FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

以前の街で、

以前住んでいた街へ久しぶりに出かけてみました、相変わらず鳥たちとの出会いは多く懐かしく楽しい一日でした。

調整池ではバンの雛、みんな大きくなっていました、オオヨシキリは営巣中、エサを運ぶのに忙しそうです、オオヨシキリを撮っているつもりでスズメも沢山、巣材を運んでいます。

切通の松林、ツミは今年も雛を誕生させていました、巣立ちが楽しみです。

谷戸のチョウゲンボウは3羽が巣立ち、アーチに1羽、巣穴に戻って1羽、そして1羽が駐車場へダイブ、毎年のことですがハラハラします。

バン
ban7542-200627-01.jpg


オオヨシキリ
ooyosikiri7572-200627-03.jpg


スズメ
suzume7563-200627-04.jpg


ツミ 親は遠くのアンテナで見守り、
tumi7534-200627-27.jpg


チョウゲンボウ
tyougenbou7631-200627-03.jpg


tyougenbou7642-200627-05.jpg


tyougenbou7639-200627-04.jpg
スポンサーサイト



  1. 2020/06/27(土) 21:04:48|
  2. オオヨシキリ

手作りのマスク、

暇を持て余し、気が付くと周りにパズルやゲームが散らかっている、数独、詰め将棋、ジグソーパズル、ルービックキューブなど。

数独はきりがないし、詰め将棋は才能がない、ジグソーパズルは場所を取り、ルービックキューブはイライラする。

ちなみに今は、1053ピースのジグソーパズルの新作待ちです。

先日、知人からウレタンマスクを頂き、改めて新しいマスクを作ってみようと思いました、これなら十分な暇つぶしが出来そうだと。

以前の平面的なものは付け心地が悪く、低い鼻ではすぐにずり落ちる、落ちないようにゴムを強くすると息苦しいと最悪でした。

ウレタンマスクを参考に立体的になるように紙を切り、顔に当てて大きさを決め、牛乳パックで型紙を作りました、生地は古い木綿地や襟のすり切れたシャツを使い、ミシンがないので手縫いです、縫い目は相変わらずぐにゃぐにゃですがアイロンで何とかなりました、ゴム紐は髪の毛を束ねるもの。

どれだけ菌を遮断できるのかは全く不明ですがすぐ鼻の頭が出てしまう小さなマスクよりは良さそうです。

とにかく暇つぶしにはなりました。

型紙
img010.jpg
型紙を使って生地に型を移し、外側、芯地、内側と生地を切出す、
KIMG0792.jpg
外側と芯地を重ね外地を中にして模様を合わせ、マチ針で仮止め、
KIMG0795.jpg
正面湾曲部を縫い、縫い代部分に切れ込みを数か所入れる、
KIMG0796.jpg
同様に内側生地も、
KIMG0798.jpg
縫い合わせる、
KIMG0800.jpg
アイロンを使って縫い代部分を開く、
KIMG0803.jpg
ここで正面の形を整えておく
KIMG0806.jpg
表を中にして外地と内地を縫い目を合わせて重ね、マチ針を打つ、この時外側に湾曲するようにしておく、
KIMG0809.jpg
上下を縫う、縫いはじめと終わりを補強縫いしておく、
KIMG0815.jpg
筒状になったものを表に返していく、
KIMG0816.jpg
縫い代を伸ばしながら、
KIMG0818.jpg
へらなどで形を整えて、縫い目がもこもこしないように、
KIMG0819.jpg
両端の処理、中へ折り込んで縫い合わせる、
KIMG0821.jpg
ゴムを通す部分を筒状に縫いう、
KIMG0823.jpg
ゴムを通して完成です、
KIMG0828.jpg
縫い目の曲がり、模様のずれはご愛敬です、
KIMG0826.jpg
  1. 2020/06/22(月) 16:40:48|
  2. 未分類

大きすぎた、

慌てて注文したテレビ、店頭で見ていると32インチはとても小さい気がして40インチにしたが届いてみるとやはり大きすぎた、

画面の動きが大きすぎて船酔いするような感じ、色が綺麗すぎて脳内のホワイトバランスが狂ってしまいそう。

テレビの横でパソコンの画面が汚く見えてしまい写真の現像作業に戸惑うばかり。

悪いことばかりじゃなく、音声の調整でニュースのアナウンスが聞きやすくなり字幕を表示しなくても良くなりました。

それにしてもテレビってずいぶん進化していたんですね、説明書を読んでいてもほとんど解らないし必要なさそうな機能ばかりです。

いつもの神社のアオバズク、抱卵が始まっているようで、♂が静かに見守っています。

アオバズク
aobazuku7131-200617-01.jpg


aobazuku7141-200617-04d.jpg
  1. 2020/06/18(木) 19:09:45|
  2. アオバズク

テレビが壊れた、

夕飯の支度をしていると点けっ放しのテレビが突然真黒になって音も出なくなっていた、リモコンをいじってもうんでもなければすんでもない、電池が切れたのかと交換しても駄目、マニュアルを探し出して、故障かな?の功を読む、指示通り本体のスイッチを切り5秒以上待って再度スイッチを入れる、何度繰り返しても同じ。

