、アオゲラは高いところの実を狙っているようです。

メジロ
mejiro8882-191028-04.jpg


mejiro8938-191028-08.jpg


アオゲラ
aogera9064-191028-11d.jpg
  1. 2019/11/02(土) 20:17:36|
  2. アオゲラ