FC2ブログ

とりあえず、元気です。

更新が続いていれば。

稲を刈る、

ようやく稲刈りです、しかし決まったのは急、今から稲刈るよ、来る?

稲刈りってもっとお祭りみたいに始まるのかと思っていましたがそんなものは一切無し。

鋸のような刃をした鎌を使って、稲の株元をつかみザクッと引き切ります、初めての収穫です。

喜びも束の間、すぐに思い知らされます。

思い思いに勝手に、そしてテキトーに植えた田圃は草取りも儘ならず、しかも稗と稲との区別も付かず、稲だと思って残した稗は途中の稗退治にも生き残り、株元をみてもまたまたどれが稲だか稗だかわからない。

一株刈っては稲と稗とを選り分ける、一つの束にするまでにこれを何回も繰り返す始末、そのたびに腰を曲げたり伸ばしたり、途中で腰が伸びなくなる、全く作業が進まない。

苦しかった草取りの時、頭の中をぐるぐる回っていた、最初にちゃんとしとけば良かった、次はちゃんとしよう、の言葉がまたまた頭の中を回り始める。

近くの田圃では稲刈り機がポンポンと稲束を放り出していく。

はざ、という稲を懸けるものを竹で組み、束ねた稲を懸けていきます。

やっと、収穫、の実感が湧いてきます。

刈り終わった部分は稲の切り株が並ぶかと思いきや、稗藁で覆われて土も見えません。

稲刈りはまだまだ続きそうです。

セイタカシギ
seitakasigi4141-130919-07b.jpg


seitakasigi4228-130919-10.jpg


seitakasigi4085-130919-04.jpg
スポンサーサイト



  1. 2013/09/21(土) 07:28:13|
  2. 未分類