買ったのが13年前、たぶん寿命、それにして予兆もなく突然のこんな壊れ方初めて。

朝起きてリモコンを押しても写らないテレビ、本当に壊れたと納得。

見てないようで見ているんだなあテレビ、生活のリズムがいっぺんに壊れたようです、夜の間が持てない、時間の感覚が狂ってしまう、

このままテレビのない生活を始めるか?それでなくても静かで寂しい部屋、多分耐えられそうにない。

未だ届かない給付金の使い道が決まった。

田圃巡りの帰り道、道路際の田圃でようやくアマサギに出会えた、たぶん数年ぶり、せっかくの出会いも数分間でした。

アマサギ
amasagi6660-200605-05d.jpg


amasagi6663-200605-04d.jpg


amasagi6689-200605-07d.jpg


amasagi6665-200605-06d.jpg
  1. 2020/06/14(日) 22:22:50|
  2. アマサギ

久しぶりのお誘いに、

数か月ぶりのお誘いに夜も眠れぬくらい、連れて行って頂いた郊外の田圃は何事もなかったようにいつもと同じ風景、、もう、、、歩いているだけで新鮮です。

田植え作業はすでに佳境を過ぎて静かです、水田には頼りなさげな早苗が涼し気に揺れています。

期待していたサギ達はなかなか見つかりません。

用水路沿いの葦の繁みではオオヨシキリが飛び交います、営巣が始まっているのか囀りの声は少ないようです。

オオヨシキリ
ooyosikiri6503-200605-03.jpg


ooyosikiri6578-200605-11.jpg


ooyosikiri6590-200605-12.jpg
  1. 2020/06/12(金) 09:21:02|
  2. オオヨシキリ

やっと見つけた、

ヨシガモの掘割では、カルガモの雛たちも一緒に泳ぎ回っていました。

カワセミもいつもの場所で飛び込みを繰り返していました。

カルガモ  雛は7羽、なかなか並んでくれません、
karugamo6770-200608-03.jpg


karugamo6824-200608-06.jpg


karugamo6825-200608-07.jpg


カワセミ  獲物を自分で食べているので、家族は未だ?
kawasemi6748-200608-01.jpg


kawasemi6755-200608-02.jpg


kawasemi6765-200608-07.jpg
  1. 2020/06/09(火) 21:54:27|
  2. カルガモ

なんで今頃?

散歩の途中に掘割で思いがけないカモを発見、カメラを持って改めて見に行きました。

冬になるとあちこち探し回る大好きなヨシガモです、マガモ、カルガモと一緒に一羽だけ、冬には見かけなかったので、なんで今頃こんなところに?と、驚いています。

見ている限りけがをしている様子はないので一安心です。

以前、多摩市の公園でカルガモに恋をして夏近くまで残っていた♂がいました、この子も好きになった子がいるのでしょうか。

ヨシガモ
yosigomo6714-200608-03.jpg


yosigomo6806-200608-10.jpg


yosigomo6801-200608-09.jpg


yosigomo6849-200608-12.jpg
  1. 2020/06/08(月) 22:03:08|
  2. ヨシガモ

新しい日常を考えながら、

ようやく立ち入り制限が解除された近くの公園を歩いてみました、玉川上水沿いのサンクチャリーでは短い時間にアオゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、サンコウチョウと姿を現してくれました。

水生物園も開いておりみんな元気そうでしたが、シマアジのゲージにはミゾゴイが同居、シマアジのオスは見当たりません、池側の観察路は閉鎖されておりカイツブリの様子は見ることが出来ませんでした。

池を渡る橋の横ではカイツブリが営巣中、時々小さな雛の頭がお腹の横に出てきます。

スピーカーから流れる外出自粛のアナウンスが無いだけでもゆっくり歩くことが出来ます。

まだ油断は出来そうにありませんが気持ちは少し明るくなりました。

あとは、、気兼ねなく電車に乗れる日を首を長くして待っています。

チョウゲンボウ  最後にあったのは三月末、もうそろそろ雛が生まれている頃か、
tyougenbou4030-200319-07d.jpg


tyougenbou3986-200317-48d.jpg


tyougenbou3682-200317-20.jpg


tyougenbou4562-200325-01d.jpg
  1. 2020/06/04(木) 21:37:26|
  2. チョウゲンボウ

カメラの成果、

無闇矢鱈にシャッターを押しまくった結果、写真整理をしながらもう一度コアジサシを楽しめます。

デジタルを使って10数年、カメラに頼りっぱなしです、先日、散歩用に重宝していたD40が寿命を迎えました。

コアジサシ
koajisasi6207-200529-50d.jpg


koajisasi6208-200529-51d.jpg


koajisasi6244-200529-57d.jpg


koajisasi6386-200529-73d.jpg


koajisasi6390-200529-77d.jpg


koajisasi6391-200529-78d.jpg


koajisasi6393-200529-79d.jpg


koajisasi6461-200529-104d.jpg


koajisasi6462-200529-105d.jpg


koajisasi6465-200529-108d.jpg


koajisasi6466-200529-109d.jpg
  1. 2020/06/01(月) 09:50:20|
  2. コアジサシ